Kingston、次世代型SSDNow Vシリーズ・ドライブをリリース

SSDNow V300
  • 高性能でコスト効率に優れた SSDNow V300 ソリッドステート・ドライブを一般ユーザー向けに提供
  • カスタム設計によるLSI SandForce フラッシュ・ストレージ・プロセッサ・ソリューションを採用

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーのKingston Technologyは11月15日、同社の製品内で最もコスト効率に優れた、次世代型SSDNow V シリーズ・ソリッドステート・ドライブの出荷を開始した事を発表しました。これによりKingstonのSSDNow V300はコストを気にしながら、既存のデスクトップPCやノートブックPCの性能を高めたいと思っている一般ユーザーに強力なアップグレード・ソリューションを提供することが可能になります。

SSDNow V300は7200 rpmのハードディスク・ドライブよりも10倍高速に動作します。同社向けにカスタム設計されたLSI社のSandForce Flash Storage Processor (FSP)ソリューションと、業界をリードする最適化された19nm NANDフラッシュメモリを採用し、順次読み出し/書き込み速度は最高450MB/sに達します。クラス最高のメモリ部品を使用したSSDNow V300は、初めてSSDを使用するユーザーにも、また既存のシステムをアップグレードしたいと考えているユーザーにも、SSD関連の2つの大手ブランドによって実現された高品質、高性能、低価格のメリットを提供します。

LSI社でフラッシュ・コンポーネント事業部の製品マーケティングのシニアディレクターを務めるケント・スミス(Kent Smith)氏は「LSI社はKingstonと協力して、コスト効率に優れたSSDNow Vシリーズのためにカスタム設計された高性能なソリッドステート・ドライブ・ソリューションを提供しています。我々の好評の製品であるSF-2281 Client FSPはKingstonの顧客にエンタープライズ・クラスの機能と強化された日常的コンピューティング体験を提供します。このSSD製品は初めてのSSDユーザーにとって特に素晴らしいソリューションとなるでしょう。」と語っています。

当社でAPAC地域フラッシュメモリ販売ディレクターを務めるネイサン・スー(Nathan Su)は「我々はその時に出来る最高の価格性能比でSSDを提供することを使命としています。我々はこの使命を次世代型SSDNow V300で再び達成しました。SSDNow V300 は、手持ちのシステムをより高速化したいと思っているユーザーに最高のコスト効率でアップグレードする手段を提供します。ユーザーは起動時間やシャットダウン時間の大幅な短縮を体験し、複数のアプリケーションを開いた場合はシステム性能が格段に高められていることを実感するでしょう。」と語っています。

SSDNow V300はドライブ単体と、デスクトップおよび/またはノートブック・システム用のクローニング・ソフトウェアとその他のアクセサリを含むアップグレード・キットの両方の形状で、3年間の保証と無料テクニカルサポートおよびKingston伝統の高信頼性保証つきで提供されます。

10x faster than a standard 7200 RPM hard drive

PCMark Vantage, Advanced Edition HDD Test Suiteによるテスト結果。テストシステムは、Dell XPS 8500, Intel H77 Chipset, Intel® Core&trame; i7-3770 CPU, 8GB システム・メモリから構成されている。SSDは画期的な性能に基づく結果を備えた主ドライブとしてテストされた。このSSDはデスクトップPCやノートブックPC向けに設計されており、サーバー環境での使用は意図されていない。

Kingston SSDNow V300の特長と主な仕様:

  • 形状ファクタ:2.5" HDDと同等
  • インタフェース: SATA Rev. 3.0 (6Gb/s) – SATA Rev. 2.0 との後方互換性も確保
  • 容量1: 60GB、120GB、240GB
  • 順次読み出し2:SATA Rev. 3.0 —最高 450MB/s
  • 順次書き込み2: SATA Rev. 3.0 — 最高 450MB/s
  • 最高ランダム読み出し/書き込み速度3
    60GB — 最高 85,000/最高 60,000 IOPS
    120GB — 最高 85,000/最高 55,000 IOPS
    240GB — 最高 85,000/最高 43,000 IOPS
  • PCMark® Vantage HDD Suite スコア
    60GB — 39,000、120GB — 49,000、240GB — 57,000
  • 消費電力:
    0.640W (MAX) アイドル時 / 1.423W (MAX) 読み出し時 / 2.052W (MAX) 書き込み時
  • 保存温度範囲: -40°C ~ 85°C
  • 動作温度範囲: 0°C ~ 70°C
  • 寸法: 69.8mm x 100.1mm x 7mm
  • 重量: 86g
  • 動作時耐振動性:2.17G Peak (7–800Hz)
  • 非動作時耐振動性: 20G Peak (10–2000Hz)
  • 予測寿命:MTBFで1 00万時間
  • 保証/サポート:3年間の保証、無料テクニカルサポートつき
  • Total Bytes Written (TBW)4
    60GB — 32TB、120GB — 64TB、 240GB — 128TB

1 表示されている容量の一部はフォーマッティングやその他の機能に使用されるため、すべてがデータ保存のために利用できるわけではありません。そのため、実際にデータ保存のために利用可能な容量は製品上に表示されている容量よりも少なくなります。詳細情報はキングストン社Webサイトの「フラッシュ・メモリ・ガイド」、kingston.com/flash_memory_guideください。
2 ATTO Disk Benchmark 2.41と“out-of-box performance”速度は、ハードウェア、ソフトウェア、および使用状況をホストによって異なる場合があります。
3 IOMeter社の “out-of-box performance”に基づく。
4 Total Bytes Written (TBW) は、ドライブが耐用限界に達するまでにどれだけのデータを書き換えできるかを表す。

Kingston SSDNow V300 ソリッドステート・ドライブ††
製品型番 容量と特長
SV300S37A/60G 60GB 単体 V300 SSD
SV300S37A/120G 120GB 単体 V300 SSD
SV300S37A/240G 240GB 単体 V300 SSD
SV300S3D7/60G 60GB デスクトップ・アップグレード・キット
SV300S3D7/120G 120GB デスクトップ・アップグレード・キット
SV300S3D7/240G 240GB デスクトップ・アップグレード・キット
SV300S3N7A/60G 60GB ノートブック・アップグレード・キット
SV300S3N7A/120G 120GB ノートブック・アップグレード・キット
SV300S3N7A/240G 240GB ノートブック・アップグレード・キット

††価格については最寄りのキングストン社製品取扱店、代理店にお問い合わせください。

Kingstonは、2012年で創業25周年を迎えました。Kingstonは、1987年10月17日に設立され、世界最大のサードパーティメモリメーカーへと成長しました。Kingstonの25周年を記念したビデオおよびKingstonの歴史などさらなる情報はWebサイトhttp://www.kingston.com/jp/company/25_yearsをご覧ください。
また、HyperX高性能メモリ・モジュールは2002年11月のリリース以来10年を経過する程、長きにわたってご愛顧いただいている製品となっています。

 

Kingston Technology Company, Inc. について

Kingston Digital, Inc. (“KDI”) は、メモリ製品の世界最大の独立メーカーです。KDI は 2008 年に創立され、アメリカ・カリフォルニア州、Fountain Valley に本社を構えています。詳しくは、“kingston.com”をご覧ください。

編集者のメモ:

詳しい情報や、評価ユニット、エグゼクティブインタビューについては、Kingston Technology Far East Co. Ltd. (Asia Headquarters) No. 1-5, Li-Hsin Rd. 1, Science Park, Hsin Chu, Taiwan, R.O.C. にお問い合わせください。プレス向けの画像は Kingston プレス・ルーム (kingston.com/company/press/) をご覧ください。

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2018 | 2017