マイクロチップの回路基板の上のセキュリティロックアイコンを丸で囲んだイラスト

SSD のアップグレードをお考えですか?自己暗号化 SSD でコンピュータのセキュリティもアップグレードしましょう

コンピュータのストレージとセキュリティを同時にアップグレードできますか?

IT 資産の寿命を延ばすために、業務用のノートパソコンや PC を買い替えるよりも、アップグレードを選択する企業が増えています。ストレージの追加やパフォーマンス向上のためにアップグレードする際には、システムセキュリティのアップグレードを検討することも大切です。

ハードウェアベースの暗号化付きの SSD へのアップグレード

HDD からの移行を検討する場合も、単に容量や速度を増強したい場合も、組み込み暗号化付きの SSD へのアップグレードには複数のメリットがあります。

ハードウェア暗号化 SSD のメリット

会社の業務用 PC とノートパソコンを SSD にアップグレードすると、SATA で最低限のパフォーマンスを確保する場合や、NVMe を使ってピークパフォーマンスを上げる場合のどちらでも、アプリケーションの起動時間を速くできます。さらに、HDD の同等機種と比べて、省電力でありながら、信頼性が高く、熱を発生せず、作動時も静かです。

これは、いくつかの理由で重要です。ハードウェア暗号化では、暗号化と認証のプロセスがシステムから分離せずに SSD の中だけで完結するため、ソフトウェア暗号化だけの場合よりも堅牢にセキュリティを確保できます。言い換えると、暗号化プロセスで CPU の貴重な帯域幅を消費しないため、他のアプリケーションのパフォーマンスが上がり、データの暗号化と復号化の時間がさらに短くなります。

ソフトウェアとハードウェアベースの暗号化の比較

当社では違いを示すため、自己暗号化 SSD* のテストを行いました。下に示すとおり、ハードウェアベースの暗号化 SSD を使用した場合、ソフトウェア暗号化のみの場合より、SSD の暗号化/復号化にかかる時間がはるかに短くなります。

Kingston KC2500 SSD におけるソフトウェアとハードウェアの暗号化と復号化のテスト結果を比較したデータ

これを IT 資産全体で累積すると、短縮される時間はかなりの値になります。

ハードウェアベースの暗号化付きの SSD への切り替え

SSDは、IT 資産を低コストな方法で将来に備えて強化したりパフォーマンスを向上させる場合に重要な役割を果たし、組織のハードウェアをより効率的に使いこなせるようになります。そのうえで、ハードウェアベースの暗号化機能を搭載した SSD を使用すれば、これらのメリットがさらに増える一方で、セキュリティポリシーを強化可能なツールが手に入ります。

SSDの専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する
専門家に照会する

Kingston 暗号化 SSD の詳細

関連記事

COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。