フラッシュドライブのアンチウイルス保護

ファイアウォールを越えるウイルス保護で受賞されました

USB フラッシュドライブは、モバイルビジネス・インフラストラクチャの重要なパーツの一つです。企業の従業員はしばしば、大量の重要なデータをフラッシュドライブに保存して、どこへでも持ち運んでいます。企業の従業員はどのパソコンからでも、フラッシュドライブのデータにアクセスでき、同じパソコンから新しいファイルをロードすることもできます。フラッシュドライブはデータの持ち運びに便利ですが、ウイルスやマルウェア/ランサムウェアを取り込み、使用したパソコンから別のパソコンへとウイルスを拡散し、企業のネットワーク全体に悪質なコードを拡散させてしまう危険性があります。 注:
携帯版の AV プログラムは、USBドライブのみをスキャン/無害化できます。ホストシステムはスキャン/無害化できません。


ClevX DriveSecurity™ を使用して、フラッシュドライブが安全で、ウイルスに感染していないことを確認できます。リムーバブルメディア経由でのマルウェアの拡散を防ぐ ESET のポータブルマルウェア対策技術により、フラッシュドライブをクリーンに保ちます。

アンチウイルスプログラムがユーザーのハードドライブやサーバーを監視している時に、ClevX DriveSecurity はユーザーのフラッシュドライブの内容を常に見守っています。ClevX DriveSecurity はコンパクトで強力なアンチウイルス エンジンで、パソコンへのインストールを行わずに実行できるようにデザインされています。このプログラムは常駐型のプログラムで、フラッシュドライブ本体から起動して、フラッシュドライブをすべてのマルウェア/ランサムウェアから完全に保護します。

受賞歴を持つ保護機能

DriveSecurity は、受賞歴のある ESET NOD32® アンチウイルス エンジンで駆動されます。 このエンジンは、ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、ワーム、ルートキット、アドウェア、その他のインターネット生まれの脅威に対して、ドライブの内容が変更されていないかスキャンします。

利点
導入が簡単
  • エンドユーザーがドライブを始めて初期化した時に、DriveSecurity はそのフラッシュドライブに対するライセンスのアクチベーションを自動的に行います。

  • 企業環境で DriveSecurity を使用する場合、プロキシ設定、ファイアウォール、ホワイトリストなどに対する例外の設定が必要な可能性があります。

インストール不要
  • ユーザーがキングストンのドライブを USB ポートに初めて差し込んだ時、すべてが起動する準備ができています。 フラッシュドライブやパソコンに、何もインストールする必要はありません。 管理者権限も必要ありません。 ホストコンピュータが持つオンボード診断 AV (インストールされている場合) との干渉もありません。

高速の動作と、薄型でスマートなデザイン
  • DriveSecurity は高速で、正確、そして強力な 帰納的な マルウェア検出機能を持ち、記憶容量が非常に小さいポータブルアプリケーションにパッケージ化されています。 DriveSecurity は、その帰納的なアンチウイルス機能により、既知の脅威や、最新のシグネチャが無い場合でも、効果的なウイルス保護を行います。

  • ウイルスシグネチャの定義データは、インターネット接続が行われている場合、ドライブで 1 時間毎に自動的に更新されます。

インスタント アラート
  • ウイルスが検出された場合、「システム トレイ」アイコンにアラートが表示されます。 ユーザーはこのアイコンをクリックして感染したファイルを確認し、是正措置を取ることができます。

システム要件
オペレーティングシステム (OS)

Drive Security は、Windows® 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista®、Windows XP、および Mac OS X v. 10.9.x~10.12.x の各パソコン上で動作します。

フラッシュドライブの容量

DriveSecurity を実行するには、フラッシュドライブに約 300MB の空き容量が必要です。

利用可能なフラッシュドライブ

DriveSecurity は、DTVP および DT4000 ドライブのカスタマイズ オプションとして利用できます。

柔軟なライセンス

ESET アンチウイルス エンジンに対して標準で 5 年間のライセンスが付与されますが、これにはソフトウェアとウイルス定義の無料アップデートが含まれます。

ウイルス保護を今日から始めてください

ファイアウォールを越えるアンチウイルス保護を行って、フラッシュドライブのウイルス感染を防止してください。 当社の販売店に本日にでも連絡して、お手元のキングストン セキュア USB ドライブに、DriveSecurity のアンチウイルス保護プログラムを追加してください。

DriveSecurity™ の動作方法

DriveSecurity™ は、 お手元のフラッシュドライブの UDI (Unique Device Identifier) によってライセンスされており、ドライブのアクセスに管理者権限は必要ありません。 フラッシュドライブの持ち主として認証を受けると、DriveSecurity は直ちに起動します。 DriveSecurity はそのウイルスシグネチャを更新し、フラッシュドライブに対する変更内容 (すべての新しいファイルやアプリケーションなど) をスキャンします。 ユーザーが要求すると、フラッシュドライブ全体を調べ、悪意のあるコードが含まれていないことを確認します。 DriveSecurity は、ホスト PC 上に常駐するウイルスによって曝される危険からフラッシュドライブを保護するバリア (障壁) の役を果たします。

DriveSecurity のウイルス検出: ClevX DriveSecurity
で検出された感染ファイルのいくつかを、ご覧ください

付加価値
セキュアカスタマイズプログラム

このプログラムは、シリアル番号の付与、デュアルパスワード、カスタムロゴを含むお客様からのリクエストが最も多いオプションを提供します。最低オーダー数は50個です。このプログラムは組織のニーズを正確に実現します。
詳細

アンチウイルス保護機能
ESET Anti-Virus

WannaCry系の脅威から保護します。さらにご安心いただくために、DataTraveler Vault Privacy 3.0 にはアンチウィルス保護機能が用意されています。ESET NOD32® Anti-Virus Engine ソフトウェアを搭載し、インストールを必要とせずに、簡単に導入できます。マルウェア/ランサムウェア、ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、その他のインターネットによる脅威から保護します。
詳細

管理ソリューション
管理ソリューション

WannaCry系の脅威から保護します。IT エキスパートがコンプライアンス要件を満たすために一元的にドライブを管理する、パスワードをリモートでリセットする、デバイスの在庫を管理する、ポリシーを強制するなどを可能にするオプションが用意されています。DataLocker とのパートナーシップを通じて利用可能です。ソリューションには、 IronKey ドライブ用の IronKey Enterprise 管理と、DataTraveler 暗号化ドライブ用の SafeConsole 管理が含まれます。
詳細

詳細
政府機関

組織は、以下のような通信中および保存中の重要なデータを保護するために策定される法的な要件とプロトコルの一覧が増え続ける状況に対応するという困難な課題を課せられています。

  • 行政管理予算局 (OMB) M06-16 指令
  • 連邦政府共通デスクトップ基準 (FDCC) 指令
  • 中央情報局長官指令 (DCID) 6/3
  • 一般情報保護法 (保存中および転送中の重要なデータを保護するために制定)

違反した場合、公的な信用を失い、厳格な監視または費用のかかる集団訴訟につながる可能性があります。政府機関と連携する企業にとっては、違反した場合に政府との契約に基づく業務がはく奪される可能性があります。

政府機関は任意の場所からのデータにアクセスするために、Kingston® IronKeyTM および DataTraveler® 暗号化 USB フラッシュドライブを使用する場合があります。連邦職員は現場でケースファイルをレビューおよび更新することができます。同時に、科学者、アナリスト、または予報官が PC あるいはタブレットを使用して任意の場所からデータセットにアクセスすることができます。

これらの信頼されたフラッシュドライブを使用すれば、請負業者はデータへの信頼済みアクセス権を保有しながら機関のオフィスで業務を行うことができます。また、機関は主要職員の管理下に重要なデータを置くことで、災害時でも業務を維持することができます。

リモート管理を容易にするために、IT 専門家は中央のコンソールからアクセス権とユーザーポリシーを強制することができます。IT は一般情報保護法を含む、新規かつ未決着の規制に対応するために最善の努力を示すことが可能です。

医療

医療機関は、次のようなデータセキュリティ指令を遵守する必要があります。

  • 医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令 (HIPAA)
  • 経済的および臨床的健全性のための医療情報技術に関する法律 (HITECH)
  • 生涯電子カルテ (EHRs) に関するメディケアメディケイドサービスセンター (CMS) のセキュリティ要件
  • 医療機器の相互運用性に関する ASTM 標準の進展

病院、医療サービス提供者、保険業者、製薬会社にとって、移動性のリスクを取り除き、HIPPA と GDPR 監査を簡素化することは重要です。

Kingston IronKey および DataTraveler 暗号化 USB ドライブを使用すれば、医師は任意の場所から患者のデータを安全かつ簡単にアクセスすることができます。一時的な医療および薬剤の職員は、業務中あるいは自宅からの作業時にアプリケーションや記録に対して信頼済みのアクセス権を取得できます。
臨床試験の貢献者、管理者および監査人は、PCやタブレットを使用して任意の場所から安全に治験データを入力またはレビューできます。保険の査定員、審査官、および調査員は、制限されることなく記録にアクセスできます。
組織は、激しい天候やその他の災害が起きても業務を維持するために、主要職員に重要なデータを提供することができます。

IT 部門は、中央のコンソールからアクセス権とユーザーポリシーを強制し、GDPR を含む新規かつ未決着の規制に対応するために最善の努力を示すことが可能です。

金融

ファイナンスサービス企業は、次のように、拡大するデータセキュリティの規制と標準に対応しなければなりません。

  • グラム・リーチ・ブライリー法 (GLBA)
  • サーベンス・オクスリー法 (SOX)
  • PCI データセキュリティスタンダード (PCI DSS)
  • 国家財務データプライバシー法
  • EU データ保護指令 (EUDPD)

これらの規制を遵守できない場合のコストは、遵守するためのコストをはるかに上回ります。遵守できない場合は、従業員が効率的に働くことができず、業務に影響を与える可能性があります。

Kingston IronKey および DataTraveler 暗号化 USB ドライブを使用すると、金融業界の在宅勤務者は自宅からデータとアプリケーションに安全にアクセスできます。銀行や保険業者などは、ノートPCやタブレットに投資することなく現場に請負業者を配置することができます。

監査人は、業務中あるいは自宅からの作業時に重要なデータに対して信頼済みアクセス権を取得できます。査定員、審査官、および調査員は、現場からデータとアプリケーションにアクセスできます。

激しい天候やその他の災害が起きても、組織は主要職員に重要なデータへのアクセス権を提供して業務を維持することができます。IT 部門は中央のコンソールからアクセス権とユーザーポリシーを強制できます。

データセキュリティセンター:技術文書とリソース
ユーザー組織での暗号化 Flash ドライブの使用とプロモーション

ユーザーの組織で秘密情報を保持し、規制を遵守するためのヒント
記事を読む

USB の脅威の無効化 (英語版のみ)
USB の脅威の無効化
最も見落としが多いドライブの管理。従業員や訪問客はネットワークに接続したまま USB ドライブを使用していますか?
ホワイトペーパーを読む
ハードウェアベース vs ソフトウェアベースの暗号化

代表的な2つのデータ暗号化方法の対照比較をご確認ください。
記事を読む

(コンプライアンスの先へ: 「十分に安全」でも十分でない理由
(コンプライアンスの先へ: 「十分に安全」でも十分でない理由

コンプライアンスと保護の違いと、組織の USB データストレージ方針に関してそれぞれが意味するものについてご確認ください。
ブリーフを読む

IronKey と DataLocker ドライブをリモートでロックする場合 (英語版のみ)
IronKey と DataLocker ドライブをリモートでロックする場合 (英語版のみ)

ドライブを紛失したか盗まれた場合は、IronKey EMS または SafeConsole あるいはリモートでドライブを無効化することで、重要なデータを保護できます。
ビデオを見る

EU 一般情報保護法 (EU GDPR) 2018 年 5 月施行
EU 一般情報保護法 (EU GDPR) 2018 年 5 月施行

Applies to every organization that processes personal data of EU citizens, will take full effect in May 2018. Organizations to implement and ensure a level of security appropriate to the risk, including…encryption of personal data" (Article 32, Security of processing)
詳細

USB アラート:データのロックダウン (英語版のみ)
USB アラート:データのロックダウン
USB ドライブはどこにでもあり、データを危険にさらす可能性があります。 どのようにすれば、USB ドライブの使用とその利便性を妨げることなくリスクに対処できるのでしょうか?
記事を読む
XTS 暗号化

すべての Kingston 暗号化ドライブは、CBC や ECB などのブロック暗号モードよりもデータ保護に優れた XTS 暗号化を使用しています。
記事を読む

暗号化の比較表

Kingston の DataTraveler および IronKey 暗号化ドライブのラインナップから適切な製品をご確認ください。
インフォグラフィックを見る

IronKey と DataLocker ドライブのパスワードポリシーを変更する場合 (英語版のみ)
IronKey と DataLocker ドライブのパスワードポリシーを変更する場合 (英語版のみ)

すべてのパスワードポリシーを、IronKey EMS または SafeConsole を使用して、リモートで変更可能です。
ビデオを見る

ニューヨーク州金融サービス局 (NYDFS - 23 NYCRR 500) 2018 年 2 月施行
ニューヨーク州金融サービス局 (NYDFS - 23 NYCRR 500) 2018 年 2 月施行

Applies to every organization in New York that processes corporate / personal data. The proposal calls for organizations to encrypt sensitive data both in-transit and at-rest. (Section 500.15 Encryption of Nonpublic Information.)
詳細

USB ドライブ セキュリティの現況

従業員はドライブの使用に無頓着なことがあり、その場合、重要なデータは危機にさらされます。ドライブの利用規定を定義するポリシーの確立と強制が役に立ちます。
ブリーフを読む

BadUSB への対策

Kingston DataTraveler および IronKey ドライブはデジタル署名されたファームウェアを使用しているため、USB がホストエージェントになることができるファームウェアには変更されません。
ブリーフを読む

IronKey と DataLocker ドライブのユーザーパスワードをリセットする場合 (英語版のみ)
IronKey と DataLocker ドライブのユーザーパスワードをリセットする場合 (英語版のみ)

各パスワードはリモートでリセットするか、または IronKey EMS または SafeConsole のオペレータによるリセットが可能です。
ビデオを見る

証明書
FIPS 検証

国立標準技術研究所 (NIST) が発行する FIPS 検証では、暗号化モジュールに関して調整された要件と標準が課されます。FIPS 標準を満たすことにより、Kingston および IronKey 暗号化ドライブが割り当てられた基準を満たすことを購入者に保証します。

詳細

FIPS 検証
        Back To Top