暗号化されたUSBフラッシュドライブのiPhoneまたはiPadでの使用について

暗号化されたUSBフラッシュドライブのiPhoneまたはiPadでの使用について

Apple® iOSとiPadOS® には、豊富な既知の機能と隠し機能があります。隠し機能の1つに、iOS 13以降を実行しているiPhone® とiPad® のデバイスのファイルアプリ内で、ユーザーが外部USBメモリを接続して、文書に直接アクセスできる機能があります。この機能は特にiPad Proの場合、写真、ビデオ、メール、文書、スプレッドシート、ゲーム、その他のパーソナライズされたアプリケーションなどに事実上無制限のストレージ容量を追加するため、素晴らしいです。

iOS 13は、互換性があるファイルシステムでフォーマットされた標準USBメモリを読み取ることができ、作業するのに十分な電源を供給し、暗号化されていません。

周知のとおり、標準的な日常用のフラッシュドライブは、機密データや個人情報の漏洩、盗難、損失のターゲットになりやすいです。Appleのすべての高度な技術でさえ、これが起きないように防ぐことはできません。一方、暗号化技術では可能です。暗号化は、USBメモリに保存されたすべての機密データを保護する、最も信頼できる手段です。

Kingston DT2000 USBメモリが接続されたLightning-to-USB 3カメラアダプタとiPhone

弊社では、物理的なパスワードキーパッドを備えるDataTraveler® 2000ハードウェア暗号化USBメモリを使用して、iOS 13およびiPadOS 13のデバイスで暗号化フラッシュドライブを使用する方法をわかりやすく説明しています。最高機密データが安全に保護された状態でも、、外出先でアクセスできます。

Lightning® コネクタを持つiPhoneとiPad、そしてUSB-C®を使用するiPad Proの2種類のデバイスについて説明します。

Lightningコネクタを持つユニットには、USB 3.0をサポートし、外部電源からLightningパススルーのLightning-to-USBアダプタが必要です(例: AppleのLightning - USB 3カメラアダプタ)。

iPad Pro (USB-C)の場合、高品質のUSB-C to USB-Aアダプタが必要です(例: ケーブルが内蔵されたコンパクトなKingston Nucleum™やAppleアダプタ)。(注意:将来のUSB-Cポートを持つiOSまたはiPadOSのデバイスも、同じように機能するはずです。)

Lightningデバイスは、そのままアダプタを接続してから、DataTraveler 2000と、電源アダプタからの電源コードの両方を接続します。(十分な電力が確実に供給されるためには、USB-Aインターフェイスが、Lightningコネクタよりも多くの電流を取り出すことを認識するのが重要です)それから、暗証番号を押して、ドライブのデータファイルのロックを解除します。以上です。これで、保護されているファイルにアクセスできます。

Kingston USBメモリを含む接続場所のリストを表示するiPad Proのスクリーンショット

ランドスケープモードのiPad Proの場合、デバイスアイコンはサイドバーに自動的に表示されます。

ドライブディレクトリを表示するiPad Proのファイルアプリのスクリーンショット

縦方向またはiPhoneの場合は、画面の下のブラウザーのアイコンをタップするだけで、ドライブが表示されます。これですべてのデバイスの場所のリストが表示されます。

Kingston USBフラッシュドライブを含むファイルアプリの場所を表示するiPad Proのスクリーンショット

ドライブが使用できるようになれば、暗号化されたセキュア情報を表示、コピー、貼り付け、および移動できる準備が整います。

これでiOSが外部ドライブをサポートし、ご使用のデバイスがまったく新しいレベルに向上します。

#KingstonIsWithYou

関連製品