回路基板の配線とチップのイラストと、その上に描かれた雲形の輪郭線とSDSの文字

Kingston SSDは、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)ソリューションに最適のハードウェア

データストレージソリューション

宇宙から見た夜の地球と光の抽象化3Dモデル、垂直の光線、および回路基板の配線のシンボル

全世界の企業では、特にそのデータセンターで、組織のあらゆる面をカバーするデジタル変革が迅速に進行中です。
このプロセスではITリーダーが、アプリケーションやデータをクラウドに移行し、オンプレミスインフラをソフトウェア定義することが推奨されています。

SDS とは何か

ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ストレージ関連タスクを制御するプログラムが、物理的なストレージハードウェアから分離されているデータストレージとして一般的には定義されます。
ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)とソフトウェア定義データセンターなどが、全体的な傾向として挙げられます。

データ成長に伴う需要の増大

現在、多くのデータセンターは1日あたりペタバイト単位のデータを処理しており、従来のストレージ設備は容量需要の急増への対応に苦心しています。

このインフォグラフィックでは、SDS環境でSSD(ソリッドステートドライブ)によってパフォーマンスや信頼性を向上する方法について、知見を提供します。

サーバーSSDの専門家に照会する

Kingstonでは、お客様のストレージ環境でエンタープライズSSDにどのような利点があるか、高速ランダム読み取り/書き込みIOPSパフォーマンスのバランスを取る必要のあるワークロードにはどのSSDが最適かなどについて、中立的な立場から意見と助言を提供できます。

専門家に照会する
SSDの専門家に照会する

Kingstonのエンタープライズ用ストレージソリューションのラインアップを紹介します

エンタープライズSSDの詳細


COVID-19が弊社の業務に与えた影響については、 こちら をクリックしてください。