ヘッドセットを付けデスクに向かい、PC FPS ゲームをプレイする若いゲーマーと背景のデスクトップコンピュータ
Windows 11 でのゲーミング:新しい PC パフォーマンス機能で何ができるか

Windows ユーザーは 2015 年以来、Microsoft の次世代オペレーティングシステム(OS)を待ち続けて来ましたが、ついに Windows 11 が発売されます。今回提供される先進機能や、統合機能、ユーザーエクスペリエンスの改善などに注目が集まっています。さらに Windows 11 では、大幅に強化された新しいゲーミング機能も搭載されています。詳しく見てみましょう。

DirectStorage

Kingston FURY Renegade NVMe SSD をコンピュータのマザーボードに取り付ける手のクローズアップ

DirectStorage (文字通りダイレクトストレージ)は画期的なアップデートです。この技術によって NVMe SSD はゲームのデータを、CPU のボトルネックを回避して直接グラフィックカードに転送することができますので、ロード時間が短縮しレンダリングの速度が上がります。ゲーミングの場合、ロード画面にほとんど時間をとられず、高速かつスムーズにゲームをプレイできるようになります。

嬉しいことに Microsoft は最近、Windows 10 でも DirectStorage を利用可能にする予定であることを表明しました。したがって、Windows 11 へのアップグレードを選択しなくても、DirectStorage の利点を活用することができます。

注意すべき点は、この技術が NVMe SSD でのみ動作することです。PCIe 3.0 SSD に対応しているものの、Kingston FURY Renegade や KC3000 などの PCIe 4.0 SSD を使用した方が、次世代 SSD の速度を最大活用して最高のエクスペリエンスを得られます。

Windows 10 を使い続ける場合や Windows 11 へアップグレードする場合のいずれであれ、DirectStorage を活用するために NVMe SSD にアップグレードするよい機会です。メモリアップグレードと、デバイスのストレージの速度や容量の増強を組み合わせれば、これらの改善でパフォーマンスを向上することができ、ゲーミングエクスペリエンスが全体的に改善されます。

自動 HDR

Windows 11 では、自動 HDR のおかげでゲーマーが優れたグラフィックを楽しむことができます。自動 HDR は、ユーザーが操作しなくても、ゲームコンテンツのビジュアルを自動的に改善する技術です。Windows 11 は自動的に HDR 対応モニタを検出し、ダイナミックレンジを拡張して、DirectX 11 以上で作成されたゲームのカラーを向上させます。自動 HDR は、ゲーミングエクスペリエンスで最高のビジュアルを実現する最適な方法です。

ゲーミングタブ

Windows 11 の設定アプリには、「ゲームモード」に切り替えられる専用ゲーミングタブがあります。これにより自動的に、バックグラウンドのアプリ使用率が下がり、ゲーム用に CPU を解放します。

Xbox Game Pass

Windows 11 では、Xbox アプリを使用して非常に多数のゲームを選択できます。Xbox Game Pass に加入すれば、100 以上の高品質なゲームのライブラリを利用できます。

対応状況

Windows 11 の発表資料によれば、CPU は 1GHz 以上で 2 コア以上の 64 ビット互換プロセッサまたは SoC (システム・オン・チップ)が必要です。実際には、次のデスクトップ/ノートパソコンの CPU が対応しています(2021 年 6 月現在)。

  • Intel Core 第 8 世代(Coffee Lake、Whiskey Lake)およびそれ以降
  • AMD Zen+(Ryzen 2000、Threadripper 2000、Ryzen 3000G APU)およびそれ以降

しかし、このリストは確定ではなく、それ以前の CPU でも Windows 11 に対応できる場合があります。ただし、システムの他のコンポーネントの古さによって左右され、またリストが変更される場合もあります。どのような場合でも、 Windows 11 互換性を確認してください*

もうひとつ重要な点は、DRAM の要件を検討し、現在および将来使用する CPU に対応するか確認することです。Windows11 の場合、DRAM の最小要件は最低 4GB(ギガバイト)です。しかし、前に述べたように、最小要件より多めにしておくとゲーミングエクスペリエンスが向上します。

TPM 2.0 の説明と必要性の判断基準

トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)は、Windows 11 の発表前にはあまり知られていない用語でした。しかしこれは Windows 11 を使用する際に必須です。TPM 自体は、ハードウェアレベルでコンピュータを保護し、統合暗号キーを使用して攻撃のリスクを防ぐ暗号化プロセッサです。そして PC の中で他のシステムやアプリケーションと一緒に機能します。ハードウェアベースであるため、ソフトウェア暗号化を単体で使用するよりも安全だと考えられています。

要するに TPM 2.0 がないと Windows 11 にアップグレードできません。(デスクトップの場合は)TPM 2.0 モジュールを購入してインストールすることもできます。お使いのデバイスに TPM 2.0 が入っているかを確認するには、スタートメニューから「Windows セキュリティ」を検索して、[デバイス セキュリティ] を選択してから [セキュリティ プロセッサの詳細] を選択してください。以前のバージョンでは対応していないため、[仕様バージョン] が 2.0 であることを必ず確認してください。

まとめ

Windows 11 の話題が広まっているのも無理はありません。Microsoft は、この新しい OS を開発する際にゲーマーのことを真剣に考えたようで、Microsoft 社ゲームクリエーターエクスペリエンスおよびエコシステム担当 CVP のサラ・ボンドは Windows 11 を「これまででもっともゲーミングに適した Windows」とまで言っています。そのため今回のリリースは、Windows 11 の提供する利点を最大限に活かすため、システムをアップグレードするよい機会です。

#KingstonFURY #KingstonIsWithYou

Kingston メモリ検索

キングストン製品でスタートすれば、メモリの選択も簡単です。
30 年以上にわたるサーバーメモリの専門企業として、Kingston は、ユーザーが自身を持ってメモリを選択するために必要な知識とリソースを保有しています。

システム/デバイスで検索する

パソコンまたはデジタルデバイスのメーカーやモデル番号、またはシステムの製品番号を入力するだけで、必要なKingston製品を見つけることができます。

部品番号で検索

Kingston の部品番号、販売業者の部品番号、または製造業者の同等の製造部品番号で検索してください。

関連製品

関連記事