Kingston Technology、世界の半導体チップの顧客トップ10入り

台湾・台北市、2019年2月22日 - メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、Gartner, Incが同社を世界の半導体チップの最大顧客上位10社に位置づけたことを発表しました。Gartnerは2007年以来、PC、スマートフォン、データセンター、IoT(モノのインターネット)、その他の用途を含む、多くの垂直産業にまたがるチップへの合計支出額をもとに、それぞれの合計市場規模を調査してきました。Gartnerによると、Kingstonは2018年の推定収益78億4,000万ドル(USD)で第8位にランクインしました。同社の見解は、DRAMモジュールのサードパーティサプライヤーとして業界をリードし、SSDおよびその他のメモリソリューションのトップメーカとしてのKingstonの市場での位置づけを揺るぎないものとしています。

Gartnerによると、近年のチップへの支出はPCおよびスマートフォンの成長によって牽引されています。特にこの2年間はDRAMチップの平均売価が高騰し、OEM上位10社のチップの購入金額の46%を占めています。Gartnerはさらに、これらの市場は飽和状態に近づいており、スマートフォンの需要の低下と、米国と中国の間の貿易戦争が原因となって、今後5年間で低迷する可能性があるとも分析しています。ただし、特に中国では、今後何年もクラウドサーバーやIoTなどの市場で新しいビジネスチャンスが広がっています。

Kingstonは次のように述べています。「システムとサーバーメモリは今後もKingstonの成長の基礎であることは変わりません。その一方で、業界の変化に対応し、進化し続ける市場ニーズに適合するために過去10~15年間に当社が身につけた強みが、当社の製品ポートフォリオの多様性を生み出したことは間違いありません。 当社は現在ではSSDの業界トップサプライヤーの1社であると同時に、医療機器、診断装置、機内エンターテイメントシステムをはじめとする、さまざまな産業用途向けに10年近く埋め込みメモリソリューションを供給しています。Kingstonのメモリソリューションは、ロボット掃除機、フィットネストラッカー、ビデオドアベル、スマートウォッチなどの毎日の民生品にも使用されています。」

以下の図は、GartnerによるOEM上位10社によるチップの購入金額を示しています。

Kingston Technology、世界の半導体チップの顧客トップ10入り

Kingstonの公式アカウント:

Twitter: https://twitter.com/KingstonJapan
Facebook: http://www.facebook.com/KingstonBlogFansClub.en
YouTube: http://www.youtube.com/user/KingstonAPAC

Kingston Technology Company, Inc. について

Kingston Technology Corporation (キングストン・テクノロジー株式会社) は、1987 年に創設され、生産性向上とシステム全体のパフォーマンス向上を目的として設計された幅広い品質のメモリ製品とサービスを提供しています。Kingston Technology Company, Inc. および Kingston Digital, Inc. を所有する Kingston Technology Corporation は、メモリモジュールやデジタルメディア製品の分野で世界有数のメーカーの一つです。

編集者のメモ:

詳しい情報や、評価ユニット、エグゼクティブインタビューについては、Kingston Technology Far East Co. Ltd. (Asia Headquarters) No. 1-5, Li-Hsin Rd. 1, Science Park, Hsin Chu, Taiwan, R.O.C. にお問い合わせください。プレス向けの画像は Kingston プレス・ルーム (kingston.com/company/press/) をご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2018 | 2017