Press

HyperX プレスリリース 2017
HyperX、NBAチームPhiladelphia 76ersと 公式ゲーミングヘッドセットスポンサー契約を締結

ー バスケットボールのフランチャイズと76ers傘下のeSportsチームDignitasを支援 ー

- 台湾・台北, 2017年10月23日– Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperX®は、米国時間の10月19日、Philadelphia 76ersの公式ヘッドセットスポンサーとなったことを発表いたしました。Philadelphia 76ersはHyperXと提携する最初のNBA(National Basketball Association:米男子プロバスケットリーグ)チームとなります。 2017-2018 NBAのシーズンでは、HyperXは、コート内およびコート外の活動を通じて、76ersとバスケットボールファンにゲームの楽しさを提供していきます。 また、HyperXは、昨年9月に76ersが買収した有名eSportsフランチャイズチームDignitasともスポンサーシップを締結したことを発表しました。 このパートナーシップにより、HyperXは76ersと緊密に協力し、共同ブランドのストーリー作成やチーム活動を行ない、より多くのゲーム好きなファンを獲得していくことを期待しています。

さらに、Philadelphia 76ersはNBA初のeSportsリーグとなるNBA 2Kリーグにも出場いたします。ゲーム用に設計されたHyperXギアは、より没入感あるNBA 2K体験を実現します。その快適性と素晴らしいサウンドで知られるHyperXゲーミングヘッドセットは、世界中のエリートゲームチームやカジュアルゲーマーに愛用されています。 76ers NBA 2Kチームは、ゲームや音楽、映画鑑賞に、HyperXもプレミアム品質のヘッドセットを楽しむことができます。76ersとHyperXは、ゲームコミュニティの拡大と、2018年のイン・アリーナゲームエンターテインメントの成長を期待しています。

「伝統的なスポーツとeSportsが融合し、ファンの熱意が高まる中、HyperXがNBAのチームをスポンサーする最初のゲームデバイスメーカーとなることを光栄に思います」と、HyperXにおいてアジア太平洋地域のマーケティングを統括するSusan Yang(Marketing Manager, APAC Region)は語ります。

チームDignitasは、14年の歴史を持つ有名なeSportsチームであり、League of Legends、CS:GO、Heroes of the StormやPUBGなどで活躍するチームを有します。同チームは、2016年9月にPhiladelphia 76ersによって買収され、今回、76ersとともにHyperXファミリーの一員となりました。プレーヤーは、ヘッドセット、キーボード、マウス、マウスパッドなどのHyperXのゲーム製品をフル活用し、世界中のトーナメントで活躍していきます。

HyperX は、高速DDR3メモリ、SSD、USBフラッシュ・ドライブ、ヘッドセットなどを扱う、Kingston Technologyのハイパフォーマンス製品部門です。ゲーマー、オーバークロッキング愛好家、熱心なファンを対象とするHyperXは、品質、パフォーマンス、イノベーションで世界的に知られています。HyperXはeSportsにコミットしており、 世界の20チーム を後援し、 Intel Extreme Masters. のメインスポンサーを務めています。HyperXは、 China Joy, PAX, Davao Cyber Expo, TGS & Big Fest など、多数の展示会などで見かけることができます。

詳しくは、 HyperX をご覧ください

HyperXの関連情報:

YouTube: http://www.youtube.com/kingstonhyperx
Facebook: http://www.facebook.com/hyperxcommunity

HyperX について

HyperX® は、Kingston Technology Company, Inc. の事業部の一つで、メモリ製品の世界最大の独立メーカーです。HyperX 社 は 2002 年に創立され、アメリカ・カリフォルニア州、Fountain Valley に本社を構えています。詳しくは、800-337-8410 (電話) または "www.hyperxgaming.com" にアクセスしてください。

Kingston (キングストン)、キングストンのロゴ、および HyperX は、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者が所有する商標です。

過去のプレスリリース
プレスリリース・ホームページ | 2017 | 2016
        Back To Top