このサイトでは、より良いサービスをご提供するためにクッキーを使用しておりますこのサイトの使用に伴い、お客様はかかる通信に同意することになります。当社は皆様のプライバシーとデータのセキュリティを確保致します。Cookie ポリシープライバシーポリシーが最近更新されましたので、確認してください。

Windows Server 2016 メモリとストレージのエキスパートガイド

Windows Server 2016 用のメモリとストレージの機能拡張

データセンターの進化に伴い、IT 専門家を支援する多くの技術が生まれ、サービスが依存する基盤となるハードウェアに関する憂慮が減りました。

たとえば、仮想化は主にハードウェア層を抽象化し、ソフトウェアベースのハイパーバイザ層で、Windows® の管理者に多くのコントロールと柔軟性をもたらします。以前には使用されなかった計算やメモリ容量を利用した仮想化の結果、最近ではデータセンターの密度や効率が大幅に向上しました。

コンバージェンストレンド

最近、ITのトレンドとして、ソフトウェア定義のデータセンターにおけるストレージ、ネットワーキング、および演算の各資源を収束させる傾向があり、これまでは大部分が別々のコンポーネントだったものが、密接に統合されるようになってきました。現在、彼らは (個別的でサイロ化した構成要素を持つ) 従来のモデルに比べて、より団結して働いています。

Windows Server 2016 の機能強化

Microsoft Windows Server 2016 の開発は、管理者がより少ない労力でより多くの事を行うことができるように、特長や強化された機能を導入してこの傾向を持続させるために、行われました。Microsoft の最新のサーバー OS は、ITが単一のアプリケーションを走らせる個々の物理サーバーから成るモデルを置き換えるのに容易で、更に柔軟かつ分散されたデータセンターのプラットフォームを形成します。ストレージ、メモリ、演算およびネットワーキング資源の自動化を可能にし、また需要に応じて作業負荷をサーバー間または地理的な拠点間でシームレスに移動することを可能にします。

Windows Server 2016 は、仮想化、ソフトウェア定義のストレージとネットワーキング、セキュリティおよび管理の各分野で機能の強化を行います。また、Windows Server 2016 には、「Windows サーバーコンテナ」、「ナノ・サーバー」、および「ストレージ・レプリカ」を含む新しい特徴があります。また OS も、Storage Spaces Direct、Storage QoS (サービス品質)、Memory Runtime Resize (実行時のメモリサイズ変更) などの機能が大幅に改善されました。

  • Storage Spaces Direct のおかげで、Windows Server 2016 は、既存のハードウェア組織を使用して、より低いコストで高可用性のストレージ・システムを提供可能です。

  • 条件を満たせば、IT 部門は、重複排除機能を有効にして、最大で 93% の VHD のサイズ縮小を達成できます。{{Footnote.N47216}}

  • IT 管理者は自分の環境で、すべてのコンポーネントを制御することができ、またサービス環境全体の管理や自動化は、従来の OS の場合よりもはるかに簡単です。

このホワイトペーパーでは、いくつかの重要な Microsoft サーバー OS のストレージとメモリの機能強化について紹介しており、またこれまでは専用のハードウェアにのみ搭載されていたコスト削減の新機能が採用されたおかげで、Windows の管理者は高度な機能にアクセス可能になり、また IT 部門のコスト削減が可能になりました。現在、これらは OS を介して誰もが利用でき、IT の専門家は、すでに保有しているハードウェア投資に対する最大のリターンを得ることができます。

        Back To Top