青色に光っているサーバのラック

COVID-19におけるデータセンターの重要な役割

COVID-19の世界的大流行は、グローバルなビジネス運用とプロトコルなどの面で、世界を劇的に変えました。世界中の組織が、コロナウイルスとの戦いに対抗するための対策を講じており、一部の組織は大きな責任を負っています。特にデータセンターは、あらゆるものが停止を余儀なくされている中で、社会を維持するための重要な役割を担っています。

世界中で1億700万を超える症例が発生しているコロナウイルスは、日常生活を混乱させるだけでなく、ビジネスの様相も変えています。インターネットの使用がかつてないほど増加し、データの保存と管理の要件がさらに厳しくなっている中、データセンターでは、これまでにない規模でこれらの変化に対応しています。データセンターの役割は間違いなく大きく拡大しています。

都市の景観に重ねられたCGIの地球

インターネットの世界的な増加

外出する人が少なくなるにつれて、インターネットの世界的なトラフィックは増加しています。多くの組織では、ウイルスの拡散を遅らせるために、在宅勤務を奨励しており、現場のスタッフや従業員の数を制限しています。必要不可欠な労働者であっても、可能な限り家にとどまるよう奨励されています。その結果、何百万人もの人々が自宅でソーシャルメディアを閲覧し、オンラインのビデオ会議サービスを利用して連絡を取り合い、以前に比べてより多くのストリーミングサービスにアクセスしています。インターネットのトラフィックの増加に伴い、これらの需要の増加に対応し、管理するためのデータセンターの役割がより重要になっています。

Cloudfareが行った調査によると、ロックダウン措置を取った結果として、世界のほとんどの主要都市でインターネットの利用が25%以上も増加したことが明らかになりました。これを受けて、データセンターは、ネットワークにかかる負荷の増加に対応するために容量をアップグレードすることで対処しました。世界がソーシャルディスタンスに適応しており、インターネットの急激な増加とインターネットへの依存が進む中、データセンターは俊敏性を維持することができました。

データととデータセンターがなければ、企業、学校、病院は運営できず、社会はCOVID-19の拡大を追跡、治療、防止することができません。情報、ショッピング、エンターテインメントなど、人々がほとんどすべてのものをインターネットに頼るようになった今、データセンターは高速で安定した接続を確保する必要があります。

新しいビジネスソフトウェアとインフラストラクチャのサポート

インターネットのトラフィックが増加しているだけでなく、企業向けのグループウェアの使用も増加しています。リモートワークに適応する企業が増えてきたことで、クラウドストレージとテレビ会議のサービスが普及しています。データセンターはこの増加を考慮に入れており、企業のデータ需要を賄うデータセンターも出現しています。

Microsoft TeamsやZoomのようなコラボレーションアプリケーションやソフトウェアのダウンロード数は、COVID-19発生前の週間平均ダウンロード数と比較して最大90%増と大幅に増加しました。Microsoft、Google、Zoomなどの企業は、ビジネスニーズや企業ニーズに応えて、企業が取り入れやすいようサービスの一部を無料で提供しています。

コラボレーションプラットフォームとソフトウェアは何年にもわたってクラウドの成長を促進しており、これらのサービスはこれまで以上に重要になっています。クラウドコンピューティングとストレージによってデータ接続が可能になり、組織はさまざまなプラットフォームを利用して日常業務で使用するアプリケーションを稼働しています。これはクラウドセンター内で運用することで可能になります。

今回のパンデミックでは、接続性が重視され、企業のリモートワークに対する緊急時対応策はもはや議論の余地がなく、むしろ必要不可欠となっています。ビジネスの進化に伴い、データセンターは接続需要の増加に合わせて拡張および調整を続けるでしょう。今後の動向としては、企業がより柔軟なリモートワーク機能を取り入れるモデルに移行していく中で、クラウド機能への依存度が高まっていくと考えられます。

緊急サービスの実現

医療業界はパンデミックとの闘いの最前線にあり、迅速で信頼性の高い通信を必要とする効率的な緊急サービスへの責任を負っています。また、医療現場でのコネクテッドデバイスの増加に伴い、医療分野のIT専門家の作業量も増加しています。

医療提供者が管理するデータ量の多さに気が付いた今、データはクラウドやエッジネットワークに移されつつあり、データセンターはそれに対応する必要があります。データセンターやその管理会社の中には、これらのデータの保存やアクセス性を強化する取り組みを行っているところもあります。

世界各地の企業では、クラウドベースの遠隔通信のように高度なウェブサービスの無料トライアルを医療スタッフに提供しているところもあります。このようなAIを使用してリアルタイムに翻訳サービスを提供するビデオ会議ソフトを使うことで、世界中の医師がウイルスの症状や治療法などの情報を共有できるようになりました。

データセンターがなければ、医療業界のような緊急サービスは、パンデミックに対する世界的な対応を支援するためにそうした重要な機能を普及させることができないでしょう。

火が出ているノートパソコンの画面を指差している女性と、データセキュリティ作業を表す中央のロックの絵

リモートワークにおけるデータセキュリティ

データセンターは、世界的に増加するインターネットを維持するだけでなく、サイバーセキュリティに対する潜在的なリスクや脅威を管理する役割も担っています。インターネットトラフィックの増加に伴い、リスクや脅威も増加するため、データセンターはインターネット利用の急増に伴い、サイバーセキュリティに注力する必要があります。

企業が新しいリモートワーク機能を導入する際には、ソフトウェアセキュリティに重点を置く必要があります。ハッキング、マルウェア、スパイウェアなどはすべて、データセンターのセキュリティに対する脅威および脆弱性であり、企業や医療などの重要な産業の業務を危険にさらす可能性があります。セキュリティ情報およびイベント管理ツールは、データセンターのセキュリティをリアルタイムで表示します。アプリケーションを導入する前に、データセンターはアプリケーションの脆弱性をスキャンし、それらのリスクと脅威に対処するための指標とソリューションを提供できます。

クラウドコンピューティングの台頭に伴い、データの可視性と管理の両方が必須の保護手段となっています。これは、トラフィックの流れではサイバーセキュリティなしでは見過ごされがちなマルウェアが潜んでいる可能性があるためです。

データセンターの今後の動向

今日のデータ管理が可能になっているのは、クラウドコンピューティングの成長と、世界のデータインフラストラクチャにおけるデータセンターの重要な役割のおかげです。組織が日常的に使用するアプリケーションを実行したり、インフラストラクチャをリモートワーク機能に拡張したりする中で、クラウドコンピューティングはより不可欠なものとなり、世界のオンラインコミュニティは主要なメモリやストレージソリューションの性能に頼らざるを得なくなっています。これにより、世界は接続性を維持しながら、増加傾向にあるデータを維持し、効率的に管理することができるようになります。

#KingstonIsWithYou

サーバー用メモリ
データセンター向けの DRAM

詳細

promo solutions server memory

関連製品

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。