support category gaming memory
ゲーミングメモリ

ゲーミングメモリ - サポート

ビデオ

vqNuzLxuxdk 2:20

ノートパソコンにメモリを取り付ける方法

C osLuzsXOs 2:25

デスクトップパソコンにメモリを取り付ける方法

747810577 7:50

Kingston FURY CTRL ソフトウェアデモ

Kingston FURY メモリモジュールを持っている Trisha 5:04

オーバークロックの基礎

よく寄せられる質問

Yes, Kingston’s FURY Beast DDR5 with EXPO profiles are certified with AMD on their 600 series AM5 motherboards, much the same as we do with Intel XMP. Our EXPO parts can also be found on the QVLs of AM5 motherboard vendors.

FAQ: KTM-10100-EXPO-01

上記の内容はお役に立ちましたか?

With Kingston FURY DDR5 memory kits already on the market based on Intel XMP 3.0, most motherboard vendors enabled support to make these compatible with their AMD AM5 systems. To further prevent compatibility issues, Kingston’s engineers included two Intel XMP 3.0 profiles on each Kingston FURY Beast w/EXPO module and kit, just in case they are plugged into an Intel DDR5 system. Note that Kingston FURY Beast w/EXPO modules and kits are not Intel XMP Certified, due to the presence of EXPO profiles

FAQ: KTM-10100-EXPO-02

上記の内容はお役に立ちましたか?

ご存知のように、このメモリは弊社他メモリ製品ラインと比べて、シビアなタイミングで動作するように製造されています。 Kingston HyperXモジュールは、PC上級者の厳しい要求に応えるため、特別な設計および製造が施されています。 HyperXはユーザーに、高速動作、低レイテンシー、高データ帯域、そして低電力消費を提供いたします。 HyperXメモリの使用に際しては、BIOSが適切にメモリを認識するために手動でBIOSレベルで以下のタイミング値を設定していただかなくてはいけないことがあります。 しかしながらマザーボードに依存する部分があり、かならずしもこれが保証になるわけではありません。 このメモリは特定のシステムとの互換性を確認しておらず、弊社としてもお使いのコンピュータとの互換性を確認することはできません。

タイミング値を設定する前に、他の障害の可能性を排除するためにBIOSをデフォルトの値に設定することをお勧めします。 適切にメモリを検出するのをBIOS側が邪魔している可能性があるので、タイミング値を設定したあとモジュールが正常に動作しない場合は、BIOSを最新にしてみることもお勧めします。 BIOSのダウンロードはお使いのマザーボードの製造元ウェブサイトから行えます。 取り付けたメモリの速度にマザーボードが対応しているか、プロセッサの説明書をご確認ください。

メモリを正常にオーバークロックできない場合は、テクニカルサポート部門にお問い合わせください。ご使用のシステムに対応するメモリモジュールをお探しするお手伝いが可能です。また、次のサイトにアクセスしてメモリを検索することもできます:

http://www.kingston.com/jp/memory

FAQ: KTM-021011-HYX-01

上記の内容はお役に立ちましたか?

たいていのマザーボードは「Command Rate」を自動的に設定するようになっており、ユーザーが手動で設定することを許可していません。

FAQ: KTM-021011-HYX-05

上記の内容はお役に立ちましたか?

BIOSの中に、HyperXメモリ用レイテンシータイミングとしてキングストンが記載した以外のタイミングがある場合、デフォルト設定のままにしておいてください。

FAQ: KTM-021011-HYX-06

上記の内容はお役に立ちましたか?

タイミング 定義 略語 アクション
10 CASレイテンシー CL 列をアクティブにして、データを列から読み出すまでの時間差
11 RAS to CAS (行から列へ移行する時間差) trcd 列をアクティブにする。
12 Row Precharge Delay (またはRAS Precharge Delay) trpまたはtRCP 列を非アクティブにする。

CAS latency:
CASレイテンシーは、メモリの列アクセス時間を現在のシステムクロックで割ったものです。 列アクセス時間は定数となるため、お分かりの通り、システムクロックが大きくなると、低CASレイテンシーを維持するのが困難になります (例 分母が大きくなっても、分子は同じ値を保たなくてはいけないため)。

RAS-to-CAS:
これは行アドレス信号および列アドレス信号間のレイテンシーにです。 基本的には、行メモリアドレスおよび列メモリアドレスへのアクセス間の遅延です。

Row Precharge Delay:
プリチャージコマンドおよびアクティブコマンドを発行する際にかかるクロックサイクル数です。 この間に、センスアンプがチャージを行い、バンクがアクティブになります。

*上記参考例より、数字が小さいほどアクセスが速くなることがお分かりいただけると思います。

FAQ: KTM-021011-HYX-09

上記の内容はお役に立ちましたか?

Kingston FURY/HyperX memory is built with aggressive settings. Not all systems will be able to run at these aggressive settings.

Please verify that your memory module is compatible with the specific Intel or AMD chipset on your motherboard. If your memory uses XMP/EXPO profiles for overclocking, change the memory settings in your BIOS to “auto” and/or clear the CMOS to return it to default settings. If the memory fails at the default settings, please contact our technical support for assistance.

Note: Kingston FURY Renegade and HyperX Predator modules feature two overclock profiles (XMP/EXPO). Profile 1 is the most aggressive, and the advertised speed of the part. Profile 2 is less aggressive, in case the first profile is too extreme for your system. Some DDR5 XMP parts feature a third profile that is less aggressive than Profile 2.

FAQ: KTM-030615-HYX-10

上記の内容はお役に立ちましたか?

Most Kingston FURY/HyperX memory use XMP/EXPO profiles to overclock. These modules ship from the factory at JEDEC standard values. Some systems do not support overclock speeds and latencies upon first installation, so in order to give every customer the best experience, Kingston sets the module to the JEDEC standard values, giving the user the choice to overclock using the XMP/EXPO profiles if the system supports it. The XMP/EXPO profile can then be enabled within the system BIOS.

Plug-N-Play (PnP) modules featured under FURY Beast and Impact product lines ship from the factory with the advertised overclock speed and latency programmed as the default values. If the system is not able to run at the overclocked PnP settings, the system will default to the JEDEC standard timings. FURY Beast and Impact, using the PnP method of overclocking, also feature an XMP profile that matches the advertised speed and latency. This can be used to force the system to overclock the memory if it does not overclock automatically.

FAQ: KTM-030615-HYX-03

上記の内容はお役に立ちましたか?

Kingston FURY/HyperX RGB DIMMs come from the factory featuring a default rainbow wave pattern, which will work on any DDR4/DDR5 motherboard. To change the color or pattern, download FURY CTRL here or use your motherboard's RGB software application. Kingston has worked with ASUS, ASRock, Gigabyte, and MSI to enable color and pattern changes through their respective RGB applications. Please check your motherboard’s compatibility with Kingston FURY/HyperX RGB memory, as not all models or chipsets support the ability to customize the RGB effects (effects may be limited). Please contact the motherboard manufacturer for questions or issues regarding their RGB software application.

FAQ: KTM-060818-HYX-11

上記の内容はお役に立ちましたか?

AMD Ryzen AM4 processors override the Plug N Play feature of Kingston FURY Beast and Impact memory, forcing them to run at slower speeds or timings out of the box. To enable the advertised speed, Profile 1 must be selected within the BIOS. This will force the Plug N Play speed and timings. Note that not all AMD Ryzen processors will support all speeds. Check with your motherboard manufacturer for a list of tested overclock speeds.

FAQ: KTM-060818-HYX-12

上記の内容はお役に立ちましたか?

Only select motherboards can achieve speeds of DDR4 at 4000MT/s and above, typically limited to Dual or Quad channel configurations with only one memory bank group populated (one K2 or K4 kit) also known as one Dimm per channel (1DPC). We recommend checking the memory Qualified Vendor List (QVL) of the motherboard manufacturer to verify the extreme Predator DDR4 kit is supported, and in which configuration/sockets. You can also check the Intel XMP certified memory list here for verified systems with the Predator DDR4 kits.

Since the memory controller resides within the Intel processor, it’s critically important to use premium cooling for the CPU and the system case for improved stability. We recommend Intel X or K series processors as well. You can find a list of these models here.

FAQ: KTM-060818-HYX-13

上記の内容はお役に立ちましたか?

Be sure you have the latest version of Kingston FURY CTRL installed. To ensure no other software is conflicting with FURY CTRL, please shut down or end task any other RGB control software running in the background. PLEASE NOTE: Some chipsets are not compatible with FURY CTRL, such as Intel X99 and Intel C621.

FAQ: HX-001001-NG-114

上記の内容はお役に立ちましたか?

The Kingston FURY CTRL application, downloadable here, can customize the RGB LED lights and patterns featured on Kingston FURY/HyperX RGB memory modules.

FAQ: KT-001001-CTRL-100

上記の内容はお役に立ちましたか?

はい。Kingston FURY CTRL アプリケーションは、Kingston FURY RGB メモリモジュールと、レガシーの HyperX RGB メモリモジュールの両方をサポートする予定です。

FAQ: KT-001001-CTRL-101

上記の内容はお役に立ちましたか?

はい。HyperX NGENUITY で Kingston FURY RGB メモリモジュールをカスタマイズ可能なことは、すでに確認済みです。しかし、HyperX によるメモリの RGB カスタマイゼーションのサポートは、開発元の都合により中止される可能性があります。
そのため、Kingston では FURY RGB ライティングのカスタマイズのサポートと、レガシーの HyperX RGB メモリモジュールのサポートを行う FURY CTRL を開発しました。また、FURY CTRL には、NGENUITY にない新機能も組み込まれています。

FAQ: KT-001001-CTRL-102

上記の内容はお役に立ちましたか?

はい。同時に使用可能です。しかし、予測不能なソフトウェアの競合が原因で、ライティング効果が安定しなくなる可能性があります。
メモリのライティングのカスタマイズに Kingston FURY CTRL を使用している場合は、HyperX NGENUITY のメモリ RGB 制御機能を無効にすることをおすすめします。

FAQ: KT-001001-CTRL-103

上記の内容はお役に立ちましたか?

At this time, it’s unknown how HyperX will change NGENUITY in the future. Kingston moved forward with creating our own RGB application (e.g., FURY CTRL) to prevent loss of support should HyperX make any changes to NGENUITY.

FAQ: KT-001001-CTRL-104

上記の内容はお役に立ちましたか?

Kingston FURY CTRL features an arsenal of RGB effects to customize your system.

Beast/Renegade DDR5 RGB and Beast Special Edition DDR4 RGB: Rainbow, Prism, Spectrum, Slide, Wind, Static, Lightspeed, Rain, Firework, Breath, and Dynamic. With four modules installed, these additional patterns are enabled: Teleport, Flame, Voltage, Countdown, and Rhythm.

Beast/Renegade/HyperX DDR4 RGB: Bounce, Breathing, Rainbow, Comet, Blink, Solid, Heart Beat, Cycle.

FURY CTRL also features a new function not present in NGENUITY, the color customization of individual LEDs with multiple lighting effects and changing the direction of the lighting (on select patterns). FURY CTRL features a low-power mode which dims the lighting to 10% brightness, and XMP/EXPO profiles can be seen when with DDR5 modules.

FAQ: KT-001001-CTRL-105

上記の内容はお役に立ちましたか?

Kingston の IR Sync 技術は、弊社のメモリモジュール独自のハードウェアベースの機能で、RGB カスタマイズソフトウェア(Kingston、HyperX、または他ブランドの RGB)に依存せずに作動します。

FAQ: KT-001001-CTRL-106

上記の内容はお役に立ちましたか?

No, Kingston FURY CTRL can be downloaded here from the Kingston website.

FAQ: KT-001001-CTRL-107

上記の内容はお役に立ちましたか?

Kingston FURY CTRL v2.0+ supports all the latest two and four socket DDR4 and DDR5 Intel and AMD based motherboards from ASRock, ASUS, Gigabyte, and MSI. Four and eight socket HEDT (High-End Desktop) motherboards, such as AMD TRX40 and Intel X299 are supported as well. However, it's recommended to always check with the motherboard manufacturer to verify if RGB customization is supported on your specific model.

FAQ: KT-001001-CTRL-108

上記の内容はお役に立ちましたか?

はい。ASRock、ASUS、Gigabyte、および MSI 製の RGB ソフトウェアで Kingston FURY Beast RGB および FURY Renegade RGB がサポートされていることを検証済みです。マザーボードソフトウェアのパターンに応じて、多少の制限があります。

FAQ: KT-001001-CTRL-109

上記の内容はお役に立ちましたか?

Kingston FURY CTRL v2.0+ is available in 18 languages: English, German, French, Italian, Spanish, Spanish (Latin America), Polish, Traditional Chinese, Simplified Chinese, Japanese, Korean, Russian, Portuguese, Turkish, Thai, Vietnamese, Belize Creole English, and Bahasa Indonesia. Additional languages may be added soon in future updates.

FAQ: KT-001001-CTRL-110

上記の内容はお役に立ちましたか?

Windowsでは、[スタート]ボタンをクリックして[コントロールパネル]を開いてください。VistaおよびWindows7でクラシックビューを使用している場合は、[システム]を開いてください。こうすることで、搭載RAM容量を含む、コンピュータに関する基本的な情報が表示されます。

MacOSでは、デスクトップ左上隅にあるAppleメニューから[このMacについて]を選択します。こうすることで、お使いのMacの合計メモリ容量 (内蔵メモリおよび搭載済みDIMMまたはSIMM)に関する情報が表示されます。

Linuxでは、ターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してください。 cat /proc/meminfo

これにより、合計RAM容量およびその他メモリ情報が表示されます。

FAQ: KTM-012711-GEN-06

上記の内容はお役に立ちましたか?

まず最初に、お使いのノートPCに対応したメモリかどうかお確かめください。次のリンクから、キングストンのオンライン メモリ検索を参照してください。 www.kingston.com. 対応するメモリだと確認できた後、以下の手順をお試しください。

  1. メモリを取り付ける前に、まずはノートPCの電源を落としてバッテリーを取り外し、電源ケーブルを抜いてください。メモリをしっかりとソケットに取り付けてから、メモリを押し込み正しい位置に固定してください。バッテリーを取り付け、電源コードを差し込んでから、システムを起動してください。まだうまくいかない場合は、他のメモリスロットがある場合には、違う場所に差し込んでみてください。
  2. 推奨メモリを適切に取り付けたにも関わらず、まだPCが起動しない、もしくはメモリが認識されない場合は、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSをダウンロードしていただく必要があるかもしれません。

注: キングストンはBIOSをフラッシュしたことにより発生するいかなる問題の責任も負いません。BIOSのフラッシュは、トラブルシューティングとしての提案にすぎません。BIOSのフラッシュを行われるお客様は、ご自身の責任において行ってください。BIOSの更新方法に関する詳細は、コンピュータ製造元またはサードパーティのBIOS製造元により提供されております。キングストンでは対応しかねます。

FAQ: KTM-012711-GEN-12

上記の内容はお役に立ちましたか?

まず最初に、お使いのコンピュータCに対応したメモリかどうかご確認ください。次のリンクから、キングストンのオンライン メモリ検索を参照してください。 www.kingston.com.対応するメモリだと確認できた後、以下の手順をお試しください。
  1. コンピュータの電源を落とし、電源コードを抜いてください。
  2. 最も容量の大きいメモリモジュールを第1ソケットに差し込み、次に大きな容量から順にソケットに差し直してください。
  3. すべてのケーブルが正しく接続されたことをご確認ください。マザーボードに接続する必要のある電源コネクターの接続に失敗したり、誤ってハードドライブへのケーブルを外してしまっているかもしれません。
  4. 推奨メモリを適切に取り付けたにも関わらず、まだPCが起動しない、もしくはメモリが認識されない場合は、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSをダウンロードしていただく必要があるかもしれません。
注: キングストンはBIOSをフラッシュしたことにより発生するいかなる問題の責任も負いません。BIOSのフラッシュは、トラブルシューティングとしての提案にすぎません。BIOSのフラッシュを行われるお客様は、ご自身の責任において行ってください。BIOSの更新方法に関する詳細は、コンピュータ製造元またはサードパーティのBIOS製造元により提供されております。キングストンでは対応しかねます。

FAQ: KTM-012711-GEN-13

上記の内容はお役に立ちましたか?

メモリを追加することは、必ずしもお使いのコンピュータの性能を向上させる訳ではありません。より多くのプログラムを実行できたり、より多くのメモリを要求するプログラムを実行できるようになります。これまでに搭載されていたメモリ容量が、コンピュータで使用するプログラムやプロセスに対して不十分な量に近かった場合においては、性能向上が見られる可能性があります。

FAQ: KTM-012711-GEN-07

上記の内容はお役に立ちましたか?

デスクトップコンピュータの場合、電源を落とし、ケーブルを抜き、筐体をあけてください。 注意: より容量の大きいメモリをスロット1に取り付け、次に容量の大きいメモリから、スロット2から順に取り付ける必要があります。 正しくスロットを認識するには、お使いのマザーボードのマニュアルを参照してください。

図1で示されている通り、メモリモジュールを取り外してください。タブ (1) を外側に押すと、モジュールがゆっくりとスロットから飛び出します (2)。 スロットから完全に取り外してください。

新しいメモリモジュールを取り付けるには、図2を参照してください。 メモリソケットの両端にあるタブ (1) を外側に押し、メモリソケット (2)のキーとメモリの切り込みを合わせてからメモリをしっかりとソケットに押し込んでください。留め具がメモリを正しい位置に固定します (3)。 メモリが正しく取り付けられたのに、まだ検出されず、間違いなく正しい種類のメモリを使用しているのであれば、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSを入手しているかどうかお確かめください。

ノートPCの場合、メモリをノートPCに対して取り付ける前に、電源を落とし、バッテリーおよび電源コードを取り外す必要があります。 メモリをしっかりとソケットに押し、確実に接触させてください (メモリをしっかりと押すのは重要です) 。その後、正しい場所に固定されるよう押し込んでください (下記の図を参照) 。 メモリが取り付けられたら、バッテリーを本体に取り付け、バッテリーだけでなく電源コードを使用して電源を供給してください。 メモリが正しく取り付けられたのに、まだ検出されず、間違いなく正しい種類のメモリを使用しているのであれば、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSを入手しているかどうかお確かめください。

BIOS - Basic Input/Output System(基本入出力システム) はコンピュータのマザーボードにインストールされています。 最も基本的なオペレーションを制御し、コンピュータを起動しハードウェアを初期化する役目を負っています。 データは通常ROMチップに保存されており、BIOSを「フラッシュ」という動作で更新することができます。 BIOSを更新することでエラーが修正されたり、新しいCPUやメモリなどを含む新しいハードウェアに対応したりします。一般的にBIOSの更新はコンピュータ製造元のウェブサイトより入手可能です。

*注記: キングストンはBIOSをフラッシュしたことにより発生するいかなる問題の責任も負いません。 BIOSのフラッシュは、トラブルシューティングとしての提案にすぎません。 BIOSのフラッシュを行われるお客様は、ご自身の責任において行ってください。 BIOSの更新方法に関する詳細は、コンピュータ製造元またはサードパーティのBIOS製造元により提供されております。キングストンでは対応しかねます。

FAQ: KTM-012711-GEN-18

上記の内容はお役に立ちましたか?

キットとして販売されている製品 (製品番号に「K2」または「K3」と記載されています。例 – KVR400X64C3AK2/2G) は、デュアルまたはトリプルチャンネルのマザーボードで使用するために特別にパッケージングされています。 デュアルおよびトリプルチャンネル技術はマザーボード固有(チップセット内)の機能ですが、デュアルまたはトリプルチャンネル モードが適切に動作するためには、メモリモジュールはペアまたは3枚1組として取り付ける必要があります。 キットにパッケージされている同一モジュールならば、マザーボードがすべてのメモリモジュールに対してより広い帯域幅で単一のメモリとしてアクセスするため、最も効果的に動作します。 キングストンは、デュアルまたはトリプルチャンネル対応マザーボードに対しては、キットで販売されているモジュールの使用を推奨いたします。

FAQ: KTM-020911-GEN-19

上記の内容はお役に立ちましたか?

多くの場合、BIOS や診断プログラムはメモリバスの周波数を報告してきますが、これは DDR タイプのメモリの場合、半分の周波数になります。その名前が示すように、ダブル・データ・レートすなわち DDR のデータレートは、メモリバスの周波数の 2 倍になります。そのため、メモリバスの速度が 800MT/s で、あなたが DDR3-1600 メモリを使用している場合、RAM は正しい速度で実行されています。

FAQ: KTM-071015-GEN-20

上記の内容はお役に立ちましたか?

「静電気の放電」の短縮形で、ESD とは帯電した静電気の放電のことです。 ESD は、各個人がパソコンやハードウェアコンポーネントを損傷または破壊させる可能性のある現象の一つであるため、決して軽視すべきではありません。 あなたがカーペットの上で足を擦った時や、何らかの金属に触れた時に、静電気の放電が起こります。 ESD はユーザーが感電したことを感じないで発生する場合があり、またパソコン内部の作業している時やハードウェアを取り扱っている時に起こります。

ESD を防ぐ方法
ESD を防止する最良の方法は、接地用のリストストラップを着用するか、またはマットやテーブルの接地を行うことです。 しかし、ほとんどのユーザーはこれらのアイテムを使わないため、当社は ESD をできるだけ低減するために役立つ手順を以下に示します。
立って作業する – パソコンで作業する時は、常に立ったまま作業するように推奨します。イスに座ると、静電気の発生量が増加します。
各種コード - パソコンの背面の接続ケーブル (電源ケーブル、マウスケーブル、キーボードのケーブルなど) をすべて外してください。
服装 - ウールのセーターなどの静電気が帯電しやすい服を着ないようにしてください。
アクセサリ - ESD の低減や、その他の問題の防止に役立つ良い方法の一つは、身に付けているすべての宝飾品を外すことです。
天候 - 落雷は ESD のリスクを高めます。落雷が起こっている時は、絶対に必要な場合を除き、パソコンでの作業を行わないようにしてください。 非常に乾燥した地域では、絶縁された表面を流れる (風、エアコン、扇風機/換気扇からの) 気流が発生すると、空気そのものが静電気の発生機構になります。 湿度を高くして静電気の放電を防ぐという考えは間違っており、接続部や他の電気的なインタフェースでの腐食の問題に留意してください。

ESD の詳細や、お手元の電子部品を保護する方法については、以下のサイトをご覧ください。

ESD Association
http://www.esda.org/aboutESD.html

FAQ: ESD-SSD-001

上記の内容はお役に立ちましたか?

Still Need Assistance?

技術サポートに電話する

Monday-Friday 6 a.m.-6 p.m. PT

+1 (800)435-0640

Chat With Support

チャットを始める