SQL Server 2017 Windows Server 2019 Migration

Kingstonのエンタープライズソリッドステートドライブを使用して、SQL Serverのパフォーマンスを向上させ、コストを抑えましょう。

壁紙のダウンロード

時間とコストを節減

本ホワイトペーパーでは、Kingston TechnologyのData Center DC500エンタープライズソリッドステートドライブ(SSD)をどのように使用すれば、全体の資金とライセンスコストを39%抑えることができるのかを説明します。

SQL Server 2008のワークロードは、優れたコスト効率で、モダンサーバー、Kingston Technology DC500M Enterpriseソリッドステートドライブ (SSD)、Microsoft SQL 2017 Windows Server 2019データセンターエディションを使用するモダンなハードウェアとソフトウェアのソリューションに移行できます。

ほとんどのお客様は、SQL Server 2008のワークロードが現在運用されている2008時代のハードウェアを最終的に引退させて、これから移行後のワークロードを運用するエンタープライズクラスの信頼性と性能が高いハードウェアを決定できます。

壁紙のダウンロード

本件が重要になる理由

Microsoftは、SQL ServerとWindows Serverの両方をコアライセンスモデルに変更し、ライセンスの決定が複雑になりました。不適切なライセンスに決定すると高くつきます。

情報を十分に検討して決定すれば、弊社が説明するようにソフトウェアライセンスのコストを最低限に抑えることができます。

本ホワイトペーパーの詳細。

  • SQL Server 2008 R2サーバーをSQL Server 2017にアップグレードして、SQL Serverのライセンスコストを75%削減し、パフォーマンスの向上を達成することの意味。
  • DC500Mドライブを使用すれば、既存のデータベースソリューションと同様のパフォーマンスを得るのに必要なvCoreを減らすことが可能になります。これは、DC500MエンタープライズSSDが低いレイテンシで多くのトランザクションを処理できるためです。
  • 必要なホストサーバーの数を減らし、ハードウェアコストとソフトウェアライセンスコストの両方を削減します。
  • 少ないコアを使用してワークロードを巧みに集約するには、大幅な節減の実現につながるコアライセンスの節減が必要です。

関連製品

記事とビデオ