オンライントランザクション処理 (OLTP) ストレージ ソリューションの概要

OLTP ワークロード向けの最高のパフォーマンス

オンライントランザクション処理 (OLTP) ワークロードは一般的に、1 秒未満の応答時間を必要とする多数の高速で小さなトランザクションで構成されます。読み出しと書き込みの比率は、読み出し入出力 (I/O) 機能にとって最適な状態です。ストレージ I/O パフォーマンスの理解と管理が、OLTP ワークロードにとって重要です。

データセンター向けのソリッドステートディスク (SSD) ストレージは、競合するスピンディスクと比較して大幅に改善された I/O スループットと応答時間を提供します。SSD のシーク時間はゼロに近く、回転遅延がないため、応答時間と待機時間が大幅に短縮されます。Kingston データセンター SSD は、ディスクに 550MB/秒以上の速度で 85,000 リード IOPS{{Footnote.N52169}}を維持することができ、OLTP ワークロードの要求に対応できる高性能ストレージです。

安定したパフォーマンス

OLTP のワークロードは、コンピューティング環境に対する持続的な要求をもたらします。これは一定のパフォーマンスを維持する必要があることを意味します。標準的なスピンディスクアレイは、ディスクの使用領域が増加するにつれて、断片化やディスクプラッタの異なる領域へのアクセス速度の違いにより、性能が低下することがあります。SSD は、連続的な読み書き能力が高く、従来のスピンディスクに比べ優れた性能を発揮します。

これまでにない復元力

Kingston のデータセンター SSD は、OLTP ワークロードの機密データを保護するために優れた復元力を持っています。高度なエラー訂正機能を内蔵して設計された Kingston データセンター SSD は、電源喪失対策としてファームウェアベースの電力損失保護機能を備え、工場出荷時の構成によるオーバープロビジョニングによって長寿命を実現しています。これらのテクノロジにより、SSP の寿命期間を通じて OLTP のトランザクションが確実に保護されます。

  • Kingston データセンター SSD は、OLTP のソリューションの最も重要な要素に対して安心できるパフォーマンスを提供します。
  • 非常に低い遅延パフォーマンスが、OLTP のワークロードを処理する他のストレージよりも高速に応答します。
  • 1 ディスク当り 550MB/秒を超えるスループット性能は、ソリッドステートアレイが競合するスピンディスクよりも高速にデータを処理することを意味します。
  • Kingston データセンター SSD は、85,000 IOPS 以上の連続したパフォーマンス(DC紙以上の定常状態)と、ディスク 1 枚当り最大 100,000 IOPS のランダム読み取りパフォーマンスを持ち、OLTP のワークロードにおいて優れたパフォーマンスを提供します。
  • 内蔵の高度なエラー修正機能とエンドツーエンドのデータパス保護により、データの信頼性が確保されます
  • ファームウェアベースの電力損失保護により、突然の電力損失状態の後に SSD の正常な復旧が保証されます
  • ソリッドステートストレージは、スピンディスクソリューションと比較して、OLTP のワークロードに最適なパフォーマンスオプションを提供します
  • エンタープライズクラスの信頼性とサポートにより、キングストンは顧客の投資を後押しします