さまざまな速度クラスの SD および microSD カード

SD および microSD カードの速度クラスガイド

SD アソシエーションでは、メモリカードの速度規格を定めています。この規格は速度クラスと呼ばれ、SD および microSD カードの最小限の持続書き込み速度を示しています。速度クラスには、次の3種類があります。

  • 速度クラス
  • UHS 速度クラス
  • ビデオ速度クラス
速度クラスUHS 速度クラスビデオ速度クラス
「速度クラス」マーク  「UHS 速度クラス」マーク  「ビデオ速度クラス」マーク  

丸みをおびた「C」記号、「U」記号または「V」記号の横または周囲にある数字は、メモリカードの速度クラスを示しています。メーカーはこれらの速度クラス記号を使用して、メモリカードの速度クラスのタイプと規格を示します。これらは、速度の点でハードウェアデバイスに最適なメモリカードを、消費者が選択しやすいように作られています。

速度クラス

最初の速度クラスは、単にオリジナルの速度クラスと呼ばれ、「C」記号が表示されています。速度クラスには、4種類の規格があります。

  • C2(クラス 2):最低書き込み速度 2MB/秒
  • C4(クラス 4):最低書き込み速度 4MB/秒
  • C6(クラス 6):最低書き込み速度 6MB/秒
  • C10(クラス 10):最低書き込み速度 10MB/秒

最低連続書き込み速度速度クラス該当するビデオ形式
速度クラス UHS 速度
クラス
ビデオ速度クラス(新規) 8K ビデオ 4K ビデオ フル HD /
HD ビデオ
標準
ビデオ
同じ形式であっても、必要な速度はそれぞれの録画/再生機器の状態によって変わります。
90MB/秒
60MB/秒
30MB/秒
10MB/秒
6MB/秒
4MB/秒
2MB/秒

C2 はもっとも遅い速度クラスで、C10 が業界標準です。新しいハードウェアほど高速で大容量の新しい速度クラスを必要とし、現在ではクラス 2~6 を使用している人はほとんどいません。現在製造されているハードウェアデバイスの大部分と、市場に出荷されているメモリカードの大部分の最低速度クラス要件は通常 C10 です。

UHS 速度クラス

次の速度クラスは、UHS(Ultra-High Speed)速度クラスで、「U」記号で表示されています。UHS 速度クラスには、2種類の規格があります。

  • U1(UHS 速度クラス 1):最低書き込み速度 10MB/秒
  • U3(速度クラス 3):最低書き込み速度 30MB/秒

UHS 速度クラスは現在、速度クラスよりもよく使用されており、多くのハイエンドカメラでは、高解像度の録画など多くの機能で最低 U3 規格のメモリカードを必要とします。UHS 速度クラスは、主に録画時の最低持続書き込み性能を示しており、4K 対応録画機器がこれまでより速い書き込み速度を必要としたために登場しました。大まかに説明すると、4K 対応録画カメラには通常、最低 U3 規格の SD カードを必要とします。

U1 および U3 のメモリカードが速度クラスのカードよりも進んでいる点は、UHS バスインターフェイスの2つに1つを使用することです。

  • UHS-I:論理上の最大転送速度は、最大 104MB/秒
  • UHS-II:論理上の最大転送速度は、最大 312MB/秒

U1 および U3 メモリカードは、UHS-I バスインターフェイスを使用できますが、UHS-II バスインターフェイスとの互換性はありません。

これらの UHS バスインターフェイスは、速度クラスの持続書き込み速度とは違い、論理上の最大読み取りおよび書き込み速度を示しています。UHS バスインターフェイスは、カード前部にローマ数字の「I」または「II」記号で表示されています。バス速度は、インターフェイス自体の論理上のデータ転送速度を示していますが、U3 規格の SD カードにはそれ自体の持続書き込み速度 30MB/秒があります。たとえば UHS-I U3 規格のカードでは、書き込み速度 30MB/秒が保証されていますが、UHS-I バスインターフェイスをサポートするデバイスと一緒に使用する場合、読み取りおよび書き込み速度が最大 104MB/秒となる潜在能力があります。

UHS-II 互換カードの潜在的な最大読み取りおよび書き込み速度は 312MB/秒です。UHS バスインターフェイスは後方互換のため、UHS-I をサポートするデバイスで UHS-II カードを使用できますが、デフォルトでカードが低スペックの UHS-I に戻るため、UHS-II の速度のメリットは得られません。速度のメリットを活かすには、カードとバスインターフェイスの両方が、完全互換である必要があります。

ビデオ速度クラス

最新のビデオ速度クラスは、複数ビデオストリーム、360°撮影、VR コンテンツ、4K または 8K 解像度ビデオなど、さらに高い解像度や録画機能を可能にするために作成されました。それらは通常「V」記号で表示されています。ビデオ速度クラスには、5種類の規格があります。

  • V6(速度クラス 6):最低書き込み速度 6MB/秒
  • V10(UHS 速度クラス 10):最低書き込み速度 10MB/秒
  • V30(速度クラス 30):最低書き込み速度 30MB/秒
  • V60(速度クラス 60):最低書き込み速度 60MB/秒
  • V90(UHS 速度クラス 90):最低書き込み速度 90MB/秒

ビデオ速度クラスは、UHS-I および UHS-II バスインターフェイスの両方を使用可能な点がユニークです。V6~V90 速度クラスメモリカードは、UHS-II バスインターフェイスを使用できますが、UHS-I バスインターフェイスは V6~V30 の速度クラスのメモリカードのみをサポートできます。

ビデオ速度クラスは、利用可能な中では最速であり、ドローンや 360°カメラの超高解像度ビデオ、高品質ビデオ、複数ファイル録画に最適です。ドローン、360°カメラ、アクションカムおよび VR カメラでは最大 8K のビデオの HD 形式をサポートします。

お使いのデバイスに必要な速度クラスと同等以上のものを選択すれば、ハードウェアデバイスに最適なカードが見つかります。たとえば、お使いのデバイスにクラス 4 メモリカードが必要な場合、速度クラス 4、6、または 10 を使用できます。デバイスに UHS 速度クラス 1 が必要な場合、UHS 速度クラス 1 または 3 を使用できます。同じ機能性は、ビデオ速度クラスにも当てはまります。デバイスの速度クラス要件よりも上の規格のカードを使用する場合、機能はしますが、デバイスが低い速度クラスしかサポートしないため、高い速度クラスのメリットを完全には活用できないことに注意してください。

#KingstonIsWithYou

メモリカード

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。