Kingston Technology、エンタープライズグレードの Data Center NVMe SSDブートドライブをリリース

• DC1000Bを契機にKingstonがNVMeデータセンタードライブに参入
• 高性能M.2 NVMe PCIe、Gen 3.0 x 4インターフェイス
• 電源喪失保護機能を備えた2280フォームファクターのNVMeサーバーブートドライブ

台北市、2020年1月14日 – メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、データセンターSSDの新作であるDC1000B M.2 NVMeブートドライブの発売開始を発表しました。新しいブートドライブは、ブート専用のM.2 NVMeスロットが1つまたは2つ付属し、追加データストレージ用の貴重なフロントローディング方式の2.5インチドライブベイを保持するサーバーに最適です。DC1000Bは2280のフォームファクターで設計されています。電源喪失保護機能を内蔵し、0.5 DWPD4の耐久性によりサービス寿命の長期化を実現しています。KingstonのDC1000Bは、最大3.2GB/sおよび205K IOPS2の速度で驚きのパフォーマンス向上を達成しました。ブート用に加えて、キャッシュやログ用途向けにも設計されています。

「M.2フォームファクターは当初はクライアントマシン用に設計されたものでしたが、そのコンパクトなサイズ感と高い性能は、サーバー用としても非常に魅力的でした。」Kingstonはこのように述べています。「DC1000Bは、ホワイトボックスおよびブート用にM.2 NVMe SSDを利用するTier 1サーバーOEMの両方から、最先端のサーバー用に構築され、ローカルキャッシュドライブとしても構成可能です。」

DC1000Bは、最新のGen 3.0 x 4 PCIeインターフェイスと3D TLC NANDを使用した高性能なM.2(2280)NVMe SSDです。DC1000Bは、データセンターにコスト効果の高いブートドライブソリューションを提供し、サーバー利用に適した設計のSSDを購入するという安心感が得られます。高ボリュームのラックマウントサーバーでの内部ブートドライブとしての使用に加えて、電源喪失保護(PLP)機能を内蔵した高性能M.2 SSDが必要な専用システムでの使用に適しています。DC1000Bは、通常のクライアントSSDでは見られない、エンタープライズレベルの一貫性のある性能と低レイテンシー機能をもたらすように設計されています。

DC1000Bには240GBから480GBまでの容量が用意されています。15年間の限定保証と無料テクニカルサポートに加えて、Kingstonが誇る信頼性を備えています。詳細については、https://www.kingston.com/jpをご覧ください。

Data Center 1000BエンタープライズSSDの特徴と仕様
• M.2(2280)NVMeの性能:最大3.2GB/sおよび205K IOPSの圧倒的速度。
• 最適化されたサーバーブートドライブ:ブートワークロードに加えて、キャッシュやログ用途向けにも強化されています。
• オンボードPLP(Power Loss Protection):望ましくない電源障害発生時のデータ損失や破損の可能性を減らします。
• ドライブベイの最大化:ブートドライブを内部で移動させることで、フロントローディングドライブベイに追加のデータストレージ用スペースが生まれます。
• フォームファクター:M.2、22mm x 80mm(2280)
• インターフェイス:PCIe NVMe Gen 3 x 4
• 容量1:240GB、480GB
• NAND:3D TLC
• 自己暗号化ドライブ(SED):AES 256ビット暗号化
• シーケンシャル読み取り/書き込み:
o 240GB – 2,200MBs/290MBs
o 480GB – 3,200MBs/565MBs
• 定常時4k読み取り/書き込み2:
o 240GB – 111,000/12,000 IOPS
o 480GB – 205,000/20,000 IOPS
• TBW(合計書き込みバイト数)3:
o 240GB – 248TBW
o 480GB – 475TBW
• 読み取りレイテンシー(平均):161µs
• 書き込みレイテンシー(平均):75µs
• 電源喪失保護(電源キャップ):対応
• エンタープライズSMARTツール:信頼性追跡、利用統計、SSD残り寿命、ウェアレベリング、温度
• 耐久性:
o 240GB — (0.5 DWPD/5年)4
o 480GB — (0.5 DWPD/5年)4
• 消費電力:
o 240GB: アイドル時:1.82W 読み取り時平均:1.71W 書き込み時平均:3.16W
読み取り時最大:1.81W 書き込み時最大:3.56W
o 480GB: アイドル時:1.90W 読み取り時平均:1.74W 書き込み時平均:4.88W
読み取り時最大:1.81W 書き込み時最大:5.47W
• 保管温度:-40°C~85°C
• 動作温度: 0°C~70°C
• 寸法:80mm x 22mm x 3.8mm
• 重量:
o 240GB – 8g
o 480GB – 9g
• 振動(動作時):2.17Gピーク(7~800Hz)
• 振動(非動作時):20Gピーク(10~800Hz)
• MTBF:200万時間
• 保証/サポート5:5年限定保証、無料テクニカルサポート付き


Kingston DC1000B
部品番号 容量
SEDC1000BM8/240G 240GB Data Center DC1000B NVMe SSD
SEDC1000BM8/480G 480GB Data Center DC1000B NVMe SSD

1 Flashストレージデバイスの容量の一部はフォーマッティングその他の機能に使用されるため、データストレージには使用できません。そのため、データストレージに使用できる実際の容量は製品に記載の容量よりも少なくなります。詳細については、https://www.kingston.com/jp/flashguideでKingstonの「Flash Guide(フラッシュメモリガイド)」をご覧ください。
2 作業負荷が定常状態に達した際の測定値。ただし、通常動作とデータの信頼性に必要なすべてのバックグラウンド活動が含まれます。
3TBW(合計書き込みバイト数)はJEDEC Client Workload(JESD219A)から導かれます。
4DWPD(1日当たりのドライブ書き込み回数)はJEDEC Enterprise Workload(JESD219A)から導かれます。
5 5年間または「SSD Life Remaining(SSDの残り寿命)」に基づく限定保証。残り寿命はKingston SSD Manager(kingston.com/SSDManager)を使用して確認いただけます。新品未使用の製品では摩耗インジケーター値が100を示しますが、プログラム消去サイクルの耐久限度に達した製品では、摩耗インジケーター値が1を示します。詳細については、https://www.kingston.com/jp/company/warrantyをご覧ください。


Kingstonの公式アカウント:
Twitter:https://twitter.com/KingstonJapan
YouTube:http://www.youtube.com/user/KingstonAPAC

Kingston Technologyについて

デザインインにも受託製造にも対応するKingstonは、ビッグデータからノートパソコンやPC、スマートテクノロジーやウェアラブルテクノロジーといったIoTベースのデバイスまで、生活や仕事、遊びに使用されるソリューションを提供します。世界最大のPCメーカーやクラウドをホストする企業が、その製造力をKingstonに頼っています。当社の情熱が、世界中で日々使用されているテクノロジーを進化させる原動力となっています。当社は製品を超えたより広い視点から、お客様のニーズを満たし、違いを生み出すソリューションを提供するために取り組んでいます。「いつでもどこでも、Kingstonがあなたをサポートします」詳細については、 Kingston.comをご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

 

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2021 | 2020