HyperX ゲーミング周辺機器製品は、HP に買収されました。

HyperX 内部パーツ製品(DRAM)は、Kingston ウェブサイトに復帰しました。

HyperX 製品の Kingston FURY への移行について詳しくは、弊社の FAQ ページをご覧ください

CPU 冷却ファンや配線と一緒にマザーボードに接続された Kingston FURY Beast RGB と、左側で PC の仕様を映すモニタ

ゲーミング PC は自作と購入、どちらがよいのでしょうか?

ゲーミングの世界でも特によく議論されるのは、ゲーミング PC は自作と購入のどちらがよいのかという問題です。最近ではほとんどのゲーマーが自作を推奨しますが、カスタマイズ可能な点と低価格のメリットは、時間と労力の追加に見合うものでしょうか?
自分でお金を払って初めてゲーミング PC を入手しようと思っている場合、PC の自作か購入かは難しい決断です。特に、どちらにも明確な長所と短所があることが悩みの原因になります。

突き詰めると 3 つのポイント、つまり自分の好み、払ってもいい金額、どのくらい時間があるかに絞り込めます。考えるべきことはたくさんあります。したがって、少しだけ決断しやすくするために、次のゲーミング PC を自作するか、購入するかを選ぶ際に、何を考慮すべきかを噛み砕いてご説明します。

ゲーミング PC の自作

特にハードウェアコンポーネントに関する経験がない場合、ゲーミング PC の自作は難しい挑戦になります。空き時間が十分にあって、特定のコンポーネントについて調べ、探すことに没頭できる状況でなければなりません。また、想定外の問題に遭遇する可能性を考えて、PC の構築作業には少なくとも数時間が必要です。しかし、最近はオンラインでたくさんの役立つ記事や情報が掲載されており、作業のガイドに使えるため、従来よりはかなり容易になっています。きちんと情報を把握して PC を自作することは、たいへんな苦労に思えますが、大きな利点もあります。

カスタマイズ:プリビルト PC の場合、その時に販売されているデザインやパーツのみ、つまりメーカーが用意している製品のみに限定されます。一方で、自分でカスタムビルドすれば、どんなパーツをシステムに搭載するかを正確に選択でき、特定のニーズに合わせて PC をデザインできます。自作では、組み立てる PC を非常に細かくチューニングし、特定の好みに合わせてカスタマイズするなど、多くの自由があります。時間が長くかかり、困難も多いのですが、その結果、自分だけのユニークな PC を組み立てることができ、誇らしく感じることができるでしょう。

費用:予算が厳しく、出費を抑えたい場合、PC 自作には大きなメリットがあります。パーツを選ぶ際に、複数のショップを比較して最安値を探すことができます。また、不要で高価なパーツの代金を払わずに済むため、余計な出費を避けられます。PC を自作すると、プリビルトシステムを購入する場合に含まれる高価な人件費を節約することができます。予算が本当に厳しい場合は、中古パーツを買って、低予算でマシンを自作することもできます。

システムの知識:PC を自作すると、コンピュータハードウェアの基礎全般の知識が増えます。持っていて損はない知識です。また、自分でシステムの隅々まで熟知できるため、何か問題が起きた場合に、技術サポートに電話しなくても問題の原因を特定できます。
システムについて知識があると、コンポーネントが機能停止した場合やシステムをアップグレードしたい場合に、非常に役に立ちます。

しかし、PC の自作に特有の困難があることも忘れないでください。ゲーミング PC の組み立てには最短でも数時間かかります。パーツについて調べるも時間がかかり、配送を待つ時間はもっと長くかかります。
組み立て中に問題が発生し、不具合の修正に長時間かかる可能性も非常に高くなります。もうひとつの課題は保証です。コンポーネントを自分で入手する場合、すべてのパーツに別々の保証が付くため、将来問題になる可能性があります。中古パーツを購入した場合、保証が付いていないこともあります。しかし PC 自作に本当につぎ込める時間と忍耐力があれば、完全に自分ひとりの力で自分のためだけに組み立てた PC を誇りに思えるはずです。#BuiltNotBought

ゲーミング PC の購入

デスクに張り付いてゲーミング PC を自作する暇がない方の場合は、ためらわずに購入しましょう。PC の購入を安易な方法と考える必要はありません。自分のお金と時間を最も効率よく使う方法について、どう考えるかだけの問題です。プリビルトのゲーミング PC を購入すると、費用は高くなりますが、多くの利点もあります。

自分で作業しなくてよい:プリビルトシステムを購入する場合、すべての作業が完了しています。コンポーネント探しに始まって、互換性を確認し、PC の電源を入れてすべての動作を確認するまで、すべての作業は会社がやってくれます。コンピュータのパーツについて詳しくない方の場合、ゲーミング PC を購入する方がストレスが無く、間違いが起きる可能性も避けられます。また、忙しいスケジュールの方も、プリビルトシステムを購入すれば大幅な時間の節約になります。

保証:PC の購入費用には、パーツ以外も含まれます。余分な費用を払うことで、PC 全体の保証が得られるというメリットも追加されます。
つまり、何か問題が起きた場合に、会社に修理を依頼できます。PC の仕組みに詳しくない方の場合、万一 PC が停止した時に、この保証と信頼性は不可欠です。

しかし、プリビルトシステムの費用は、自作 PC の費用より高くなりがちです。この費用には、システム組み立ての人件費や、誰かがすべての互換性チェックおよびテストを行った代金が含まれます。また、メーカーが入手可能なパーツだけが使用されるため、システムのカスタマイズは非常に難しくなります。見た目にこだわりがある場合や、特定のコンポーネントを搭載したい場合、PC の購入はおすすめできません。
しかし、予算に余裕がある場合、時間の節約になり、PC が必ず正常に機能し、すぐに使えるという安心が得られます。

要するに、ゲーミング PC を自作するか購入するかは、完全に使う人次第です。自分で組み立て、カスタマイズしたシステムと、誰かに組み立ててもらい、作動が保証されているシステムの、どちらが好きですか?どちらの方法も同じ目標に到達しており、その過程が違うだけです。人によって事情が非常に異なるため、自分にとって都合がよい方に決める必要があります。最近では、自分に合ったゲーム体験ができるような、最高のコンポーネントと最高のパフォーマンスの PC を手に入れるため、多くのゲーマーが自作を選んでいます。しかし、高パフォーマンスのプリビルトシステムを、カスタマイズや将来のアップグレードのオプション付きで、お得な価格で購入することもできます。

最終的に決めるのはあなたです。

#KingstonFURY #KingstonIsWithYou

Gaming Memory

関連記事