回路基板の配線とチップのイラストの上に、16Gbitサーバー、デスクトップパソコンおよびノートパソコンのメモリモジュール

次世代16Gbit DDR4 DRAMの利点とは何でしょうか?

2019年第4四半期初頭、DRAM半導体のサプライヤーはDDR4対応の次世代高密度DRAMの発売を開始しました。これらの新チップは、20ナノメーター未満の新しいウェーハリソグラフィをベースにしています。つまりDRAMの密度が8Gbitから16Gbitに移行することで、モジュールあたりの容量が増大します。

言い換えると、これまでと比べて半分のチップ数で、同じ容量を達成しています。新しいウェーハ技術の採用と、メモリモジュールのコンポーネント数減少によって、モバイル機器を含むあらゆるデバイスの消費電力が削減されます。このため、ノートパソコンのバッテリー寿命が延長し、データセンタや、自宅および職場のデスクトップパソコンの電気料金を節約できます。この進歩によって、クラウドコンピューティング、エッジデータセンタおよび5Gネットワークの成長が促進されます。

8Gbit DRAMからは徐々に撤退

DRAMメーカーは高密度16Gbitベースのメモリモジュールの生産に集中しているため、8Gbitベースのメモリモジュールからは徐々に撤退します。したがって、システムアップグレードを計画することが重要です。Kingstonでは、チップを入手できる限り8Gbitベースのメモリモジュールを販売し続けますが、どの程度の期間かは決定できません。現在システムを計画中で、コンピュータの寿命が最優先の場合は、16Gbit DRAMと互換性のあるコンポーネントを使用する必要があります。これにより、システムはアップグレード可能になります。

この短いビデオでは移行の概要について、お客様への影響や、利点、メモリアップグレードの際の注意点などを説明します。相違点を理解し感じる

  • 密度が2倍になりRAM容量が増大

  • システムやアプリケーションの効率向上

  • 消費電力の節減

  • データセンタの費用削減

次世代16Gbit DDR4 DRAM発売

8Gbit and 16Gbit DDR4 memory modules visual comparison

新しい容量

16Gbit DRAMへの移行によって、これまでより低コストで多くの処理が可能にさらに、メモリモジュールで新しい容量の提供が可能に

メモリのタイプ8Gbit16Gbit
UDIMM 16GB 32GB
SODIMM 16GB 32GB
RDIMM 32GB 64GB

16Gbit DRAM、マザーボード、BIOSバージョン、およびCPUマイクロアーキテクチャとの互換性

すべてのシステムがこの新しい高密度DRAMに対応しているわけではありません。AMD Ryzen、Intel第9世代以降など、現在のチップセットのほとんどには互換性があります。レガシーIntelシステム(第8世代以前のマイクロアーキテクチャ)にはいくつかの注意事項があり、BIOSアップグレードで機能する場合があります。

Intelサーバー

Cascade Lake搭載のPurley(Xeon x2xxシリーズ)には互換性があります。
Skylake搭載のPurley(Xeon x1xxシリーズ)には互換性がありません。

レガシーIntelデスクトップパソコンおよびノートパソコン

第8世代以前のIntelプラットフォームの場合は、システムまたはマザーボードのメーカーに最新のBIOSについて確認し、16Gbitベースのメモリを使用できるかどうか調べてください。

AMDプラットフォーム

サーバーからデスクトップパソコンやモバイルまで、DDR4をサポートするすべてのAMDプラットフォームには、16Gbitベースのメモリモジュールとの互換性があります。ただしBIOS更新が必要な場合があります。詳細はシステムまたはマザーボードのメーカーに確認してください。

メモリ専門家に照会

Kingstonは、最適のパフォーマンスと容量のサーバーを構成するメリットについて、独立した意見とアドバイスを提供できます。Kingstonの構成専門家には、お客様のメモリアップグレードのニーズをサポートする知識とリソースがあります。

専門家に照会

メモリ専門家に照会

メモリの詳細について

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。