Kingston Technology がサードパーティのサプライヤーとしてDDR5メモリのIntelプラットフォーム認定を初取得

メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、近日発売のDDR5 UDIMMIntelプラットフォーム認定を取得したことを発表しました。これは、Kingston DDR5メモリソリューションと、DDR5を搭載するIntelプラットフォームの互換性を確認するうえで、初めての、かつ最も重要と思われるマイルストーンを達成しています。



 Kingstonが初めて発売するDDR5メモリの製品シリーズは、来年度にかけて発表されるDDR5ベースのプラットフォームをサポートする、高パフォーマンスで大小さまざまな容量が用意され、複数のフォームファクタに対応したソリューションの第一弾となります。次世代DDRメモリの開発に続きKingstonは、同プラットフォームのローンチを支援するため、10,000を超えるDDR5 UDIMMのサンプルを大手マザーボードメーカーやテクノロジーパートナーへ提供しています。早期からパートナーを支援することで、Kingstonは製品ローンチを成功裏に収めるための基盤作りを果たしています。

 

Kingstonは30年以上にわたって、顧客のシステムで優先的に選択されるメモリブランドであり続けています。今週初頭、KingstonはサードパーティDRAMモジュールサプライヤーとして世界トップにランクインしたことを発表しました。これは、アナリスト企業であるTrendForce社による最新の売上高別ランキングに基づいています。これでKingstonは第1位の座を18年間連続で獲得したことになり、市場をリードする企業としての地位を確固たるものとしています。新たなプラットフォームの発表が目前に迫った今、Kingstonはパフォーマンス、データ整合性、密度、拡張性を強化した、各種のDDR5メモリモジュールを長期にわたって発売し続ける体制を整えています。

 

Kingstonは次のように述べています。「当社は最新のDDR5製品シリーズの発表を心待ちにしており、間近に迫ったローンチへ向けて多大な努力を重ねてきました。世界的な物資逼迫の中、コンポーネントを早期に確保して最新のDDR5プラットフォームで生産インフラを強化しており、大量注文にも対応できます。パートナーとの連携からエンドユーザーのサポートに至るまで、Kingstonはお客さまと共にあります。今回、次世代のメモリで皆様を未来へガイドいたします。」

 

Kingstonのメモリは製品寿命期間保証、無料技術サポート、Kingstonならではの信頼性を備えています。詳細は、kingston.comをご覧ください。

 

Kingston DDR5 UDIMM

部品番号

容量と仕様

KVR48U40BS8-16

16GB DDR5-4800 UDIMM 1Rx8 1.1V

KVR48U40BD8-32

32GB DDR5-4800 UDIMM 2Rx8 1.1V

 

Kingston Technology Company, Inc. について

Kingston Technology Company, Inc. は、メモリ製品の世界最大の独立メーカーです。キングストン社は、デスクトップパソコン、ラップトップパソコン、サーバー、プリンター用のメモリ製品、および PDA、携帯電話、デジタルカメラ、MP3 プレイヤー用のフラッシュメモリ製品を設計、製造および販売しています。キングストンは、子会社および関連会社のグローバルネットワークを通じて、カリフォルニア州、台湾、中国に製造施設を持ち、また米国、カナダ、欧州、ロシア、トルコ、ウクライナ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、台湾、中国、およびラテンアメリカに販売代理店を展開しています。詳しくは、800-337-8410 (電話) または "www.kingston.com" にアクセスしてください。

編集者のメモ:

詳しい情報や、評価ユニット、エグゼクティブインタビューについては、Kingston Technology Far East Co. Ltd. (Asia Headquarters) No. 1-5, Li-Hsin Rd. 1, Science Park, Hsin Chu, Taiwan, R.O.C. にお問い合わせください。プレス向けの画像は Kingston プレス・ルーム (kingston.com/company/press/) をご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2020 | 2019