USB 3.1 とは?

USB 3.1 Gen 1 (USB 3.0) とは?

USB 3.0 は、ユニバーサル・シリアル・バス (USB) の 3 世代目の規格ですが、USB Implementers Forum (USB-IF) によって、USB 3.1 Gen 1 と名称変更されました。しかし、技術仕様の更新はありません。USB 3.1 Gen 1 (USB 3.0) は、使いやすさやプラグ&プレイ機能では前世代の USB 技術と同じですが、パフォーマンスと消費電力の管理は 10 倍以上向上しています。USB 3.1 (SuperSpeed USB) のユーザーにとっては、各種のデバイスをデスクトップやノートブック・パソコンに接続する方法は、USB 2.0 の仕様 (Hi-Speed USB) の場合と同じです。

USB 3.1 Gen 1 (USB 3.0) の早さは?

パフォーマンスの向上は USB 3.1 Gen 1 インタフェース・テクノロジーによって達成されたもので、複数のデータストリーム転送が可能になり、またデータ転送の帯域幅は、USB 2.0 の場合の 480Mbps に対し、USB 3.0 では 5Gbps に増加しました。仕様では転送速度は 5Gbps ですが、この値はコントローラや NAND フラッシュの構成によって変化します。

現在、USB 3.1 Gen 1 ドライブはさまざまなアーキテクチャやチャンネルを持つものが提供されています。チャンネル数が多いほど、転送速度が高くなります。

USB 3.1 Gen 1 と USB 3.1 Gen 2 の比較

USB 3.1 Gen 2 と呼ばれる新しい SuperSpeed USB 10 Gbps 仕様が、USB-IF によって発表されました。この仕様は、データ転送速度を、10 Gbps(または 1.2Gb/秒)の理論上の速度に拡張するものです。

それほどの速度がなぜ必要なのですか?

USB 3.1 ドライブは、USB 2.0 ドライブよりも高速でファイルを転送することで、ユーザーの時間を節減します。その時間は、チャンネル数、転送速度、および転送するファイルのタイプによって異なります。

図 1: USB 3.1 Gen 1 (USB 3.0) ホストデバイスと USB 2.0 の使用時の転送速度の比較

USB 3.1 と Type-C の違いは何ですか?

この違いは、一方が標準 (USB 3.1) で、他方がコネクタ (Type-C) という点です。現在普及している標準の USB コネクタには、Type-A、Mini-B、Micro-B の種類があります。これらのコネクタは、パソコンやスマートフォンから GoPro® カメラまで、いろいろな場所で使われています。その基準(USB 2.0 やUSB 3.1 など)は、これらのデバイスがどれだけ速くファイルを転送可能かという点です。

USB 2.0 のポートしか使っていないのに、なぜ USB 3.1ドライブが必要なのですか?

USB 2.0 デバイスが広く普及しているため、USB 3.1 デバイスは下位互換性を備える必要がありました。ユーザーがお手元の USB 2.0 ホストデバイス上で、USB 3.1 ドライブを使用した場合でも、パフォーマンス上の利点を生かすことができます。

図 2: HyperX Savage USB と DTSE9 の比較(USB 2.0 の場合)

USB 3.1 Gen 2 ドライブは、USB 3.0/3.1 Gen 1 および USB 2.0 のポートやコネクタと下位互換性があります。ユーザーがお手元の USB 2.0 ホストデバイス上で、USB 3.1 ドライブを使用した場合でも、時間を節減できます。

免責条項
* 本書は予告なく変更されることがあります。社内テストに基づきます。速度は変動します。デバイスは NTFS 形式で初期化されています。

        Back To Top