このサイトでは、より良いサービスをご提供するためにクッキーを使用しておりますこのサイトの使用に伴い、お客様はかかる通信に同意することになります。当社は皆様のプライバシーとデータのセキュリティを確保致します。Cookie ポリシープライバシーポリシーが最近更新されましたので、確認してください。

ホワイトペーパー

デスクトップ仮想化プロジェクトからの見解

Liquidware Labs は、その創業以来、デスクトップの変革に深く取り組んできました。 当社の Stratusphere FIT 製品の活用による評価の支援と、Stratusphere UX による性能の検証を通じて、当社は 400 以上の測定基準によるデスクトップ仮想化プロジェクトを含む長い歴史を持っています。 アプローチは明確ではありませんが、この歴史の結果は明確で、VDI での成功には、サーバークラスのリソースのサイズを決定し、デスクトップの作業負荷を支援するためにそのリソースを実装する方法を決定するアプローチが必要です。 あなたが評価に基づいて先行投資を行うか、またはそれに飛びついてから最適化を行うかどうか、考慮しなければならない重要な特質があります。

VDI の多くの初期の採用者は、仮想化プロジェクトを開始する前にデスクトップの作業負荷を測定することが、ホストサーバー環境のサイズ決定と構築の支援に役立つと考えています。 これは部分的には真実ですが、このステップに関連し、特に最適な仮想機械に関連する場合、他に多くの重要な利点があります。 VDI に対する測定基準によるアプローチには、いくつかの利点があり、特に以下の場合が該当します。

  • 現在の環境における基本的なユーザー経験を捉える – これは、物理的なデスクトップを仮想的なデスクトップに置き換える時に、同等かそれ以上のユーザー経験を提供するために重要です。 これと関連して、このステップではリソースの使い方、そして最終的にはエンドユーザーの経験を、その仮想化の前と後とで比較する能力を提供します。

  • デスクトップ プールとイメージに関連したアプリケーションの使い方を監視する – この評価の特質は、どのアプリケーションがインストールされ、そしてどれが使われているかをユーザーが理解するのに役立ちます。 またこれには、ユーザーとグループのリソース要件を可視化する利点があります。

測定の時期に関係なく、最適なエンドユーザー経験を支援し、それを確実に行うために、エンドユーザーのコンピューティング資源の要件を定量化する非常に重要なステップを忘れないようにしてください。 それは、成功して最適化されたデスクトップ仮想化の実施の基礎になります。 本論文は、ユーザーやマシン固有の作業負荷の評価に関して、特定のステップやプロセスを詳述するものではありません。 むしろ討論分は、メモリやストレージ リソースの重要性を強調し、特にエンドユーザーの経験や仮想デスクトップの作業負荷のパフォーマンス全体における個々の重要な役割を強調するものです。

サーバーメモリとストレージのリソースはなぜ問題があるか?

仮想デスクトップ アーキテクチャにおいてエンドユーザーのコンピューティング資源を提供することは、私たちが過去にデスクトップの準備、管理および最適化を行った方法とは大きく異なります。 より端的に言えば、VDI をサポートするために私たちがサーバーやストレージ リソースを管理する方法は、ユーザー環境におけるリソースのボトルネックを明らかにし、軽減することです。

私たちは、統合比率、メモリおよびストレージ リソースに関して Stratusphere UX 製品を活用しながら、最も一般的なリソースのボトルネックを発見しました。 これらは非常に一般的なパフォーマンスの発生で、初期の実装段階で防ぐことができます。

  • 統合比率の低さ – この非常に一般的なボトルネックは、ホストサーバーにおけるアンバランスなリソースの使い方によるものです。 VDI のパフォーマンスの最適化における CPU やメモリの役割を理解することが、総所有コスト (TCO) および投資の収益率 (ROI) の目標を達成するために重要です。

  • 不適切なサイズの VM メモリ – その他の一般的な問題は、ゲスト OS でのメモリ~ディスク スワッピングで、これは VDI アーキテクチャにおけるエンドユーザー パフォーマンスの問題の原因になります。 ゲスト VM の OS が容量のほぼ上限と「考えた」場合、ホストメモリのページ共有やバルーニングはスワッピングを防止できないため、これは特に注意が必要です。

  • ストレージと“ブート ストーム” – VDI の展開を成功裏に行うことは、すべての使用事例を満たすために必要な VM イメージの数を最小にすることにもなります。 この望みは、ブートを作成する否定的な結果、すなわちログイン ストームを引き起こし、特にストレージの要求が計測されず、平均およびピーク要求に対して割り当てられた場合に発生します。

        Back To Top