Kingston の環境規制の順守

RoHS規格適合要項

RoHS 2 指令 (2011/65/EU)

2011/65/EU 指令は、2011 年 7 月 21 日に立法化されました。 この指令は、2003 年に EU によって立法化された現行の RoHS 1 (Restriction of Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment 1) の改訂版です。 この改訂版は、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、多臭素化ビフェニル (PBB)、ポリ臭素化ジフェニルエーテル (PBDE) に関する 2003 年の指令と同一の要素を規定していますが、しかし電気および電子機器 (EEE) における新しい有害物質の評価が今回新たに含まれています。 RoHS 2 指令は、更に優れた規制条件の開発と、法的な明確性の水準を上げることを主な目的にしています。 またこの指令は、2019 年 7 月 22 日までの完全な遵守を目的として、すべての電気および電子機器、ケーブル、および予備部品に対する RoHS 要件の段階的な拡張を行います。 また RoHS 2 指令には、マーキング (CE マーキング) および適合要件の宣言が含まれています。 RoHS 2 指令は、2013 年 1 月 2 日に発効されます。

Kingston 社は、欧州で販売する当社のすべての製品とその梱包材料が RoHS 2 指令に完全に準拠していることを保証するために、熱心に取り組んできました。 RoHS 2 指令準拠の宣言書は、要求があれば提供することができます。 この指令の要件に従い、Kingston 社は、今後 10 年間にわたり維持する技術文書 (Decision No 768/2008/EC) を作成し、まとめます。 この技術文書は、指令の準拠を示すために、要求があった時点で、各国の監督官庁が利用できるようにする予定です。

当社の製品に関する RoHS 適合ステータスについては、ディストリビューターまたは再販業者にお問合せください。

KingstonによるREACH規格への準拠

REACH (化学物質の登録、評価、認可および使用制限、EC 1907/2006) は、2007 年 6 月 1 日に施行された欧州連合 (EU) の化学規制です。キングストン社は 欧州連合 (EU) の化学物質規制システムをさらに改善するために、REACH の目的を支援しており、これには公衆の健康と安全性を高め、環境を保護することが含まれます。キングストン社は、自社の製品に含まれる有害化学物質の使用削減に取り組んでおり、また危険な化学物質が自社の製品内に存在しないように、自社のサプライチェーン全体での宣言プログラムによってコンプライアンスを実現しています。

サプライヤーは、納品品目が指定の0.1%濃度レベルを超える場合、納品先にSVHC (高懸念物質) に関する情報を提供する必要があります。 SVHCとは、ECHA (European Chemicals Agency - ヨーロッパ化学物質管理機関) の認可を必要とする指定化学物質と定義されます。

サプライヤーは、納品品目が指定の0.1%濃度レベルを超える場合、納品先にSVHC (高懸念物質) に関する情報を提供する必要があります。 SVHCとは、ECHA (European Chemicals Agency - ヨーロッパ化学物質管理機関) の認可を必要とする指定化学物質と定義されます。

欧州裁判所の判事は 2015 年 12 月に、複雑な製品で集められた物質 (アーティクル) または組み合わされた物質は条項として残り、それらは関連する義務によってカバーされ、質量の 0.1% を超える濃度の非常な高懸念物資が含まれる場合に、情報を通知し提供する義務があるという判決を下しました。供給側は、高懸念物質 (SVHC) がコンポーネントの物質レベルで 0.1% の濃度限界を超える場合に、高懸念物質に関する情報を受取り側に提供しなければなりません。

キングストン社はすべての REACH の要件を満たすように努めており、また規制の範囲内である当社の製品に含まれる物質に関する情報を、当社の顧客に提供して参ります。

当社の製品は SVHC に関する審査が行われ、その含有濃度が 0.1% のしきい値より低いことが確認されています。以下にその詳細を一覧で示します。

構成部品高懸念物質 (SVHC)CAS 番号注釈
電気および電子機器のケーブルおよびその他の PVC ベースのコンポーネント DEHP、Bis (2-エチルヘキシル) フタル酸エステル 117-81-7 この物質は、いくつかの別売の PVC ケーブルに存在し、またヘッドセットやモバイル機器の各種アクセサリ用の PVC ケーブルやパーツに存在します。
マイクロホンプラグ/ジャック UV-327 2,4-ジ-tert-ブチル-6-(5-クロロベンゾトリアゾール-2-yl) フェノール 3864-99-1 この物質は、一部のヘッドセットのマイクロホンプラグまたはジャック内に存在します。
マイクロホンチューブ DMAC, N,N-ジメチルアセトアミド 127-19-5 この物質は、一部のヘッドセットのマイクロホンチューブ内に存在します。
PCB B2O3、三酸化二ホウ素 1303-86-2 この物質は、一部のヘッドセットの PCB ソケットボード内に存在します。
マイクロホンチューブ (コットンパッド) ジアゼン-1,2-ジカルボキサミド (C,C'-azodi (ホルムアミド)) (ADCA) 123-77-3 この物質は、一部のヘッドセットのマイクロホンチューブ内に存在します。
マイクロホンチューブ ジアミノジフェニル エーテル 101-80-4 この物質は、一部のヘッドセットのマイクロホンチューブ内に存在します。
アダプターケーブル、マイクロホンチューブプラグ 硫化カドミウム 1306-23-6 この物質は、一部のヘッドセット用のマイクロホンチューブや、ヘッドセット用アダプターケーブル内に存在します。
抵抗 (Chip R/ Net R) PbO、一酸化鉛 (酸化鉛) 1317-36-8 この物質は、すべての電子製品内に存在します。

PFOS規格適合要項

準拠宣言書 - 環境保護に向けたPFOS使用制限

Kingston Technologyの製造工程で、パ-フルオロオクタンスルホン酸 (PFOS) は使用されていません。

Kingstonのダイスコンポーネントサプライヤーは、ウェーハーの製造時にフォトリソグラフィー工程でレジスト塗布にPFOSを使用しますが、 PFOSの使用を制限する欧州連合法令2006/122/ECOF法令のフォトリソグラフィー処理規定では例外と定義されています。

Kingstonのサプライヤーが提供する補足データによれば、当社に納品される最終ダイスコンポーネント製品およびいかなるKingston製品にもPFOSは含有していないとされています。

WEEE法令 (2012/19/EU)

WEEE (Waste Electrical and Electronic Equipment Directive) は電気装置および電子機器の廃棄に関する法令であり、ヨーロッパで電気装置や電子機器を製造、販売、および卸販売する会社に適用されます。

この法令は電気装置や電子機器から派生する廃棄物を減らし、製品のライフサイクルにわたるあらゆる部分の環境配慮を促すもので、 以下の要件が含まれます。

  • 電気装置および電子機器の生産業者 (製造業者または輸入業者) は、その国で登録手続きを行わなければならない。
  • 一般消費者はWEEE廃棄物を無料で回収施設に返却できるものとし、生産業者は当該の施設を設けなければならない。
  • 生産業者はリサイクルとリカバリーに関連する一連のノルマを達成する。
  • 生産業者は製品に‘crossed out wheeled bin’(Xマークが付いたホイール付きゴミ箱) ラベルを貼る。
  • このシンボルは、製品を一般廃棄物と一緒に破棄してはならず、別途に現地の規制に基づいて正しく処理されなければならないことを意味します。

WEEE法令は各欧州連合加盟国の規制に組み込まれており、タイミングや詳細が国によって異なるものの、上記の原則は適用されます。 特にWEEE廃棄物の回収に関する取り決めは国によってそれぞれ異なります。例えば一般回収地点、小売店の廃棄製品受け入れ、世帯別の回収などが挙げられます。WEEE廃棄物の発生を防ぐため、再利用、リサイクル、その他の復旧措置が奨励されています。 ヨーロッパにおける電気装置/電子機器のユーザーはWEEE廃棄物の縮減で重要な役割を果たしており、WEEE廃棄物を分類し、正しく破棄することで環境保護を支援しています。 消費者は電気/電子製品の出所やWEEE廃棄物の破棄に関する地元の情報についてサプライヤーに問い合わせることができます。

業務用に電気装置/電子機器を使用する方: 再利用やリサイクルに向かないWEEE廃棄物は、認定処理施設で正しく処理してもらうことが推奨されます。 処理について質問があるときは自国の生産業者にお問合せください。

2006 年 12 月に、2006 年度電気装置・電気機器規制 (The Waste Electrical and Electronic Equipment Regulations 2006) (S.I. No. 3289) が英国議会で採択されました。Kingston Technology Co LLP および Kingston Digital Europe Co LLP は、英国に輸入される EEE 製品の免責生産業者として同国の規格適合計画に登録しています。 各企業に対する英国 EEE 生産業者登録番号は、Kingston Technology Europe Co LLPがWEE/FA4113VU で、Kingston Digital Europe Co LLP がWEE/EJ4112VT になります。 但し、これらの英国 EEE 生産業者登録は、英国において Kingston Technology Europe Co LLP および Kingston Digital Europe Co LLP を経由して購入した EEE 製品の規格にのみ適合し、この規格は英国内に限定されている点に留意してください。 Kingston 製品を欧州加盟国 (またはその他の国) に輸入する業者は、該当国の WEEE 規格およびその他の関連法規を遵守する必要があります。

Kingstonは、製品が環境に及ぼす影響を最小限に抑え、WEEE法令に準じています。

処理施設向け推奨事項

通常、EEE廃棄物は破棄せず、再利用するかリサイクルする方法が推奨されます。 破棄する以外に手段がないときは、認定処理施設 (AATF) に破棄を委託してください。 ヨーロッパのAATFは、必要に応じてCompliance Officer at Kingston Technology Europe Limited / Kingston Digital Europe LimitedからKingstonの製品の詳細を入手できます。

Triman 統合リサイクル標識 (フランスのみ)

統一された Triman 標識は、製品 (非電子デバイス) またはそのパッケージをリサイクルするために、別々に選別できることを消費者に伝える視覚的信号です

バッテリーについてのお知らせ / 製品の廃棄について

製品廃棄物を含む電気製品やバッテリーを、通常の家庭ゴミとして処分しないでください。電気製品は、環境への影響を最小限にするように、責任を持って処分しなければなりません。 処分する製品からバッテリーを取り出したりしないでください。このような作業は、Kingston 社または専門のサービス・プロバイダのみが実施可能です。

バッテリーに関する詳細や、責任を持って製品をリサイクルする方法については、当社にお問い合わせください

台湾 BSMI RoHS

2017年7月より、台湾経済部標準検験局 (BSMI) は、独自の RoHS 要件を施行します。これらの要件は、規制物質の内容に関して中国 RoHS および EU RoHS 2 の両方の要件に類似しています。

規制物質は Pb (鉛)、Cd (カドミウム)、Hg (水銀)、Cr+6 (六価クロム)、PBB (多臭素化ビフェニル) および PBDE (ポリ臭素化ジフェニルエーテル) です。

台湾 RoHS の製品に沿った説明については、こちらを参照してください