2020年のGDPR

Twitterチャット:

2020年のGDPR

2018年5月に施行されたGDPR(一般データ保護規則)が2周年を迎えました。GRPRが企業ユーザーと一般消費者の両方へ明らかに与えたメリットとリスクを振り返ります。
2019年は、7,098件の侵害が報告され、151もの記録が流出しました。* 専門家達が、GDPRの導入で世界がどのように変わったのかを説明します。

新たな標準


コンピューターのそばに座る2人と、それに重ね合わせたコンピューターのコードとグラフ

この2年間、あわてて準拠しようと試みる企業が見られました。
多数のウェビナーとライブイベントが主催されてきましたが、GDPRの影響に関する参考資料が存在しないため、複雑さやその限界、業務にとっての意味などがすべての人に理解されているわけではないことが判明しつつあります。

ビジネスコンサルタントのNeil Cattermull氏(@NeilCattermull)が指摘するように、私達はGDPRに慣れ始めただけで、「利用者へプロセスを教育している段階にすぎない」のです。
データ保護責任者とともに登録された6万4000以上の企業についてまとめたICO(プライバシー監視機関)のレポートによると、多くの組織で着実な進展が見られます。しかしNigel Tozer氏(@NigelTozer)が説明するように、「GDPRは決して『終わりません』。GDPRは継続的なトレーニングと再評価を必要とします」。
今や、企業はデータプライバシーの価値を尊重するようになりました。実務の導入には時間がかかり、2年かかった今も、世界は規則に追い付こうとしている段階です。

大規模なデータ侵害が起きた場合は確実に金銭的な損失と業務への影響を被ることを別にすれば、GDPRは暗いニュースや際限ない規制だけではなく、エンドユーザーから真の信頼を勝ち取ってきました。
GDPRは信頼の新しい「標準」となり、世界中でこでも認められています。
デジタル変革アドバイザーのGiuliano Liguori氏(@ingliguori)は、「ビッグデータ、AI、ロボティクス、IOT」などのテクノロジーは複数の多様な顧客と通信するため、サードパーティのプラットフォームで生じるプライバシーのリスクを完全に避けることはできないと述べています。
データの処理違反に罰則がほとんどないのであれば、「サインアップ」と引き換えに自分達のデータを人質にわたすエンドユーザーはいなくなるでしょう。
GDPRは消費者に選択肢を提供する場合の基本的な差別化要因であり、消費者を保護します。


商品の保護

サイバーセキュリティ企業、Ramsac社のRob May社長(@robmay70)は、「データは非常に貴重な資産です」と述べています。
GDPRは、データを保持するためにはデータを保護しなければならず、知的財産(IP)、個人特定情報(PII)、および財務情報の喪失は組織を破滅させる可能性があることを、私達に教えてくれました。
私達は、長い道のりを歩み始めたばかりです。企業は2年間かけて規制準拠の重要性とデータへの安全なアクセス方法を理解しただけでなく、GDPR以前の世界と同じように自由にアクセスする方法も見つけ出しています。

Kingston Technologyはハードウェアで暗号化されたデバイスを豊富に提供しており、モバイルまたはそれ以外でデータを安全に保護し、データ違反の防止を長期にわたって推し進めてきました。
弊社の「セキュリティ最優先」アプローチは、GDPRの準拠について議論する際に大きな参考となります。GDPRの準拠に万能な手段はありませんが、弊社はパートナーによるエンドユーザーのデータ保護の強化を支援しています。

専門家に照会する

Kingstonは、現在使用している、または使用を計画している構成が組織に適切かどうかについて第三者の意見を得る機会を提供することができます。

自己暗号化SSD

SSDが特定のストレージ環境にもたらすメリットは何か、外出先でモバイルワーカーに安全に作業するのに最も適したSSDはどれか、についてアドバイスを提供いたします。

SSDの専門家に照会する

暗号化USBドライブ

暗号化USBドライブを使用すると、どんなメリットが組織にもたらされるのか、お客様のビジネスのニーズに最適なドライブはどれか、についてアドバイスを提供いたします。

USBの専門家に照会する

Kingstonが扱う暗号化ストレージソリューションを紹介します。

関連記事