Kingston、限定版 Badminton USBメモリの日本での発売開始を発表

  • 日本のスポーツの強さを体現する、他にはないコレクター仕様のUSBメモリ

 

台湾・台北市、2020918メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、限定版 Badminton USB メモリの日本での発売開始を発表しました。記憶に残る瞬間を生み出す、日本で愛されているスポーツの1つであるバドミントン。Kingstonは、その人気を反映する独自のデザインを採用してこのバドミントン型USBメモリを開発しました。BWF(バドミントン世界連盟)の世界ランキング上位に多くの日本選手がいること、オリンピック試合での多数のメダル獲得など、このスポーツでの日本の活躍を記念して作られた、コレクター仕様のUSBメモリです。

 

バドミントンの羽根にヒントを得て、魅力的なひねりを加えた限定版のUSBメモリ。ミニマルなデザイン、繊細な羽根のパターン、なめらかな手触りがKingstonのクラフトマンシップと品質を表現しています。鮮やかな赤色のKingston Rexのゴム製タグアクセサリーが付属し、鍵やバックパックに取り付けてどこにでも持ち運ぶことができます。64GB1の容量とUSB 3.2第1世代2 のパフォーマンスを備えているため、さまざまな用途に使用可能。いつどこにいてもお気に入りの思い出を記録することができるため、スポーツファンへのギフトにも最適です。

 

「バドミントンは日本で大きな影響力を持つスポーツです。多くの才能ある選手が活躍し、世界中の注目を集めています。Kingstonはメモリ製品のトップブランドとして、バドミントンファンに敬意を表し、このスポーツの理念とKingstonのメモリへの約束を体現するUSBメモリを開発しました。」こう語るのは、Kingstonのセールスおよびマーケティング担当VPであるKevin Wuです。「この限定版USBメモリの発売を通じて、皆さんが思い出の瞬間を作り、バドミントンをプレイする楽しい時間を記録に残していただければと思います。」

 

Kingston 限定版 Badminton USB メモリは、Amazonで9月18日から希望小売価格(税込み)2,980円で販売されます。バドミントンUSBメモリは、5年保証と無料技術サポートに加えて、Kingstonが誇る信頼性を備えています。

 

詳細については、http://kings.tn/BadmintonUSBDriveをご覧ください。

購入ページ:https://amzn.to/33wnunf

 

Kingston 限定版 Badminton USB メモリの仕様

容量164GB

速度2USB3.2第1世代の速度

寸法:34 x 34 x 36(mm)  

動作温度:-0°C~60°C

保管温度:-20°C~85°C

保証/サポート:5年保証、無料技術サポート付き

互換性: Windows® 10、8.1、8、7(SP1)、Mac OS(v.10.10.x +)、Linux(v. 2.6.x +)、Chrome OS™

 

1 Flashストレージデバイスの容量の一部はフォーマットおよびその他の機能に使用されるため、データストレージには使用できません。そのため、データストレージに使用できる実際の容量は製品に記載の容量よりも少なくなります。詳細については、kingston.com/flashguideでKingstonの「Flash Memory Guide(フラッシュメモリガイド)」をご覧ください。

2 USB 3.2第1世代の性能を発揮するには、USB 3.2/ 3.1/ 3.0ポートを備えたホストデバイスが必要です。

Kingston Technologyについて

デザインインにも受託製造にも対応するKingstonは、ビッグデータからノートパソコンやPC、スマートテクノロジーやウェアラブルテクノロジーといったIoTベースのデバイスまで、生活や仕事、遊びに使用されるソリューションを提供します。世界最大のPCメーカーやクラウドをホストする企業が、その製造力をKingstonに頼っています。当社の情熱が、世界中で日々使用されているテクノロジーを進化させる原動力となっています。当社は製品を超えたより広い視点から、お客様のニーズを満たし、違いを生み出すソリューションを提供するために取り組んでいます。「いつでもどこでも、Kingstonがあなたをサポートします」詳細については、 Kingston.comをご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

 

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2021 | 2020