組み込みシステムには 2.5”、M.2、mSATA、ボールグリッドアレイパッケージなどの SSD フォームファクタが使用されています。

組み込みシステムと専用システム向けの SSD

ソリッドステートドライブ (SSD) は信頼性が高く、パフォーマンスが優れている上に、ここ数年で SSD の普及が進んで価格が下がったことから、組み込みシステムや専用システムでの利用がますます広まっています。現在、組み込みシステムの多くには 2.5”、M.2、mSATA など、従来型のストレージフォームファクタが使用されています。組み込みアプリケーションで SSD を使用する利点のひとつは、機械式で信頼性の低いハードドライブ (HDD) をシステムから取り除いて全体的な信頼性を高めることです。組み込みシステムは、エラー発生時に保守が難しくコストのかかる環境に搭載されることが少なくありません。組み込みアプリケーションが設置されることの多い過酷な気候条件に設置されることが多いため、このような状況でも稼働可能で、耐久性に優れた SSD の方がている ことから、組み込み型アプリケーションには HDD よりも SSD の方が適しています。

組み込みシステムのアプリケーションと SSD の対象となるワークロードはそれぞれ大きく異なります。典型的な組み込みアプリケーションには、フットプリントの小さいオペレーティングシステム (OS)、ソフトウェアアプリケーション、特定の形式のデータ収集などがあります。通常のアプリケーションでは、収集したデータを一時的に保存した後、集中サーバーにアップロードしてデータ保管します。ただしアプリケーションによっては休止することなく毎日 24 時間データを書き込み続けることがあり、こうしたシステムへの過負荷は SSD の寿命にも影響しかねません。また、環境要素が影響することもあります。SSD の動作温度、高度、湿度についてはメーカーの指示に従ってください。指定の環境範囲を超えて SSD やストレージメディアを使用すると寿命が短くなるほか、データ損失を招く可能性もあります。

Kingston Technology などの SSD メーカーでは、さまざまな SSD ヘルスチェック項目を監視できる SMART モニタリングシステムを SSD に組み込み、各種の信頼性指標についてレポートを作成できるようにしています。広く利用可能な SMART ツールを使用して、システム設計者はワークロードを評価し、アプリケーションが SSD にどれだけのデータ量を書き込んでいるか確認できるほか、ドライブの寿命を予測する上で役立つ書き込み増幅率 (WAF) を取得できます。データがストレージメディアに書き込まれる特殊な要件に対応するため、すべての Flash ストレージデバイスに WAF が搭載されています。簡単に言うと、WAF はホストから送信されたデータの量と SSD に書き込まれた実際のデータ量の違いです。

販売開始に先駆けて、すべての Kingston SSD に対して内部互換性とパフォーマンスレベルの入念なテストが実施されます。ただし組み込みシステムと専用コンピュータについては、実際に使用するプラットフォームで SSD のテストを行って互換性と基本的な機能性を確認することを、Kingston では推奨しています。さらに、特定のユースケースの書き込みワークロードが不明確な場合も、入手可能な SMART モニタリングを使用することを Kingston では推奨しています。

詳細

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。