都市の風景の向こうにあるネットワークを見ながら、仮想ネットワークの地面の上を歩く男性

エッジの準備は整いましたか?エッジコンピューティングにセキュリティが必要な理由

#KingstonCognateによるRob May氏の紹介

Rob May 氏の写真

講演者として受賞歴を持つ Rob May 氏は、世界各国で基調講演を行い、ヨーロッパで数多くのビジネスリーダーシップ組織向けに CEO および取締役を対象としたワークショップを開催しています。講師の May 氏は、IT およびサイバーセキュリティサービス/サポートの提供で 29 年の経歴を持ち、75 名のコンサルタント(および PwC とのアライアンスパートナーシップ)を擁する ramsac 社の創設者および取締役社長であり、非常にトピックとの関連性が高い分野の専門家です。同氏は、 Institute of Directors で英国サイバーセキュリティ大使を努め、サイバーセキュリティ分野での思想家/インフルエンサーのグローバルランキングで第5位に認められています。同氏は The Cyber Resilience Centre for the South East の諮問委員で、業界、学会、司法関係者と協力しています。

エッジコンピューティングとは何で、どんなセキュリティが必要なのか

エッジコンピューティングとは、クラウドでの演算処理を減らして、それらのプロセス(とデータ)が消費される場所の近くに移動し、それによって(時には何千 km も離れた)クライアント / デバイスとサーバーの間の長距離データ転送量を最小限に抑えることで、レイテンシや帯域幅の使用を減らすことを意味します。

エッジコンピューティング開発は、クラウドとデータを送受信するためにインターネットに接続する IoT(モノのインターネット)デバイスの需要が急速に伸びたことが原因です。そのうえ、エッジでの処理が必要なリアルタイムアプリケーションの増加や、5G などの技術の出現によって、急速に技術が進歩しています。

こうした技術を当たり前のように使用しがちです。しかし、自動走行車、医療機器、航空機システムなど、人命を左右するアプリケーションについて考えると、これらがリアルタイムに反応して、データ処理速度を上げることが絶対的に必要となっています。

エッジコンピューティングのハードウェアとサービスは、 データをローカルで処理し保管するため、問題の解決に役立ちます。エッジゲートウェイでは、エッジデバイスから取得したデータを処理した後に、関連のあるデータのみをクラウドへ保管用に送信するため、帯域幅を節約できます。

ネットワークのエッジとは何かという定義は一定していません。IoT デバイス内部のプロセッサはネットワークエッジだと考える人もいますが、そうであればルータ、ISP、ローカルエッジサーバーもこの定義に当てはまります。重要な点は近接性です。ネットワークのエッジはデバイスや、インターネットと通信を行う地点に物理的に近い場所にあります。

サイバーセキュリティの脅威の増加、需要、潜在的危険

錠を持って後ろに回した手のイラストと、都市の景色を背景にした回路基板とネットワークの回線

このように処理量の絶え間ない増大と需要や、膨大なストレージ要件によって、データセンターやハイブリッドクラウドの成長と拡大が進む一方で、パブリッククラウド、プライベートクラウド、小規模なローカルデータセンターの大規模な導入の需要もこれまでにないほど高まっています。

この業界とユーザーが引き続き重視し、開拓すべき 重要な問題はサイバーセキュリティであり セキュリティとレジリエンスの懸念事項へ確実に、長期的に取り組む必要があります。エッジコンピューティングは、デジタルライフで攻撃の可能性を増やし、脅威の対象領域を広げる要因ともなっています。

職場や家庭でコネクテッド「スマート」デバイスが導入され続けていますが、組み込みコンピューターを搭載したエッジサーバーや IoT デバイスを増やすと、悪意のあるハッカーから攻撃され、デバイスに侵入される危険も大きくなります。相互に接続しているデジタル世界で、データセンターは(その規模を問わず)、セキュリティの課題に対応するための設備を整えなければなりません。

IoT は Internet of Things(モノのインターネット)の略ですが、よくジョークで実際には Internet of Threats(脅威のインターネット)の略だと言われます。消費者が何かを購入したり導入する時に、セキュリティのリスクを考慮しないことが問題として挙げられます。もうひとつは、各個人に対する場合などで、資格情報や権限による認証を容易に取得できない、物理的な課題です。データを保護するために、新しい方法を編み出すことが必要となっています。

もちろん、エッジのデータは慎重に検討する必要があります。エッジではデータが多彩なデバイスで処理されることが多く、デフォルトでは、集中型システムやクラウドベースのシステムほどセキュリティが高くない場合があることを考慮してください。IoT デバイスの数が増大し続けているため、業界が潜在的なデバイスセキュリティの問題を理解し、それらのシステムを適切に保護できるように努力することが基本的な要件となっています。データ暗号化は不可欠で、適切なセキュリティプロトコルや適正なアクセス制御手法も同様です。

専門家とともにエッジを実現

エッジコンピューティングでは、ローカルのハードウェア数が必然的に増加します。たとえば IoT カメラには、撮影した動画データをウェブサーバーに送信するために内蔵コンピュータが必要になります。デバイスがそれ自体のモーション検出アルゴリズムで動作するためには、従来より高度で処理能力の高いコンピュータが必要です。

スマートシティの風景と、街をつなぐ通信ネットワーク IoT 回線

上記の課題に対応するには、データセンター技術の継続的な進化が必要です。ストレージ容量の最適化を模索し、より高速なサーバーを導入し、ハードウェア暗号化の利用を拡大し、圧縮効率を向上する必要があります。SAS(シリアルアタッチドSCSI)から SATA または NVMe エンタープライズ SSD(ソリッドステートドライブ)へ移行するだけで、データセンター全体のレベルまで推定した場合の、消費電力を著しく削減できます。

また、3D NAND(または V NAND)が、広く使用されるようになるでしょう。これは不揮発性フラッシュメモリチップの一種をスタック状に重ね(メモリセルが複数の層に垂直に積み重ね)、高パフォーマンス、大容量、高拡張性を得たフラッシュ技術です。この技術の目的は、少ない消費電力で作動効率を向上しながら、デバイスを高速化し容量を増大することです。

ますます複雑化する IT エコシステムの運用は、評価の高いハードウェアベンダのサービスを利用すれば、大幅に簡素化できます。つまり、購入しようとする製品が、短期、中期、長期的な IT およびビジネス目標に合致するように、親身に協力してくれるメモリおよびストレージ製品のサプライヤです。これは、Kingston Technology の「専門家に照会」チームの得意分野です。

Kingston には 30 年以上の経験があり、専門知識、敏捷性、長期の製品供給が可能であるため、データセンターと企業の両方が、 5G、IoT、エッジコンピューティングの増加に伴い発生する課題と機会のすべてに対応できるように支援します、

#KingstonIsWithYou

基盤回路のイラストが描かれた暗い色のデスクに置かれたノートパソコンを上から見た様子

専門家に照会する

適切なソリューションを計画するには、プロジェクトとシステム要件を理解する必要があります。Kingston の専門家にご相談ください。

専門家に照会する

Kingston メモリ検索

キングストン製品でスタートすれば、メモリの選択も簡単です。
30 年以上にわたるサーバーメモリの専門企業として、Kingston は、ユーザーが自身を持ってメモリを選択するために必要な知識とリソースを保有しています。

システム/デバイスで検索する

パソコンまたはデジタルデバイスのメーカーやモデル番号、またはシステムの製品番号を入力するだけで、必要なKingston製品を見つけることができます。

部品番号で検索

Kingston の部品番号、販売業者の部品番号、または製造業者の同等の製造部品番号で検索してください。

Kingstonのエンタープライズ用ストレージソリューションのラインアップを紹介します

記事とビデオ