A man using a laptop in the floor with a drone, DSLR, and action cam nearby

使用するメモリカードの適切な選択方法

メモリカードを選択する際の重要な要素は、速度、容量、使用するデバイスの種類です。最高の容量を手頃な価格で入手することは理想的ですが、エラーなしにすべての映像をキャプチャするのに十分な速さの書き込み速度を有するメモリカードを選択することとも重要です。必要性や用途に応じて、正しいフォーマットのメモリカードを選ぶことを考えてみましましょう。

メガビット対メガバイト

混乱を引き起こし得る第1の態様は、メガビットとメガバイトとの間の差です。MB/sはメガバイト/秒を意味し、Mb/sはメガビット/秒を意味します。時には、「MBps」と「Mbps」の2つの違いがすでに十分に混同されていないかのように、それらも「MBps」と「Mbps」と書かれます。

より簡単に言えば、「メガ」を取り除き、ビットおよびバイトに焦点を当てるとするします。1バイトは8ビットで構成されています。したがって、1MB/s=8Mb/sです。これは、一部のカメラ製造業者が、カメラのビデオデータレートをメガバイトではなくメガビットで示すので、重要です。

例えば、ソニーのa7S IIIミラーレスカメラは、毎秒600メガビット(Mb/s)の4Kビデオデータレートを有します。a7S IIIで使用するSDカードを探していた場合、実際にビデオデータレートがバイトではなくビット単位の速度を参照しているときは、書き込み速度が600メガバイト/秒(MB/秒)のメモリカードが必要と思われるかもしれません。

どのようなビデオデータレートがメガバイト単位であるかを判断するには、ビットからバイトへの変換を計算するために、いくつかの単純な計算が必要です。1バイトは8ビットで構成されているため、単純にビット数を取得して8で割ります。600を8で割ると75になります。つまり、600Mb/sは実際には75MB/sであり、当初考えていたよりもはるかに遅くなります。最終的には、90MB/sの最小書き込み速度を維持できるSDカードが必要となります。

写真

デスク上のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)とSD カード

写真の場合、カードが破損した場合に自分の写真をすべて失うリスクを最小限に抑えるために、のユーザの中には、単一の大型カードよりもいくつかの小型カードを好む方もいらっしゃいます。ファイルが50MB以上のRAW形式で撮影する場合は、U1またはU3の速度を使用すると便利です。

DSLRカメラやミラーレスカメラの多くは、連写モードで撮影できます。つまり、シャッターボタンを押し続けると、多くの画像を連続して撮影できます。これら全てのフレームは、最初に、バッファと呼ばれるカメラの内部メモリに一時的に記憶されます。次に、カメラは、バッファに記憶された写真からのデータをメモリカードに書き込みます。特にバーストモードでの撮影では、このデータを素早く効率的に転送する必要があります。このため、最適なパフォーマンスを得るためには、高速メモリーカードを使用することが重要です。バッファが詰まってデータ転送がボトルネックにならないように、カードには高速な書き込み速度が必要です。

推奨スピードクラスについては、カメラのスペックを必ず確認してください。

4Kビデオ

4Kの風景画像

SDカード協会は、4Kビデオを撮影するためにUHS速度クラス3(U3)以上を推奨していますが、今日の新しいカメラは120fps(フレーム/秒)で4K解像度を記録するので、V30以上のビデオ速度クラスが理想的です。1秒当たりのフレーム数が多いカメラでは、ビデオを記録するためのメモリカードを高速にする方がよいです。

高速度クラスのカードは、高ビットレートのビデオおよび高品質のビデオ録画をサポートしますが、留意すべきことの1つは、カメラがカードの速度を処理できなければならないことです。あなたのカメラがカードの書き込み速度をサポートできない場合、より高い定格の速度クラスのカードを購入することは重要ではありません。ほとんどの場合、非常に高速のカードを低速のカメラに入れ、それでも動作させることができますが、カードが可能な最高速度の恩恵を十分に受けることはできません。

カメラのスペックを確認して、推奨速度クラスを確認し、ビデオの解像度と撮影する1秒あたりのフレーム数に応じて、要件を超える必要があるかどうかを確認します。

ドローン

Inserting a Kingston microSD card into a drone

ドローンは通常、すべての映像を保存するためにマイクロSDカードを使用します。4Kビデオのような解像度の高速スループットを扱える大容量のmicroSDカードをいくつか用意したいとお思いでしょう。

お使いのデバイスメーカーに確認して、お使いのドローンに推奨される容量および速度クラスを確認してください。各ドローンは、製造業者およびブランドに応じて異なる要件を有します。例えば、DJI Mavic Air2は、256GBの最大容量を有し、120Mb/sまたは15MB/sまでの書き込み速度で4K解像度で記録することができます。32GB、64GB、128GB、または256GBの容量のカードを、U3またはV30の速度クラスで揃えてください。

メモリカードは時間の経過とともに消耗するため、映像が失われる可能性を減らすために、ドローン用に複数のmicroSDカードを用意することをお勧めします。現場で何が起きるのかわからないし、1枚のカードにすべての映像を入れると、一度に映像を失う危険があります。 詳細.

GoPro

GoProに挿入されたmicroSDカード

GoProのウェブサイトには、推奨されるmicroSDカードのリストがあります。GoProのウェブサイトには、すべてのGoProカメラに最低クラス10のmicroSDカードが必要であると記載されていますが、GoProの可能性を最大限に引き出すことができる速度の仕様が優れているため、U1またはU3の速度クラスを検討することをお勧めします。GoProカメラカードサポートは以下のとおりです。

  • HERO(2014)は最大32GBをサポートします。
  • HERO3 Black、HERO3 +、HERO +、およびHERO + LCDは最大64GBをサポートします
  • HERO4、HERO Session、HERO Fusion、HERO5 Black、HERO6 Black、HERO(2018)、HERO7 Silver&Whiteは最大128GBをサポートします。
  • HERO7Black、HERO MAX、およびHERO8Blackは、最大256GBをサポートします。

GoProで4Kビデオを撮影する場合は、高速クラスのmicroSDカードを検討します。12MB/sの書き込み速度で60fpsで4KでGoProビデオを撮影するには、少なくともU3またはV30定格の速度クラスを有する高速マイクロSDカードが必要です。これは、大量の記憶装置を備えた高速書込み速度を必要とする、非常に要求の厳しいタスクです。1080p、240fpsでの撮影でも、大容量の高速メモリカードを必要とするほどの需要があります。

GoProの仕様を確認して、どのマイクロSDカードが互換性があるか、および速度と容量に関する最低限の要件を超える必要があるかどうかを確認します。

Nintendo Switchと3DS

Nintendo Switchは、ゲームをダウンロードする場合に素晴らしい最大2TBのストレージを備えたmicroSDXCカードを受け入れます。ゲームは大量のストレージを必要とするため、スイッチ用の大容量メモリカードをおすすめします。最大13.4GBの「ゼルダの伝説:ブレス オブ ザ ワイルド」のようなゲームをダウンロードしている場合、Nintendo Switchに既に付属している32GBのストレージを拡張するには、大容量のメモリーカードが必要になります。 詳細

逆に、microSDXCカードは、Nintendo3DS、3DS XL、および2DSには使用できません。Nintendo3DS/2DSは、32GB以下のSDHCカードしかサポートしていません。たくさんのゲームをダウンロードする予定であれば、32GBのmicroSDカードを数枚購入するだけでOKです。

Android™ スマートフォン

4Kビデオの撮影を予定している場合は、U3のスピードクラスと64GB以上のストレージを搭載したマイクロSDXCカードが必要になります。それ以外の場合、16GBまたは32GBのマイクロSDHCカードは、ほとんどのスマートフォンユーザが写真、ビデオ、およびモバイルゲームを記憶するのに適しています。32GB microSDHCカードは、ストレージ容量が不足する前にしばらくの間使用できます。Samsung Galaxy S20およびLG G8を含む多くのスマートフォンは、最大1TBのストレージを有するマイクロSDXCカードをサポートします。 詳細.

#KingstonIsWithYou

メモリカード