Kingston、NXP® Semiconductorsと i.MX 8M Plusプロセッサで提携を結ぶ

台湾・台北市、202148メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、NXP® Semiconductorsとの提携を進め、新しいi.MX 8M Plusアプリケーションプロセッサの生産に協力することを発表しました。NXPは、スマートテクノロジーを活用したインフラストラクチャソリューションを生み出す、アプリケーションプロセッサの世界有数のディベロッパーです。この度、KingstonのeMMC組み込み型メモリソリューションが、NXPの最新のアプリケーションプロセッサ用の評価ボードに組み込まれることになりました。

スマートデバイスのメーカーに提供されるi.MX 8M Plusチップセットを搭載したNXPのエンジニアリング検証キットに、KingstonのeMMCが採用されることになります。これはNXPとの関係性を拡充させる機会であると同時に、Kingstonの組み込み型メモリソリューションをその他のIoTメーカーにアピールするチャンスとなります。Kingston独自のメモリおよびストレージソリューションは、NXPの前世代のプロセッサボードであるi.MX 6およびi.MX 7シリーズにも組み込まれていました。

Kingstonは次のように述べています。「世界有数の半導体メーカーであるNXPとのパートナーシップを広げ、同社の最新のi.MX 8M Plus評価キットで協力できることを嬉しく思います。Kingstonの製品は、データセンターから企業およびクライアントPC、さらに無数の組み込み型製品まで、あらゆる場面でさまざまなマシンおよびデバイスで活用されています。当社は33年以上にわたりメモリ事業に従事してきました。NXPとの連携により、当社の組み込み型ソリューション事業が強化されることは確実です。」

NXP Semiconductorsからのコメントです。「当社の最新のi.MX 8M Plusプロセッサは、機械学習、ビジョン、マルチメディア、さらには産業用IoTデバイスに焦点を当てています。これまでのNXPアプリケーションプロセッサと同様、Kingstonと連携し、Kingstonの組み込み型メモリソリューションを搭載した評価キットをディベロッパーやメーカーに提供することになります。私たちは、エンジニアリングとマーケティングの両方で、深い密接な関係を育んでいます。」 

Kingstonの組み込み型メモリ事業は、2010年に当時のスマートフォン、タブレット、初期のIoTソリューションの勢いある発展に対応するために立ち上げられました。世界全体で、スマートデバイスを活用した自動化されたライフスタイルがますます受け入れられていく中、組み込み型メモリ産業におけるKingstonのプレゼンスと地位は目覚ましい拡大を遂げました。今では、車両追跡アプリなどの産業用アプリケーション、5G通信を可能にするデバイス、さらに、Bluetooth®スピーカー、ロボット掃除機、ウェアラブルデバイスといった多数の家電製品で、Kingstonのメモリソリューションが広く活用されています。

詳細については、kingston.comをご覧ください。

Kingston Technology Company, Inc. について

Kingston Technology Corporation (キングストン・テクノロジー株式会社) は、1987 年に創設され、生産性向上とシステム全体のパフォーマンス向上を目的として設計された幅広い品質のメモリ製品とサービスを提供しています。Kingston Technology Company, Inc. および Kingston Digital, Inc. を所有する Kingston Technology Corporation は、メモリモジュールやデジタルメディア製品の分野で世界有数のメーカーの一つです。

編集者のメモ:

詳しい情報や、評価ユニット、エグゼクティブインタビューについては、Kingston Technology Far East Co. Ltd. (Asia Headquarters) No. 1-5, Li-Hsin Rd. 1, Science Park, Hsin Chu, Taiwan, R.O.C. にお問い合わせください。プレス向けの画像は Kingston プレス・ルーム (kingston.com/company/press/) をご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2020 | 2019