本サイトは機能を強化するためにCookieを使用しています。本サイトを閲覧された時点で、ご使用のデバイスにCookieを配布することに同意したとみなします。Cookie のポリシーの詳細

ソフトウェアで定義されたストレージ

ソフトウェアで定義されたストレージ

技術の進歩は通常、ビジネスの課題を解決し、また技術革新を実現する新しいツールにつながり、その結果、新たなビジネスチャンスをもたらします。データが大量に成長しているように、あらゆる規模と業種の組織に対して関連性と戦略的および戦術的な価値をもたらし、データの格納と検索の基本的な問題が将来のビジネスでますます重要になっています。2013 年にストレージソフトウェア製品の新しいカテゴリーとして最初に提案された「ソフトウェア定義のストレージ (SDS)」は、データ保管の比較的新しいアプローチです。これは一般的に、データストレージとして定義され、ストレージ関連タスクを制御するプログラムは、物理的なストレージハードウェアから切り離されています。ソフトウェア定義のネットワーキング (SDN) やソフトウェア定義のデータセンターを含む包括的なトレンドの一部として、SDS は 2 つの主な目標、すなわち、柔軟性の向上と、ストレージにかかる費用の改善を持っています。本稿では、その属性と利点を含む SDS の概要を説明し、SDS を可能にするハードウェア要件について議論し、また様々な利点の中で、SDS 環境での性能と信頼性を加速する上での「フラッシュメモリ」やソリッドステートドライブ (SSD) の役割についても議論します。

Software Defined Storage
        Back To Top