• 容量1 : 60GB–480GB

    読み取り2 : 最大速度 450MB/秒

    書き込み2 : 最大速度 450MB/秒

    特長 : カスタム LSI コントローラ

    容量1 : 60GB–480GB

    読み取り2 : 最大速度 550MB/秒

    書き込み2 : 最大速度 520MB/秒

    特長 : 1.8 インチ フォームファクタ

    容量1 : 128GB~1TB

    読み取り2 : 最大速度 550Mb/秒

    書き込み2 : 最大速度 540Mb/秒

    特長 : 全容量

  • 60GB–480GB
    60GB–480GB
    128GB~1TB
  • 最大速度 450MB/秒
    最大速度 550MB/秒
    最大速度 550Mb/秒
  • 最大速度 450MB/秒
    最大速度 520MB/秒
    最大速度 540Mb/秒
  • カスタム LSI コントローラ
    1.8 インチ フォームファクタ
    全容量
ビジネス環境下の SSD

Notebook and desktop PC memory

ノートおよびデスクトップパソコン向け用途

キングストンのソリッドステートドライブは、ユーザーシステムの起動を高速化し、アプリケーションの読み込みや停止を短時間で行います。 ソリッドステートドライブはノートパソコンに理想的で、またデスクトップパソコンは SSD を使って、一般的なオフィスやマルチメディア アプリケーションのパフォーマンスを向上できます。 詳細

古いシステムの寿命を延長します

Extending the life of older desktop and notebook computers

キングストンの SSD は、パフォーマンスの向上やデータの安全性の強化だけでなく、古いシステムの寿命を延長するために使用でき、また組織がパソコンの更新時期を遅らせて、何千ドルという潜在的な経費の節減を可能にします。

Multimedia

マルチメディア

ユーザーが大きな画像またはビデオファイルを使って作業する場合、これらのファイルやそれを使うアプリケーションが、ドライブの記憶性能に大きく依存することをご存じのはずです。

テクニカル・ブリーフとビデオ

キングストンのエンタープライズ SSD で利用可能な DuraWrite™ は、SSD の寿命を延ばすことができます。
ビデオを見る
ブリーフを読む

SSD の「書き込みバイト総数」で耐性を測定する方法
ビデオを見る

エンタープライズ SSD とクライアント SSD の比較

エンタープライズ SSD とクライアント SSD の違いを学びます。
記事を読む

SMART はセルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジーの略称で、ユーザーのデータ解析を支援する技術です。
ビデオを見る

SSD における「書き込み増幅率」の測定方法
ビデオを見る

SSD のパフォーマンスに対するガーベッジコレクションと TRIM の効果

これらの機能がソリッドステートドライブのパフォーマンスに与える影響をご覧ください。
ブリーフを読む

RAISE は、SSD に対して高度なエラー訂正を行います。
ビデオを見る
ブリーフを読む

性能設定機能

性能設定により、パフォーマンスを向上させ、SSD の寿命を延長する方法を学びます。
ブリーフを読む

SSD テクノロジーの新機能とは

NVMe (Non-Volatile Memory Express) は、通信用インターフェースの一つで、PCIe ベースの SSD に対してコマンドセットや機能セットを定義します。 その目標は、幅広い企業およびクライアントのシステムで効果的なパフォーマンスと相互運用性を実現することです。
ブリーフを読む

ケーススタディ

皆様のような企業が SSD を業務で使用する方法について学びます。

PsiTech

PsiTech の事例紹介
ケーススタディを読む

Eidos

Eidos の事例紹介(英語版)
ケーススタディを読む

Qualcomm

SSD のパフォーマンスと生産性が、ノートパソコンの資産を活性化させています。
ケーススタディを読む

Kingston

ユーザーの満足度を高め、従業員の生産性を増加させるために SSD を活用しています。
ビデオを見る ーススタディを読む

ARC Productions

この映画制作会社は、キングストンの SSD を使用してブロックバスターの特殊効果を制作しています。
ビデオを見る ケーススタディを読む

詳細情報

認証

お手元のシステム/ソフトウェアに対して認証済みのキングストン・パーツを確認する場合は、ここをチェックしてください。

専門家に照会する

皆様のデータセンターのプロジェクトで正しい SSD を選択するには、皆様が予想する作業負荷を理解する必要があります。
これについては、キングストンの専門家にお任せください。

        Back To Top