Kingston Technology’s Statement In Support of Ukraine - Learn More

IronKey EMSクラウドサービスのサポート終了(EOL)の発表

当社のパートナーであるDataLockerIncがホストするIronKeyEMSクラウド管理システムは、2023年1月1日に設定されたサポート終了(EOL)プロセスで開始されました。このプロセスの一環として、以下のIronKey EMSデバイスは、以下の3つの段階にわたってIronKey EMSクラウドサービスによってサポートされなくなります。

第1段階

2021年1月1日から、すべてのレガシー・デバイス・モデル(以下にリストされる)は、アクティブ化からブロックされます。

第2段階

2022年2月2日から、すべてのレガシーデバイストラフィックおよび管理機能(パスワードリセット、デバイス再許可、デバイスデトネーションなど)が完全に非推奨になります。

第3段階

2023年1月1日、すべてのIronKey EMSクラウドサービスは、永久的にシャットダウンされます。残りのアクティブなライセンスは、DataLocker SafeConsoleManagementシステムに転送できます。

IronKeyレガシーデバイスモデルの影響(第1段階および第2段階)

  • S100
  • S200
  • D200
  • S250
  • D250
  • W500
  • W700
  • W700-SC

KingstonのIronKey Encrypted USBデバイスの現在のラインを表示するには、以下のリンクをご覧ください。

https://www.kingston.com/jp/usb-flash-drives?use=data%20security

Kingstonの製品ラインであるIronKey Managedドライブ(例えば、IronKey D300SMおよびS1000E)は、SafeConsoleですぐに使用できます。Kingstonはまた、より古いファームウェアで構成されたS1000Eドライブ、およびSafeConsole Managementを追加するための以前のシリーズD300Mドライブなど、より古いモデルのアップデータを提供することもできます。

免責事項:この情報は、2020年4月現在のDataLockerから開示された計画に基づいています。最新のアップデートについては、DataLockerのWebサイトをご覧ください。DataLocker