HyperX、「iFデザイン賞2018」を複数受賞

HyperXはワイヤレスゲーミングヘッドセットHyperX Cloud Flight とHyperX Alloy Elite RGB
ゲーミングキーボードの2製品において2018年度「iFデザイン賞」(ゲーミングハードウェア部門)を受賞しました

台湾・台北市, 2018年3月13日- Kingston Technologyの高性能デバイスおよびゲーミングブランド、HyperX®はHyperX Cloud Flight™とHyperX Alloy Elite RGB™ゲーミングキーボードにおいて「iFデザイン賞2018」を受賞したことを発表しました。

2018年初めに、アメリカ・ラスベガスで開催された「CES 2018」において発表されたワイヤレスのゲーミングヘッドセットHyperX Cloud Flightは、ゲーミングハードウェア部門で「iFデザイン賞」を受賞しました。最大30時間持続可能なバッテリーやHyperX独自の低反発クッション、マルチプラットフォーム対応の機能を兼ね備え、ゲームに没頭できる環境を実現しました。前回の「iFデザイン賞2017」のヘッドセット分野のプロダクトデザイン部門において、製品デザインが認められ受賞したゲーミングヘッドセット、HyperX Cloud Stingerは快適性、サウンドクオリティ、細部までこだわったデザインが評価されています。

また、NGenuity™ソフトウェアによるカラーカスタマイズを提供する「HyperX Alloy Elite RGB」ゲーミングキーボードも、デザイン卓越性が認められ、2つ目の受賞製品となりました。Alloy Elite RGBキーボードでは、最大3種類のライトニングカスタマイズを設定することが可能です。これらはキーボードのオンボードメモリに直接保存し、ボタン操作で切り替えることによって使用することができます。

「この成功を実現できたのは、HyperXのグローバル設計チームの勤勉さによるものです」とHyperXは言います。 「情熱をもって取り組むこのエンジニアチームは、世界のトップゲーミングアクセサリーブランドになるという究極の目標を達成するために努力しました。PC、コンソールゲーム機器、モバイル機器のいずれでプレイしていても、“We're All Gamers”を実感していただけます。」

今回で65年目の開催となるiFデザイン賞は、デザイン分野において世界的に権威ある賞として知られています。
今年は7つのデザイン分野にわたって54カ国から6,400件以上の応募があり、63人のデザイン専門家が各部門を審査しました。HyperXがこの名誉ある賞を授与されたのは2度目となり、権威あるこの賞は、製品の品質とデザインの良さが認められたことを証明しています。 製品情報の詳細については、www.hyperxgaming.comをご覧ください。

HyperX は、高速DDR3メモリ、SSD、USBフラッシュ・ドライブ、ヘッドセットなどを扱う、Kingston Technologyのハイパフォーマンス製品部門です。ゲーマー、オーバークロッキング愛好家、熱心なファンを対象とするHyperXは、品質、パフォーマンス、イノベーションで世界的に知られています。HyperXはeSportsにコミットしており、 世界の20チーム を後援し、 Intel Extreme Masters. のメインスポンサーを務めています。HyperXは、 China Joy, PAX, Davao Cyber Expo, TGS & Big Fest など、多数の展示会などで見かけることができます。

詳しくは、 HyperX をご覧ください

HyperXの関連情報:

YouTube: http://www.youtube.com/kingstonhyperx
Facebook: http://www.facebook.com/hyperxcommunity

HyperX について

HyperX® は、Kingston Technology Company, Inc. の事業部の一つで、メモリ製品の世界最大の独立メーカーです。HyperX 社 は 2002 年に創立され、アメリカ・カリフォルニア州、Fountain Valley に本社を構えています。詳しくは、800-337-8410 (電話) または "www.hyperxgaming.com" にアクセスしてください。

Kingston (キングストン)、キングストンのロゴ、および HyperX は、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者が所有する商標です。

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2018 | 2017