Kingston サプライヤ行動規範

Kingston Technology Company, Inc. および世界各国の同社施設(以下、総称して「Kingston」と言う)では、「企業の社会的責任」(CSR)の規範の導入に尽力しています。この規範は、当社の労働条件が安全であり、事業運営が環境に配慮していることを徹底するために制定されています。Kingston では、この規範を事業運営に導入し定着させることにより、ビジネスのあらゆる分野で誠実さ(インテグリティ)を奨励し維持できると考えています。この「企業の社会的責任の規範」に記載されたポリシーを踏まえ、Kingston では、サプライヤがこの規範を遵守することを要求します。この規範には、環境、社会との関係、倫理的行動、データプライバシー、製品の品質と安全性、従業員の健康と安全、管理システムの保護に関する標準が記載されています。これらの標準は、Kingston がサプライヤを選定する際に使用する多くの要素の一つに数えられます。

サプライヤは、この規範に記載された標準と、適用法令および規制を確実に遵守するためのシステムを整備しなければなりません。この規範に違反した場合、Kingston がそのサプライヤとのビジネスを中止することがあります。サプライヤは、Kingston が適宜実施する規範関連の成果評価に協力しなければなりません。

A. 労働

労働基準:

  1. 自由選択に基づく雇用

    強制労働、拘束労働(債務による拘束を含む)、年季奉公、非自主的な囚人労働、奴隷または人身売買を使用してはなりません。これには、労働またはサービス提供を目的とし、脅迫、強制、威圧、誘拐、詐欺を手段とした人間の移送、隠匿、採用、譲渡、受領を含みます。労働者が施設内を移動する自由に関して非合理的な制限があってはならず、また、会社の提供する施設への出入りに関しても非合理的な制限があってはなりません。雇用手続きの一環として、労働者が出生国を出発する前に、雇用条件の説明を適切な言語で記載した労働契約書を労働者に提供しなければならず、労働者が受け入れ国に到着した後は、現地法に準拠するため、または同等以上の条件を提供するため以外の目的で、雇用契約書の置き換えや変更を行ってはなりません。すべての労働は自主的なものでなければならず、労働者にはいつでも仕事を辞めるか、雇用を終了する自由がなければなりません。労働許可証の雇用主と代理人は、政府発行の身分証明書、パスポート、労働許可証など、従業員の身分証明書または入国関連書類を差し押さえてはならず、その他、破壊、隠匿、没収、従業員への引き渡し拒否などをしてはなりません。労働者には、雇用主または代理人の採用経費やその他総経費の支払いを求めてはなりません。そのような経費が労働者によって支払われたことが判明した場合、労働者に払い戻さなくてはなりません。

  2. 若年労働者

    製造のどの段階においても、児童労働を使用してはなりません。「児童」という言葉は、15 才、義務教育修了年齢、またはその国で就業可能な最低年齢のうち、もっとも高い年齢未満で雇用された人を言います。すべての法規制に準拠した正当な職場研修プログラムの利用は、認められます。18 才未満の労働者(若年労働者)は、夜間シフトや時間外勤務など、健康や安全を危うくするおそれのある労働を行ってはなりません。サプライヤは適用法令および規制に従い、学生の適切な記録、研修パートナー企業の厳正な精査、学生の権利の保護などを通じて、学生労働者に適切な管理を実施しなければなりません。サプライヤは、すべての学生労働者に対して、適切なサポートとトレーニングを実施しなければなりません。現地法が存在しない場合、学生労働者、インターンおよび見習いの賃金率は最低でも、同等または同様の作業を行う他の新人労働者と同じ賃金率にしなければなりません。

  3. 労働時間

    労働時間は、現地法によって規定された最長時間を超えてはなりません。さらに、1週間の労働時間は、緊急時または免除期間を除き、時間外勤務を含めて 60 時間を超えてはなりません。労働者は、7日ごとに最低1日の休みを取ることができるものとします。

  4. 賃金と手当

    労働者に支払われる報酬は、最低賃金、時間外労働時間、法定手当などに関して該当する賃金法に準拠しなければなりません。懲戒により減給を行う場合は、現地法に適合しなければなりません。実施した業務に対して正確な報酬かどうかを確認できるように、十分な情報が記載された分かりやすい給与明細を、各給与期間ごとに適宜労働者に提供しなければなりません。臨時、派遣および外部委託の労働者の利用はすべて、現地法によって制限されます。

  5. 人道的な待遇

    労働者に対してセクシャルハラスメント、性的虐待、体罰、精神的または身体的威圧、言葉による虐待などの過酷で非人道的な待遇を行ってはならず、また、そのような待遇のおそれがあってはなりません。この要件に対応する懲戒方針および手順は、明確に定義され、労働者に伝えられなければなりません。

  6. 差別の禁止

    サプライヤは、全従業員がハラスメントおよび違法な差別を受けることがないように尽力しなければなりません。サプライヤは、賃金、昇進、報奨、研修の利用などの採用および雇用慣行において、人種、肌の色、年齢、性別、性的指向、性自認および性表現、出身の民族または国、障害、宗教、政治的信条、加入組合、軍歴、個人の遺伝子情報、婚姻状況に基づいた差別に関与してはなりません。労働者には、宗教上の慣習を行えるように、妥当な便宜を図らなければなりません。さらに、労働者または採用候補者を、差別的方法で利用される可能性のある医学的検査や診察の対象者とすることはできません。

  7. 結社の自由

    参加企業は現地法に準拠し、すべての労働者が自ら選択した労働組合を結成および加入する権利、団体交渉を行う権利、および平和的な集会に参加する権利を尊重しなければならず、また、労働者がそのような活動を控える権利も尊重しなければなりません。労働者やその代表は、労働条件および経営慣行について、差別、報復、脅迫またはハラスメントの恐れなしに、経営陣とオープンに話し合い、意見や懸念を共有できなければなりません。

B. 安全衛生

安全衛生基準:

  1. 労働安全

    安全上の危険(たとえば化学、電気およびその他のエネルギー源、火災、車両、落下の危険など)にさらされる可能性のある労働者の特定および評価を行い、適切な設計、技術的および管理的対策、予防的保守および安全作業手順(ロックアウト/タグアウトを含む)、および継続的な安全研修を通じて管理しなければなりません。これらの手段で危険を十分に管理できない場所では、よく整備された適正な個人用防護具と、これらの危険に伴うリスクについての学習教材を、労働者に提供しなければなりません。妊娠中または授乳中の女性を危険度の高い労働環境から外す場合、妊娠中または授乳中の女性に対する職場の安全衛生リスク(作業割当に伴うリスクを含む)を除去または軽減する場合、および授乳中の女性に妥当な便宜を図る場合は、妥当な手順を踏まなければなりません。

  2. 緊急時への備え

    緊急事態および事象の可能性について、特定と評価を行い、緊急対策を計画し対応手順を実装することで、その影響を最小限に抑えなければなりません。これらの計画および手順には、緊急時の報告、労働者への伝達と避難手順、労働者への研修と避難訓練、適切な火災検知および消火設備、見通しが良く障害物のない非常口および適切な脱出設備、復旧計画などが含まれます。これらの計画および手順では、生命、環境、資産への損害を最小限に抑えることに重点を置かなければなりません。

  3. 業務上の負傷および疾病

    業務上の負傷および疾病を管理、追跡および報告するための、次の条項を含む手順とシステムを制定しなければなりません。労働者への報告の奨励、負傷および疾病事例の分類および記録、必要な医療の提供、事例の調査と原因を取り除くための是正措置の導入、労働者の職場復帰の促進などです。

  4. 産業衛生

    化学的、生物学的および物理的有害要因に労働者がさらされる状況を、階層的な管理に従って特定、評価および管理しなければなりません。危険の可能性は、適切な設計、技術的および管理的対策によって排除または管理しなければなりません。そのような手段で危険を十分に管理できない時は、よく整備された適正な個人防護具を労働者に提供し、使用させなければなりません。防護具セットには、これらの危険に伴うリスクについての学習教材も含めなければなりません。

  5. 身体に負担のかかる作業

    手作業による物資の取り扱いや力仕事、長時間の立ち仕事、非常に繰り返しの多いか力の要る組立作業など、身体に負担のかかる作業を特定、評価、管理しなければなりません。

  6. 機械の安全防護対策

    製造やその他の分野で使用される機械について、安全上の危険を評価しなければなりません。労働者の使用する機械には、物理的なガード、インターロックおよび障壁を設置し、適切に保守しなければなりません。

  7. 衛生設備、食品、および宿舎

    労働者には、すぐに使用できる清潔なトイレ設備、飲用水、衛生的に食品を調理および保存する設備、飲食のできる設備を提供しなければなりません。サプライヤまたは労働斡旋業者の提供する労働者の宿舎には、清潔で安全であるようにメンテナンスを行い、適切な非常口、風呂およびシャワー用の温水、十分な暖房および空調、個人の持ち物や貴重品を保管するための個別に鍵のかかる設備、妥当な入退出の権限付きの個人用スペースを提供しなければなりません。

  8. 安全衛生に関するコミュニケーション

    サプライヤは、労働者がさらされていると特定された職場の危険(機械、電気、化学物質、火災などによる危険や物理的危険が含まれますが、これに限定されるものではありません)のすべてについて、労働者の母語または労働者が理解できる言語で、職場の安全衛生に関する適切な情報および研修を、労働者に提供しなければなりません。安全衛生関連情報は、施設内、または労働者が識別し接近することのできる場所に掲示しなければなりません。研修は作業開始前に労働者全員に向け実施され、その後も定期的に実施されます。労働者には、安全に関する懸念事項を提起するように奨励しなければなりません。

C. 環境保護

サプライヤは業務を遂行する際に、適用される環境保護の法規制および規格のすべてを遵守し、環境への悪影響に配慮しなければなりません。環境保護の最低基準の骨子は下記のとおりです。

  1. 環境保護の許可と報告

    環境保護に関する必要なすべての許可(たとえば排出量の監視など)、承認、登録を取得し、最新の状態に保ち、運用および報告要件に従わなければなりません。

  2. 汚染防止および資源節約

    汚染物質の排出および放出、ならびに廃棄物の発生は、発生源で、または慣行(汚染管理設備の導入や、製造/整備/施設の工程変更や、その他の手段)によって、最小限に抑えるかゼロにしなければなりません。水、化石燃料、鉱物、原生林材などの天然資源の利用は、慣行(製造/整備/施設の工程変更、原材料の置換、再利用、節約、リサイクリング、ならびにその他の手段)によって節減しなければなりません。

  3. 有害物質

    環境に放出した場合に有害な化学物質やその他の物質は、必ず安全に取扱い、移動、保管、リサイクリングまたは再利用されるように、特定し管理しなければなりません。

  4. 固形廃棄物

    サプライヤは、固形廃棄物の特定、管理、削減、責任ある廃棄、リサイクル(無害の場合)を行うために、体系的な手法を導入しなければなりません。

  5. 大気への放出

    業務により発生した揮発性有機化合物、エアロゾル、腐食性物質、粒子状物質、オゾン層破壊化学物質、燃焼副産物は、放出前に要求事項に従って同定し、日常的に監視し、管理し、処理しなければなりません。参加企業は、大気放出管理システムの成果を日常的に監視しなければなりません。

  6. 物質の制限

    サプライヤは、製品中および製造中の特定の物質の禁止または制限に関して、リサイクリングおよび廃棄用のラベリングを含むすべての適用法令、規制、顧客要件に従わなければなりません。 Kingston では、すべての要件と規制を定義した有害物質管理プログラムを制定しました。サプライヤはこれを遵守しなければなりません。

  7. 水管理

    サプライヤは、水管理プログラムを実装しなければなりません。水管理プログラムでは、水源、水の利用および排水についての文書化、同定、監視を行い、節水の機会を探求し、汚染経路を管理します。放出または廃棄前に要件に従ってすべての排水の同定、監視、制御、処理を行わなければなりません。参加企業は、成果を最大限に上げ規制に準拠するため、排水処理および隔離システムの成果を日常的に監視しなければなりません。

  8. エネルギー消費量および温室ガス排出量

    エネルギー消費量および温室ガス排出量は、施設単位、および/または企業単位で追跡し、文書化しなければなりません。サプライヤは、エネルギー効率を向上し、エネルギー消費量および温室ガス排出量を最小限に抑えるため、費用対効果の高い方法を探さなければなりません。

D. 倫理

商取引において社会的責任を果たすため、サプライヤは、以下について最高の倫理基準を維持するものとします。

  1. ビジネスインテグリティ

    ビジネス上のすべてのやり取りにおいて、インテグリティ(誠実さ)の基準を最高に保たなければなりません。サプライヤは、いかなる形でも贈収賄、汚職、恐喝および横領を禁止するため、ゼロトレランス方式を採用しなければなりません。商取引を実施する際は常に高い公開性を確保しなければならず、サプライヤの帳簿および記録はその内容を正確に反映したものでなければなりません。腐敗防止法に確実に遵守するため、監視と執行の手順を導入しなければなりません。

  2. 不正な利益の取得禁止

    賄賂またはその他の方法の不正な利益取得を、約束、申し出、認可、供与または受領してはなりません。この禁止条項の対象には、ビジネスの獲得または維持のため、ビジネスをある人物へ融通するため、またはその他の不正な利益の取得のために第三者から直接的または間接的に価値のあるものを約束、申し出、認可、供与または受領することが含まれます。 腐敗防止法に確実に遵守するため、監視と執行の手順を導入しなければなりません。

  3. 情報の開示

    参加企業の労働、安全衛生、環境関連の慣行、事業活動、組織構成、財務状況、業績に関する情報は、適用される規制および一般的な業界慣行に従って開示しなければなりません。サプライチェーンの状況または慣行についての記録を改ざんしたり虚偽申請することは許されません。

  4. 知的財産

    知的所有権を尊重しなければなりません。技術およびノウハウの移転は、知的所有権を守る方法で行わなければなりません。また、顧客情報は保護しなければなりません。

  5. 公正なビジネス、広告および競争

    公正なビジネス、広告および競争の標準を維持しなければなりません。顧客情報を適切に保護できる手段を利用可能にしておかなければなりません。

  6. 告発者を特定する情報の保護と報復禁止

    従業員の内部告発者の秘密、匿名性および保護を行うプログラムは、法令で禁止されない限り維持しなければなりません。サプライヤは、その人員が報復の恐れなしに懸念を提起できるプロセスを制定し、それを伝達しなければなりません。

    サプライヤの従業員は、サプライヤおよび Kingston の従業員間で倫理違反の可能性、懸念事項および苦情があった場合、次の方法を通じて機密報告を提出できます。

    拠点 米国カリフォルニア州
    ホットライン 1(888)435-5453
    Eメール [email protected]
    住所 17600 Newhope Street, Fountain Valley, CA 92708
  7. 責任ある鉱物調達

    紛争鉱物の使用を特定および削減し、廃絶に向けて働きかける業界全体の取り組みを支援するため、サプライヤは、Kingston に供給する鉱物のすべてに、コンゴとその周辺諸国産の紛争鉱物、または深刻な人権侵害の加害者である武装グループに直接的または間接的に資金または利益を提供している紛争地域産の紛争鉱物が、含まれていないことを保証しなければなりません。紛争鉱物には、紛争地域産の錫石、鉄マンガン重石、コルタン、金とその派生物、特に金(Au)、タンタル(Ta)、錫(Sn)、タングステン(W)およびコバルト(Co)などの希少金属が含まれますが、これに限定されるものではありません。また、紛争鉱物の採鉱、精錬、成型、およびその他の製造加工工程を紛争地域で実施してはなりません。サプライヤは、これらの鉱物の供給源および生産流通経路を精査し、サプライチェーン管理を強化し、原材料の供給源を効果的に検知し追跡する関連ポリシーや手順を制定し、原材料の供給源の合法性を確認し、紛争鉱物の使用を排除しなければなりません。Kingston は、サプライヤの材料の供給源について、サプライヤのデューデリジェンス(精査)方法を監査することがあります。Kingston から要求があった場合、サプライヤは調査アンケートに誠実に、その他の関連情報も添えて回答しなければなりません。また、そのようなアンケートへの回答と、Kingston に提出した情報の真実性、正確性、網羅性を保証しなければなりません。Kingston は、顧客およびその他のパートナー企業に、上記の調査アンケートの回答と添付情報を提供することがあります。

  8. プライバシー保護

    サプライヤは、サプライヤ、顧客、消費者、従業員など、サプライヤと業務で関わるすべての人の個人情報について、プライバシー保護の妥当な要求を満たすことに尽力しなければなりません。サプライヤは、個人情報を収集、保管、処理、伝送および共有する際に、プライバシーおよび情報セキュリティの法規制要件を遵守しなければなりません。

F. 管理システム

サプライヤは、この行動規範に関連する範囲を取り扱う管理システムを採用または制定しなければなりません。管理システムは、以下の内容を確実に遂行できるように設計しなければなりません。(a)サプライヤの業務および製品に関する適用法令、規制、および顧客要件の遵守、(b)本行動規範の遵守、(c)本行動規範に関する業務上のリスクの特定および軽減。

管理システムには次の要素が含まれます。

  1. 企業コミットメント

    企業の社会および環境に対する責任の方針声明で、コンプライアンスと継続的改善に対するサプライヤのコミットメントを明記しており、役員によって承認され、施設内に現地語で掲示されます。

  2. 経営陣の説明責任および責任

    サプライヤは、管理システムおよび関連プログラムの導入に責任を持つ上級役員および会社代表を明確に指定します。上級役員は、定期的に管理システムの状況を審査します。

  3. 法規制および顧客の要件。

    本行動規範の要件など、適用される法令、規制、顧客要件を特定、監視、理解するプロセスです

  4. リスク評価およびリスク管理

    サプライヤの業務に伴う法令遵守、環境、安全衛生、労働慣行、倫理に関するリスクを特定するシステムです。特定したリスクを管理する規制を確実に遵守するために、各リスクそれぞれの重要度と、適切な手続き面および物理面の管理導入を決定しなければなりません。

  5. 改善目標

    サプライヤの社会面および環境面の成果を向上させるための、書面によるパフォーマンス目標、目標値および実装計画で、それらの目標達成におけるサプライヤの成果の定期的評価が含まれます。

  6. 研修

    会社のプログラム、方針、手続き、改善目標について、および適用される法令と規制要件への対応についての、管理職および労働者向け研修です。

  7. コミュニケーション

    サプライヤの方針、慣行、要求、成果について、労働者、サプライヤ、顧客に明確かつ正確に情報を伝達するプロセスです。

  8. 労働者のフィードバック、参加および苦情

    本行動規範で扱われている慣行や条件について、従業員の理解度を評価し、フィードバックまたは違反報告を取得し、継続的改善を促進する、効果的な苦情処理の仕組みなどの、現在進行中のプロセスです。

  9. 監査と評価

    社会および環境に対する責任に関して、法規制要件、本行動規範の内容、顧客の契約要求事項に確実に対応するための定期的自己評価です。

  10. 是正措置プロセス

    内部または外部評価、検査、調査およびレビューによって特定された欠陥を適宜是正するプロセスを管理しなければなりません。

  11. 文書化および記録

    規制を遵守し、企業要件に対応しつつ、適切に機密を保持してプライバシーを保護するための、文書および記録を作成し保守しなければなりません。

  12. サプライヤの責任

    規範の要件をサプライヤに伝達し、サプライヤの規範遵守状況を監視するプロセスです。

このような管理システムは、Kingston 担当者によるサプライヤ施設での現場検査や、上記の管理システムを対象に含み、検証済みの第三者監査結果へのフルアクセスなど、検査に対して開かれていなければなりません。サプライヤは、この規範に遵守していることを実証するために必要な文書を保持し、Kingston の要求に応じてその文書へのアクセスを Kingston に提供しなければなりません。

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。