コンピュータの画面でメモリとストレージを比較した画像

パソコンのメモリとストレージの違い

よくあることですが、パソコンユーザーの多くが、メモリとストレージを同じものととらえています。本記事では、パソコンのメモリとストレージの違いについて詳述します。

メモリ

ラップトップを操作する手の横に置かれた2つのRAMモジュール

メモリとは、コンピュータ内でデータへ短期間アクセスできるようにするコンポーネントを指します。このコンポーネントはDRAM (ダイナミックランダムアクセスメモリ) と呼ばれます。コンピュータは短期メモリのデータにアクセスしてさまざまな処理を行います。例えばドキュメントの編集、アプリケーションの読み込み、インターネットのブラウジングなどです。システムのスピードやパフォーマンスはコンピュータにインストールされたメモリの容量に依存します。

デスクとファイルキャビネットに例えるとしたら、デスクがコンピュータのメモリになります。すぐに必要な書類はいつでも簡単に取り出せるようにデスクにしまっておきます。しかし、デスクにしまえるスペースは限られています。

ストレージ

解体したラップトップ上のSSDストレージドライブ

メモリは短期データの場所であるのに対し、ストレージはコンピュータ内で長期にわたってデータを保存してアクセスできるコンポーネントです。
ストレージは通常、ソリッドステートドライブかハードドライブです。ストレージはアプリケーション、オペレーティングシステム、ファイルを長期にわたって保管します。コンピュータはストレージシステムから情報を読み取り、またストレージシステムへ情報を書き込むため、ストレージのスピードによってシステムの起動、データの読み込み、保存したデータへのアクセスにかかる時間が決まります。

デスクとファイルキャビネットに例えるとしたら、デスクがコンピュータのメモリで、ファイルキャビネットがコンピュータのストレージになります。ストレージはすぐにアクセスする必要のないデータを保存・保管します。ファイルキャビネットは容量が大きいのでさまざまな情報を保管できます。

メモリとストレージの重要な違いは、メモリの内容はコンピュータの電源を切ると消去される点です。
一方、ストレージのデータはコンピュータの電源を何度切っても残ります。したがってデスクとファイルキャビネットの例に戻りますが、退社するときにデスクに置いたままにした書類は破棄されますが、ファイルキャビネットに入れておいた書類は安全に保管されるということです。

関連記事

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。

情報をお届けします!Kingston ニュースなど、弊社からのメール情報をご登録ください。