サポート

Videos
xsFGrEyASgo.png

How to Install an SSD in a silver tower Mac Pro | Kingston solid-state drives

J436YKPIhLA.png

How to Install an SSD in a Mac Book Pro or MacBook

I-4ykVgrKss.png

Installing a SSD in a Notebook PC

th4OpOipMZA.png

デスクトップおよびノートパソコン用 SSD データの移行

i44hWH0bBJc.png

ノートブック専用 SSD ハードウェアのインストール

More video

よく寄せられる質問
General USB FAQs
オペレーティングシステム exFAT 対応  パッチのダウンロード
Windows 7 標準対応
Windows Vista Service Pack 1 または2にアップデートしていただく必要があります(どちらもexFAT対応) Service Pack 1のダウンロード (exFAT対応)ServicePack 2のダウンロード (exFAT対応)
Windows XP(Service Pack2 または3) exFAT対応パッチアップデートが必要 以下のパッチを適用するには、ServicePack 2 または3がインストールされている必要がありますexFAT対応パッチアップデート
Mac OS X Mac OS X 10.6.6以降が必要

KGF-022811-GEN-02

FAQ: KGF-022811-GEN-02
General SSD FAQs

すべてのSSDはRAID構成にてお使いいただけます。しかしながら、耐久性に関する仕様の関係上、RAID構成には特定の製品番号を使用するようにしてください。サーバー用途に関しては、キングストンまでお問い合わせいただき、お客様の負荷状況に応じて最良のキングストン製SSDを決定いたします。

FAQ: KSD-052511-GEN-17

Self-Monitoring, Analysis, and Reporting Technology (自己監視分析報告機能、S.M.A.R.T.)はハードドライブおよびSSDに内蔵された自己監視機能です。ユーザーがデバイスの状態を監視することができます。S.M.A.R.T.機能用に特別に設計された監視ソフトウェアを通じて行われます。弊社SSDNowドライブはすべてS.M.A.R.T.に対応しております。

FAQ: KSD-011411-GEN-10

一部SSDNowドライブで性能低下が報告されています。旧式のSSDドライブで効果的なガーベージコレクションが実装されていない場合、SSDドライブの性能は時間とともに低下していきます。これは、システムがすでに削除フラグが付けられたデータを上書きする際の方法に起因します。

ドライブを完全に削除する場合はHDDEraseなどのSecure Eraseツールを用いて、ドライブを初期状態に復旧してください。

FAQ: KSD-011411-GEN-12

Kingstonはお客様の個人情報を機密かつ安全に保管することの重要性を熟知しており、保証契約の下に修理や交換を要するSSD (ソリッドステートドライブ) が当社のRMA施設に返送された場合、適正な措置をとってお客様の個人情報を守ります。修理センターに到着したSSDは綿密なテスト工程を経ていきます。テストの第一工程では、ATA Secure Erase (ATA安全消去) を行ってSSDからすべてのデータと情報を消去します。ATA Secure Eraseは、ユーザーの機密データを安全に消去する技術であり、National Institute of Standards and Technology (NIST 800-88) が連邦法の下に認定したものです。SSDが機能不能のため、ATA Secure Erase処理が不可能な場合、解体後、NANDフラッシュメモリが破壊されます。

FAQ: KSD-022411-GEN-15

「静電気の放電」の短縮形で、ESD とは帯電した静電気の放電のことです。 ESD は、各個人がパソコンやハードウェアコンポーネントを損傷または破壊させる可能性のある現象の一つであるため、決して軽視すべきではありません。 あなたがカーペットの上で足を擦った時や、何らかの金属に触れた時に、静電気の放電が起こります。 ESD はユーザーが感電したことを感じないで発生する場合があり、またパソコン内部の作業している時やハードウェアを取り扱っている時に起こります。

ESD を防ぐ方法
ESD を防止する最良の方法は、接地用のリストストラップを着用するか、またはマットやテーブルの接地を行うことです。 しかし、ほとんどのユーザーはこれらのアイテムを使わないため、当社は ESD をできるだけ低減するために役立つ手順を以下に示します。

  • 立って作業する – パソコンで作業する時は、常に立ったまま作業するように推奨します。イスに座ると、静電気の発生量が増加します。
  • 各種コード - パソコンの背面の接続ケーブル (電源ケーブル、マウスケーブル、キーボードのケーブルなど) をすべて外してください。
  • 服装 - ウールのセーターなどの静電気が帯電しやすい服を着ないようにしてください。
  • アクセサリ - ESD の低減や、その他の問題の防止に役立つ良い方法の一つは、身に付けているすべての宝飾品を外すことです。
  • 天候 - 落雷は ESD のリスクを高めます。落雷が起こっている時は、絶対に必要な場合を除き、パソコンでの作業を行わないようにしてください。 非常に乾燥した地域では、絶縁された表面を流れる (風、エアコン、扇風機/換気扇からの) 気流が発生すると、空気そのものが静電気の発生機構になります。 湿度を高くして静電気の放電を防ぐという考えは間違っており、接続部や他の電気的なインタフェースでの腐食の問題に留意してください。

ESD の詳細や、お手元の電子部品を保護する方法については、以下のサイトをご覧ください。

ESD Association
http://www.esda.org/aboutESD.html

FAQ: KTC-Gen-ESD
OS/Compatibility FAQs

SSDにデフラグは必要ありません。物理ディスクが存在せず、シーク時間を減少させるためにデータの整理を行う必要がありません。ですので、SSDにおいてデフラグは効果的ではありません。また、デフラグを行うことで、ドライブの特定領域に不必要な装置の消耗をもたらします。1か所に不必要な消耗をもたらさないよう、SSDはディスク全体にわたり、可能な限りに均等に書き込みを行うよう設計されています。とはいえ、SSDドライブに対して数回デフラグを行ったところで、問題はありません。ただし、長期にわたりデフラグを定期的に実行すると、ドライブの寿命を縮める可能性があります。

FAQ: KSD-011411-GEN-03

時間とともに、SSD上の保存領域の大半にデータが書き込まれてしまいます。そこに再びデータが書き込まれる時、新しいデータを受け入れるためにそれら領域に条件づけする必要があります。これにより遅延が発生し、ドライブ性能の低下として捉えられます。ガーベージコレクションとはSSDに内蔵された機能で、空の保存領域に再条件付けを行い、新しいデータがドライブに書き込まれる際に、データの受け入れ態勢が出来ている領域が存在するようにします。

たいていのSSDドライブにはガーベージコレクション機能が搭載されていますが、ドライブによりその性能に差があります。TRIMは、この機能を実行するタイミングをオペレーティングシステムからドライブへと通知させることで、この問題を解決します。現在、Windows 7、Server 2008、MacOS 10.7 および新しいバージョンのLinuxでのみがTRIMを使用します。OSの種類に関わらず、TRIMに対応してRAID構成は存在しません。キングストンのMLCベースのSSDNowドライブはすべてTRIM対応です。第一世代のSSDNowドライブの中にはTRIMに対応していないものもあります。

FAQ: KSD-011411-GEN-13

Windowsエクスペリエンス インデックス (WEI) は相対的なコンポーネントの能力を計測するにすぎません。WEIの計測は短期的にしか行われず、ソフトウェアによる負荷の下でのコンポーネント同士の連携については計測されません。どちらかと言えば、ご使用のハードウェアの特性を表すものです。

ですので、WEIではシステム性能は計測できず、Windows7実行時の相対的なハードウェアの能力しかわかりません。WEIに関する記事は以下のリンクから参照いただけます。 http://blogs.msdn.com/b/e7/archive/2009/01/19/engineering-the-windows-7-windows-experience-index.aspx

Vistaでは、WEIスコアの範囲は1.0から5.9ですが、Windows 7では、この範囲が7.9まで引き上げられています。

FAQ: KSD-011411-GEN-08

最初に、コマンドプロンプトの展開ウィンドウを開きます。

コマンドプロンプトの展開ウィンドウを開く手順: Start Orbをクリックし、検索ボックスに "CMD.exe" をキー入力し、"CMD" を右クリックし、"Run as Administrator(管理者として実行する)"を選択する。(確認を求められた場合は、「はい」をクリックする。)

TRIMコマンドが有効化どうか確認するには、以下をキー入力し、展開コマンドのEnterを押します:

fsutil behavior query disabledeletenotify

結果は以下のようになります:DisableDeleteNotify = 1 (WindowsのTRIMコマンドは無効です)DisableDeleteNotify = 0 (WindowsのTRIMコマンドは有効です)

TRIMコマンドを有効にするには、以下をキー入力し、展開コマンドでEnterを押してください:

fsutil behavior set disabledeletenotify 0

TRIMコマンドを無効にするには、以下をキー入力し、展開コマンドでEnterを押してください:

fsutil behavior set disabledeletenotify 1

FAQ: KSD-072211-GEN-18
技術サポートとのライブチャット

Monday-Friday 6 a.m.-6 p.m. PST

技術サポートに電話する

1(800)435-0640

Monday-Friday 6 a.m.-6 p.m. PST

        Back To Top