This site uses cookies to provide enhanced features and functionality. By using the site, you are consenting to this. Read more about our cookie policy.

Press

HyperX プレスリリース 2017
HyperX、Dallas MavericksおよびダラスNBA 2Kリーグチームの 公式ゲームヘッドセットパートナー契約を締結
ー NBAゲームコミュニティへのHyperXブランド浸透を加速するNBA 2Kスポンサーシップ拡大 ー
- 台湾・台北, 2017年12月6日– Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperX®は、本日、米プロバスケットボールチームのDallas Mavericksと将来のDallas NBA 2Kリーグチームの公式ゲームヘッドセットスポンサーシップとなったことを発表しました。2018年春には初のNBA 2Kドラフトとシーズンが始まります。HyperXは、Mavericksとともに活動を計画・実行し、アメリカンエアラインズセンターから、愛すべきHyperX精神を世界中のバスケットボールファンに広めていきます。
ダラス2Kリーグチームはこの冬の終わりに、他のNBA 2Kチームととともにチームアイデンティティを発表する予定です。来たるシーズンにエリートたちと競合するために、同チームは、新しいCloud Alphaゲームヘッドセットを含むHyperXゲームヘッドセットを使用して、練習し、プレイします。われわれのヘッドセットの優れた音質と驚くべき品質は、チームが自分の好きな音楽や映画を余暇に楽しむときにも役立ちます。
「NBA 2Kリーグはエンターテインメントの価値を提供する素晴らしい方法だと認識しています。HyperXとのパートナーシップは、競争力のあるNBA 2Kリーグチームを構築する上で重要な部分です」と、Dallas MavericksとダラスNBA 2KチームのオーナーであるMark Cuban氏は述べています。また、同氏は「HyperXはゲーム界で豊富な経験を持ち、eSportsトーナメントやイベントにおいて、両チームにとってコートの内外で貴重なパートナーになるはずです」と語ります。
「Dallas MavericksとそのeSportsチームとパートナーシップを結んだことを大変うれしく思います」とHyperXにおいてアジア太平洋地域のマーケティングを統括するSusan Yang(Marketing Manager, APAC Region)は語ります。「HyperXのタグラインである"We're All Gamers"に、NBAにおいて影響力を持つMavsをファミリーに迎えることにより、ゲームコミュニティのサポートを増やしていきます。あなたがゲーマーでもプロスポーツ選手でも、HyperXファミリの一員です」

HyperX は、高速DDR3メモリ、SSD、USBフラッシュ・ドライブ、ヘッドセットなどを扱う、Kingston Technologyのハイパフォーマンス製品部門です。ゲーマー、オーバークロッキング愛好家、熱心なファンを対象とするHyperXは、品質、パフォーマンス、イノベーションで世界的に知られています。HyperXはeSportsにコミットしており、 世界の20チーム を後援し、 Intel Extreme Masters. のメインスポンサーを務めています。HyperXは、 China Joy, PAX, Davao Cyber Expo, TGS & Big Fest など、多数の展示会などで見かけることができます。

詳しくは、 HyperX をご覧ください

HyperXの関連情報:

YouTube: http://www.youtube.com/kingstonhyperx
Facebook: http://www.facebook.com/hyperxcommunity

HyperX について

HyperX® は、Kingston Technology Company, Inc. の事業部の一つで、メモリ製品の世界最大の独立メーカーです。HyperX 社 は 2002 年に創立され、アメリカ・カリフォルニア州、Fountain Valley に本社を構えています。詳しくは、800-337-8410 (電話) または "www.hyperxgaming.com" にアクセスしてください。

Kingston (キングストン)、キングストンのロゴ、および HyperX は、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者が所有する商標です。

過去のプレスリリース
プレスリリース・ホームページ | 2017 | 2016
        Back To Top