タイムライン:
2002年

DDR1:Kingston Technologyから高性能メモリラインの発表。周波数:370MHz、容量:256MB、512MB

2004年

HyperX DDR2メモリを発表。周波数:533MHz~675MHz、容量:256MB

2007年

HyperX DDR3メモリを発表。周波数:1500MHz~1875MHz、容量:1GB~2GB

2008年
  • DDR2:HyperX T1メモリを発表:周波数:1066MHz、容量:4GB。最高伝熱性能のためのハイプロファイルヒートスプレッダー

  • DDR2:HyperX SODIMMメモリを発表。周波数:667MHz、容量:2GB~4GB.デモが公開された最初で最速のSO-DIMM:ドイツのCebit 2011においてAsrock mini ITXボード上でDDR3 2233MHz CL8を搭載

2010年
  • Lovo低電圧性能メモリの最初のリリース。DDR3:周波数:1600~1866MHz、容量:4GB、電圧:1.35V

  • HyperX blu製品ラインを発表。2010年における最速のDDR3メモリ。周波数:2,544MHz。Computex 2010 にてデモが行われました。

2011年
  • HyperX、初の自動オーバークロック製品ラインHyperX PnPによってマーケットリーダーに。DDR3:周波数:1,600MHz、容量:4GB~8GB

  • HyperX、SandForce高速コントローラーと東芝NANDフラッシュを特長とする同社初のソリッドステートドライブを発売

2012年
  • HyperX Predator USBを、1テラバイトの世界最大容量USBドライブとしてリリース

  • HyperXからのハイエンドメモリラインとしてHyperX Predator がT1の後継製品となり、最高2666MHzまでにスピードアップ。最速のDDR3 XMP認定メモリ、2800MHz

  • それまでの最大容量である64GBに対応するHyperX Beastを発表。

  • HyperXは最初の10年間で700種類以上の製品を出荷しました。

2013年

HyperX、世界初の1TB USBフラッシュドライブを発売

2014年
  • HyperXは、Computex 2014においてDDR3メモリの世界記録を破り、4620MHzに到達しました

  • QPadとの共同開発によるHyperX Cloudプロゲーマー用ヘッドセットを発売

  • HyperX FURYメモリがblu製品ラインの後継製品に

  • HyperX Savageを発表し、Genesis製品ラインの後継製品に

  • HyperX、同社初のマウスパッド製品ラインであるSkynを発売

2015年
  • HyperX、プロゲーマー向けマウスパッドFURYを発売

  • HyperX、プロゲーマー向けヘッドセットCloud IIを発売

  • HyperX、同社のSSDで初めてPCIeインターフェイスを採用した最高性能ドライブシリーズPredator SSDを発表