今こそソフトウェア定義ストレージの時代なのでしょうか?

今ほど良い時代はありません。

手頃な価格で高性能のフラッシュ、強力なCPU、高速なネットワークが出現したおかげで、市販のハードウェアでもSDSを充分に活用できます。

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)はストレージからストレージソフトウェアを抽象化するプロセスですソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ストレージのハードウェアからストレージソフトウェアを抽象化するプロセスです。
理論的には、SDSには大きな魅力があります。
企業組織はストレージ用のハードウェアとソフトウェアの購入を分離でき、コストを抑えられるはずです。
SDSを使用すれば、顧客はコモディティ化したサーバーとストレージメディアの低価格を利用して、ずっと安価なストレージのインフラを構築できます。

世界中へのネットワーク接続のシンボルで彩られたサーバーのボタンを押す男性
  • データセンターのほとんどがハードディスクドライブ(HDD)で構成されていた頃は、HDDのレイテンシが大きかったため、SDSソフトウェアで実現する機能を慎重に選ぶ必要がありました。
  • SATA SSDはHDDのボトルネックを緩和するのに役立ちましたが、それでもパフォーマンスを悪化させるSATAホストコントローラーを使用する必要があります。
  • 現在では、CPUへ直接接続されホストコントローラーを必要としないNVMe SSDが、高パフォーマンスと非常に低いレイテンシを実現します。
SDSベンダーは、パフォーマンス低下をユーザーにほとんど気づかれずに、重複排除、イレージャーコーディング、圧縮などの機能を実装できます。

ネットワーク接続を表現する抽象的なリンクの輝線で彩られたサーバールームでラップトップを抱える男性

このホワイトペーパーでは、SDS実装の強みとメリット、および最適なパフォーマンス、信頼性、安定性を促進するために適切なストレージSSDを選ぶことが重要である事実を解説します。

  • SDSの対応状況
  • ベンダーによるSDSの実装方法
  • SDSが提供するバリュー
  • SDSのソリューションで重視すべき事項

  • ハードウェアは依然として重要
  • 結論
ホワイトペーパーをダウンロードする
hero solutions servers data centers sds video

Lightboardビデオ:
今度こそSDSの時代である理由

Storage SwitzerlandのGeorge CrumpとキングストンのCameron Crandallが、SDSの現在の状況と、コストを抑えるだけでなくパフォーマンスも向上させるために、今すぐこのテクノロジーを採用するのが最高のタイミングである理由を、このLightboardビデオで詳しく解説します。

#KingstonIsWithYou

関連製品