Kingston IronKey USB ドライブの挿入されたノートパソコンと、キーボードを叩く男性の手のクローズアップ

USB ドライブが今の時代にも意味がある理由は?

USB フラッシュドライブの進化

GB と書かれた USBドライブの 3D イラストに向かって伸ばされた手

今では全世界の企業データ全体の 60% がクラウドに保存されています*が、これは USB フラッシュドライブはもう時代遅れという意味でしょうか?

おそらく違います。

20 年以上前に USB フラッシュドライブが初めて発売されて以降も開発は止まらず、単にファイルの保存や移動を便利に行うための道具から、非常に強固なストレージツールへと、用途も進化しています。USB フラッシュドライブによって、ユーザーや組織は、多層的なサイバーセキュリティ対策を取ることができます。

この e ブックでは、暗号化 USBドライブが注目され始めた理由や、クラウドストレージとの使い分けについて、主要な業界専門家から話を聞きます。この進化が、規制の厳格化とサイバー攻撃の激化によって促進された理由についても論じます。

企業組織が現在と将来のデータセキュリティの課題を解決するために USB を活用している理由や、ユーザーがデータを安全に保つための実用的な方法についても聞きました。

Rafael Bloom の写真

Rafael Bloom

彼は、テクノロジー製品、マーケティングコミュニケーション、事業開発の上級職としてキャリアを重ねました。彼のアドバイザリー業務は、技術と規制の変更に伴う新しい組織/製品/コミュニケーションの課題に注力し、収益源の確保と維持を主眼にしています。この非常に多岐にわたる業務で、彼はアドテック、モバイル & 5G、人工知能、機械学習などのエマージングテクノロジーや、設計、データプライバシーなどを通じた情報管理とコンプライアンスに関する専門分野のエキスパート(SME)として、専門知識を活用しています。

Tomasz Surdyk の写真

Tomasz Surdyk

Tomasz は政府自治体内の IT セキュリティに関して 24 年以上の経験を持ち、情報セキュリティ、個人データおよびサイバーセキュリティなどの分野で第一人者となっています。これまでに、行政機関で機密情報や個人データを処理する ICT システムおよびネットワークの検査に携わってきました。また、NATO と EU のセキュリティクリアランスを取得しています。数年間にわたり、企業情報や個人データの保護強化用セキュリティソリューションの実装を専門とする企業を経営しています。

David Clarke の写真

David Clarke

David は、トムソン・ロイターによる「英国におけるソーシャルメディア、リスク管理、コンプライアンス、レグテックの分野で最も影響力のある思想的リーダーおよび思想家トップ 30」で上位 10 名に入るインフルエンサーとして認められており、Kingston Technology による世界的専門家のトップ 50 のリストにも入っています。David はこれまで、グローバル FTSE100 社のセキュリティ・サービス・デリバリーのグローバル責任者やセキュリティ・インフラストラクチャの責任者など、複数のセキュリティ管理職を歴任してきました。

専門家に照会する

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

関連記事