ノートパソコンのキーを叩く手と、それに重なる錠のイラスト
エンドポイントセキュリティ対策で妥協をせずに USB メモリのアクセスを許可する方法

USB ストレージとエンドポイント管理データ損失防止ソフトウェア

ノートパソコンに差し込まれた Kingston DT2000 暗号化 USB メモリと、2進コードのラスター画像

システムセキュリティ戦略において、サイバーセキュリティ技術の高度化が進むとともに、エンドポイントセキュリティおよびデータ漏えい防止ソフトウェアが必須になるに従い、その重点はますます個人にシフトしてきました。具体的に言うと、データセキュリティではセキュリティリスクやデータ漏えい対策において、ユーザーが「もっとも脆弱な個所」にならないように図る必要があります。デバイス管理と、それがエンドポイントセキュリティで果たす役割は、今までにないほど重要になっています。

この問題の原因は、BYOD(Bring Your Own Device)が広く普及したことや、小型のポータブルストレージデバイスに容易にアクセスできるようになったことなどにあります。一方で、このことは、ユーザーが自分の PC/ノートパソコンを使う時と同じように、自由なやり方でデータ転送をしたいと期待するようになったことも意味します。しかし、ユーザーの自由に任せればリスクが生じ、攻撃可能な個所の増加が止まらなくなります。

USB ポートのブロックは不適切

一部の企業で行っている戦術のひとつは、全員に対して「すべてのポートをブロックする」とルールを定めることです。これは脅威の軽減方法としては賢明ですが、想定外の目に見えにくいデータ漏えいの可能性を発生させます。このホワイトペーパーでは、ボートをブロックするリスクについて詳しく説明し、これよりも優れたきめ細かいアプローチによって、さらに堅牢なセキュリティ対策を行う方法をご紹介します。

download  壁紙のダウンロード

#KingstonIsWithYou

専門家に照会する

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

Kingston暗号化 USB ドライブのラインアップを見る

関連記事