エッジコンピューティング

5Gがマイクロデータセンターでエッジコンピューティングを必要とする理由


#KingstonCognateがSimon Bestemanを紹介

ISP、サプライヤー、データセンターコンサルタントの肩書を持つSimon Besteman氏の写真

Simon Bestemanはフランスとオランダの国籍を持ち、ICTおよびデータセンター業界のベテランです。
彼は20年以上にわたりISP、サプライヤー、データセンターで勤務し、多彩な企業組織の経営コンサルタントとして経験を持ちます。
Simonは、サービス、セールス、マーケティング、運用管理、戦略的開発の分野で、多国籍企業にて各種の上級管理職を歴任しました。

現在Simonは、オランダのホスティングプロバイダーが合同で設立したISPConnectのCEOを務めています。
業界を代表する彼は、業界と政策の話題について頻繁にブログを寄稿し、国会やカンファレンスで基調講演を行い、電気通信、データセンター、インターネット規制に関するオランダ政府の諮問会議にも名を連ねています。
彼は、教育、雇用、統制を中心に、さまざまな業界団体の役員を務めています。

エッジデータセンターのニーズを高める要素

長年にわたり世界中で、データセンター業界はハイパースケールデータセンターと呼ばれる、大規模の施設がもたらす規模の経済によって主に推進される傾向がありました。
それには納得の行く理由があります。経費を多数のサーバーで共有できれば、ラックまたはサーバーあたりの運用コストは低くなります。
大規模なデータセンターでは、容易に接続性を確保できます。
冗長電源インフラ(2N、2N +)は、1棟の非常に大規模な施設で構築する方が比較的簡単です。
コロケーションでは多種多様な顧客が存在するため、データセンターのユーザーへ共生的なサービスを提供できる機会が生まれます。

エッジでのマイクロデータセンターへ移行するトレンド


ソーシャルネットワークライン

10年前は何も存在しなかった状態から、現在では世界中に500を超える巨大なハイパースケールデータセンターが出現しています。
この傾向がすぐに逆転することはまずありません。テクノロジーの巨人であるクラウドプロバイダーのAmazon、Apple、Facebook、Google、およびMicrosoftは、従来のオンプレミスITが徐々にクラウドに移行するにつれて、年々堅調に成長しています。
これらの企業はかつてないほどのコンピューター処理能力と冷却能力を必要としています。生成された後に他のマシン(自動化されたデバイス)で使用されるデータのシェアが増加するにつれ、データセンターがより大型化する傾向が近い将来も続くと予想することは合理的と言えるでしょう。

同時に、データが生成および消費されている「エッジ」に近い場所にあるマイクロデータセンターが人気を集める傾向も並行して見られます。
ネットワークのエッジにあるこれらのデータセンターは、エッジデータセンターと呼ばれます。エッジデータセンターは通常、大規模なデータセンターよりもはるかに小さく、既存のインフラを補完します。これらは今日の問題を解決し、将来のITインフラを準備する上で決定的な役割を果たします。これらが解決する問題の1つに、接続性が挙げられます。

エッジデータセンターは効率を上げます

中央管理の弱点は、すべてのデータがネットワークの中心に位置するデータセンターに存在するため、全ユーザーがデータのアクセス時に中央のポイントへ接続する必要があることです。
これにより2つの結果が引き起こされます。まず、かなりの帯域幅が必要であるため、特定のアプリケーションを効率的に管理できるようにレイテンシ(データがユーザーに到達するのにかかる時間)を十分に低くすることができません。
データをエッジに近づけることで、ユーザーへのデータフローをより効率的に管理できます。一連のデータをダウンロードするためにハイパースケールに接続する代わりに、データはそれらに近いエッジデータセンターにキャッシュされます。
データは、エッジ施設からエンドユーザーへ転送するだけで済みます。
また、データが短距離を移動するだけでよいため、応答がはるかに速くなります。

エッジが対処できるもう一つの問題は現在進行中であり、今後24〜36か月でピークに達します。
これは、生成および交換されるデータ量の急激な増加です。この増加を引き起こす主な要素は2つあります。IoTと5Gであり、
それぞれ別々の要素ですが、互いに関連しています。

マシン生成されたデータ


過去10年間のデータ増加が主に人間による消費(携帯電話でビデオを鑑賞したり、アプリを使用して口座管理や買い物が始まりました)によって引き起こされたとすると、生成データの次の増加はマシン(機械)で起こります。
これは、他のマシンによって処理、分析、動作されます。人間が扱うデータとは形式が異なり、現在使用しているデータよりはるかに大量に生成されます。
これは、走行中の自動車や、スマートシティの道路、農業、製造、環境機器のセンサーが生成(および要求)するデータのことです。
前例のない大量のデータ(自律走行車では8時間あたり40テラバイトのデータと考えてください)は、ソースの近くでフィルター処理して集約する必要があります。
また、中央のクラウドで扱えるように、処理済みの形式でなければなりません。
スマートシティ、IoT、ドローン配送サービスも、5Gの可能性を活かすためにエッジマイクロデータセンターに依存します。
Kingston Technologyは、これらの需要を予測し、並外れた要件に対処できるソリューションを市場に提供するメーカーに挙げられます。


5G

高速の5Gで接続されどこでも使えるスマートデバイス

5Gはこの革命の中心的な要素になります。モバイル通信の次世代となるこのステップは、2020年から段階的に導入されます。
5Gを使用すると、はるかに高速化(平均で100倍)できるだけでなく、1平方キロメートルあたり最大100万台のデバイスに接続できます。
例えば、農場のすべての面積にわたって、センサーが土壌の湿度に関するデータをリアルタイムで送信できるようになります。
そのため、指定された値で正確に灌漑できるようになります。
結果として、現在よりも正確に給水管理できます。
家庭のセンサーは、健康、環境、電力要件に関するデータをリアルタイムに送信するようになります。
産業環境では、5Gは部品のリモート管理を可能にし、品質管理とサプライチェーンを自動化します。こうした変化は、働き方や生活を一変させます。

電気通信における5Gマイクロデータセンターの台頭

今日、ネットワークサイトのエッジ開発のほとんどは、マイクロデータセンターという形で通信プロバイダーによって推進されています。彼らはインフラを整えており、さらに重要なことに、体系化に必要な施設をすでに所有しています。
彼らはエッジのパイオニアになります。それに続いて、商用データセンター企業が素早く動き出すでしょう。

5Gの成長によりエッジデータセンターに課せられる需要は、現在のデータセンターとはかなり異なります。それらはより小さく、より少ない電力を必要とします。より小規模で、より消費電力が少なくなります。
Kingston Technologyは、大容量と高速化に対処するためのメモリとストレージソリューションを開発してきました。

用意はいいですか:今こそエッジの準備をする時です

新たな競争が始まっており、新しい現実に適応する必要があります。
今こそエッジに向けて準備をする時です。これまで慣れ親しんだものとは異なる要件を持つ、別の種類のデータセンターです。
この新たな開発の時代で成功するためには、正しく理解しなければなりません。
最初の一歩は、適切にデータセンターを構築するための専門知識を持つ適格な人材を確保することです。

Kingstonのエンタープライズ用ストレージソリューションのラインアップを紹介します

専門家の照会

Kingstonは、現在使用している、または使用を計画している構成が組織に適切かどうかについて第三者の意見を得る機会を提供できます。

エンタープライズSSD

弊社は、エンタープライズSSDが特定のストレージ環境に何をもたらすか、どのSSDが、高度にランダムな読み取りと書き込みのIOPSパフォーマンスのバランスを必要とするお客様のワークロードに最も適しているかについてアドバイスを提供いたします。

SSDの専門家に照会する

サーバー用メモリ

弊社は、最適なパフォーマンスと容量に合わせたサーバーの構成にどのようなメリットがあるのかアドバイスを提供いたします。Kingstonの構成の専門家には、メモリアップグレードのニーズをサポートするための知識とリソースがあります。

メモリの専門家に照会する

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。

情報をお届けします!Kingston ニュースなど、弊社からのメール情報をご登録ください。