Press

フラッシュメモリのプレスリリース 2017
Kingston、SSDエンスージアスト向けKC1000 NVMe PCIe SSDを発表

最大290,000 IOPS・960GBの高性能ストレージをHDビデオ編集やパワーユーザー、ゲーマーへ

- 米カリフォルニア州・ファウンテンバレー, 2017年5月25日– メモリ製品における世界的リーダーであるKingston Technologyは、本日、「KC1000 NVMe PCIe SSD」を発表いたしました。 6月中旬より出荷が開始されるM.2 NVMe™ PCIe SSDは、SATAベースのSSDに比べて2倍以上、7,200rpmのハードディスクドライブに比べて40倍以上高速です。 KC1000は、究極の低レイテンシパフォーマンスを提供するパワーユーザー向けに設計され、従来のストレージソリューションではデータデマンドをまかない切れないHDビデオ編集、データビジュアライゼーション、ゲーム、その他のデータ集約型ワークロード環境など、高速なストレージリソースを必要とするアプリケーションに最適化されています。

今日のパワーユーザーの要求は、新しいデータ集約型アプリケーションが達成できる限界を超え、高性能プロフェッショナルワークステーションやもっとも強力なゲームシステムでさえも達成できるか分からない境界に達しつつあります。 KC1000は、メディアやデザインのプロフェッショナル、ゲーマー等、データボトルネックを解消するために超低遅延のストレージパフォーマンスを必要とするユーザーのニーズを満たすのに最適なソリューションです。このネイティブNVMeデバイスは、高解像度コンテンツ配信、VRアプリケーション、ゲームプレイの高速化、厳しい期限内で作業を迫られるクリエイティブプロフェッショナルたちに、業界でもっとも強力なストレージソリューションの1つを提供します。

KC1000は最大290,000 IOPSを出荷し、6月中旬に240GB、480GB、960GBの容量で出荷されます。高性能SSDは、PCI-Express Gen3 x4インターフェイスと最新のNVMeプロトコルをサポートしています。 KC1000はブートと読み込み速度を高速化し、シーケンシャルリード/ライト性能を向上させ、耐久性とエネルギー効率を向上させます。本製品は、いますぐ画期的なパフォーマンス改善を求める、下記のような用途に最適です。

高解像度ビデオ編集 / VRおよびARアプリケーション / CADソフトウェア / ストリーミングメディア
高精細グラフィックスゲーム / データの視覚化 / リアルタイム解析

なお、本製品の仕様は下記のとおりです。

また、本製品は下記のように、M.2 NVMe SSD単体に加え、PCI Express拡張カードをセットとしたモデルをご用意いたします。


KC1000 NVMe PCIe M.2 SSD Part Numbers
Part Number Capacity
SKC1000/240G 240GB
SKC1000H/240G HHHL (Add-In Card) 240GB
SKC1000/480G 480GB
SKC1000H/480G HHHL (Add-In Card) 480GB
SKC1000/960G 960GB
SKC1000H/960G HHHL (Add-In Card) 960GB

Kingston Technology Company, Inc. について

Kingston Digital, Inc. (“KDI”) は、メモリ製品の世界最大の独立メーカーです。KDI は 2008 年に創立され、アメリカ・カリフォルニア州、Fountain Valley に本社を構えています。詳しくは、“kingston.com”をご覧ください。

編集者のメモ:

詳しい情報や、評価ユニット、エグゼクティブインタビューについては、Kingston Technology Far East Co. Ltd. (Asia Headquarters) No. 1-5, Li-Hsin Rd. 1, Science Park, Hsin Chu, Taiwan, R.O.C. にお問い合わせください。プレス向けの画像は Kingston プレス・ルーム (kingston.com/company/press/) をご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

過去のプレスリリース
プレスリリース・ホームページ | 2016 | 2015
        Back To Top