DC1500M U.2 エンタープライズ SSD

エンタープライズデータセンター U.2 PCIe NVMe SSD

DC1500M
購入

DC1500M U.2 エンタープライズ SSD 混合型ワークロード向け Gen 3.0 x4 PCIe NVME ストレージ

Kingston DC1500M U.2 NVMe SSD の特徴は、大容量のストレージとエンタープライズ向けに強化されたパフォーマンスです。レイテンシと IOPS の一貫性を提供するため、高パフォーマンスの Gen 3.0 x4 PCIe NVMe 設計を使用しています。DC1500M デバイスは、Kingston の厳しい QoS 要件によって品質管理されており、予測可能なランダム IO パフォーマンスと、広範な読み取りワークロードで予測可能なレイテンシを保証します。

U.2 フォームファクター (2.5インチ、15mm) の設計は、PCIe および U.2 バックプレーンを利用する最新世代のサーバーおよびストレージアレイでシームレスに使用できます。DC1500M はホットプラグ可能なため、PCIe ストレージを楽にメンテナンスできます。

  • エンタープライズクラス U.2 PCIe NVMe Gen 3.0 x4 SSD

  • 最高 3GB/秒の高速性

  • 予測可能な低レイテンシと安定した I/O

  • オンボード電力喪失保護 (PLP)

また、エンドツーエンドのデータパス保護、名前空間の管理、電力損失保護(PLP)、データセンターの信頼性向上のためのテレメトリ監視など、エンタープライズクラスの機能も備えています。定評ある販売前および販売後のサポートに裏打ちされ、また 5 年間の製品保証が付属します1。容量は、960GB~7.6TB です2

アプリケーション

混合型のワークロード用のドライブは、以下のような幅広い顧客アプリケーションの実行に理想的です:

  • 仮想化
  • 高パフォーマンスクラウドサービス
  • Web ホスティングキャッシング
  • 高解像度メディアの取得および転送
  • ERP、CRM、GL、OLAP、OLTP、ERM、BI、および EDW ワークロード

主な特徴

データセンター用の NVMe パフォーマンス

データセンター用の NVMe パフォーマンス

最高 3GB/秒の速度を継続し 510K IOPS の驚異的に安定した I/O。

エンタープライズクラスの混合型ストレージ

エンタープライズクラスの混合型ストレージ

幅広い種類のワークロードを管理するための、安定した I/O の提供と高い読み取り/書き込み IOPS パフォーマンスの優れたバランス。

アプリケーションのレイテンシ低減

アプリケーションのレイテンシ低減

サービス品質(QoS)によって、大容量データセットおよび各種の Web ベースのアプリケーションで、非常に低いトランザクションレイテンシを提供します。

オンボード電力喪失保護 (PLP)

オンボード電力喪失保護 (PLP)

エンタープライズクラスの保護により、不慮の停電時におけるデータ損失または破損の可能性を低減します。

    容量

      入力されたコードは無効です。

        仕様 

        • 仕様 
        フォームファクター U.2、2.5” x 15mm
        インターフェイス PCIe NVMe Gen3 x4
        容量2 960GB、1.92TB、3.84TB、7.68TB
        NAND 3D TLC
        連続読み取り/書き込み 960GB – 3,100/1,700MB/秒
        1.92TB – 3,300/2,700MB/秒
        3.84TB – 3,100/2,700MB/秒
        7.68TB – 3,100/2,700MB/秒
        定常状態 4K 読み込み/書き込み 960GB – 440,000/150,000 IOPS
        1.92TB – 510,000/220,000 IOPS
        3.84TB – 480,000/210,000 IOPS
        7.68TB – 420,000/200,000 IOPS
        レイテンシサービス品質(QoS)3, 4, 5 99.9 - 読み取り/書き込み:<110 µs / <206 µs
        静的および動的なウェアレベリング あり
        電源損失保護機能(Power Caps) あり
        名前空間管理サポート はい - 64 個の名前空間をサポート
        エンタープライズ解析 テレメトリ、メディア損耗、温度、ヘルスおよびエラーログなど
        耐久性 960GB – 1681 TBW6 (1 DWPD/5 年)6 (1.6 DWPD/3 年)6
        1.92TB – 3362 TBW6 (1 DWPD/5 年)6 (1.6 DWPD/3 年)6
        3.84TB – 6725 TBW6 (1 DWPD/5 年)6 (1.6 DWPD/3 年)6
        7.68TB – 13450 TBW6 (1 DWPD/5 年)6 (1.6 DWPD/3 年)6
        消費電力 960GB – アイドル時:6.30W 平均読み取り:6.21W 平均書き込み:11.40W 最大読み取り:6.60W 最大書き込み:12.24W
        1.92TB – アイドル時:6.60W 平均読み取り:6.30W 平均書き込み:13.7W 最大読み取り:6.63W 最大書き込み:15.36W
        3.84TB – アイドル時:6.8W 平均読み取り:6.40W 平均書き込み:14.20W 最大読み取り:7W 最大書き込み:16W
        7.68TB – アイドル時:7W 平均読み取り:7.30W 平均書き込み:17.14W 最大読み取り:8.16W 最大書き込み:20.88W
        動作温度 0℃~70℃
        寸法 100.09mm x 69.84mm x 14.75mm
        重量 960GB – 145g
        1.92TB – 150g
        3.84TB – 155g
        7.68TB – 160g
        耐振性(動作時) 最大 2.17G (7~800Hz)
        耐振性(非動作時) 最大 20G (10~2000Hz)
        平均故障時間 (MTBF) 200 万時間
        保証/サポート1 5 年限定保証、無料サポート

        関連動画

        • 正しい SSD を選ぶ重要性

          サーバー用 SSD は予測可能なレイテンシレベルで動作するように最適化されていますが、クライアント(デスクトップ/ラップトップ)SSD はそうではないため、サーバーに適切な SSD を選択することが重要です。
こうした違いのおかげで、重要なアプリやサービスの稼働時間が増え、遅延が減ります。

        • エンタプライズ向けご説明:NVMe に切り替えるべきでしょうか?

          キングストンの Cameron Crandall が、サーバーストレージを NVMe SSD に移行する必要があるか、アドバイスを提供します。