ロックのイラストが重ねられたノートパソコンのキーボードをタイプする手

エンドポイントのセキュリティを損なうことなく USB ドライブへのアクセスを許可する方法

USB ストレージとエンドポイント管理データ損失防止ソフトウェア

ノートパソコンに接続された Kingston IronKey D500S USB ドライブのクローズアップ写真

エンドポイントセキュリティとデータ損失防止ソフトウェアは、ますます高度化するサイバーセキュリティ技術とともに、システムセキュリティ戦略全体の不可欠な部分となっており、焦点は個人に移ってきています。具体的に言うと、データセキュリティではセキュリティリスクやデータ漏えい対策において、ユーザーが「もっとも脆弱な個所」にならないように図る必要があります。デバイス管理と、エンドポイントセキュリティにおけるその役割は、かつてないほど重要になっています。

この問題は、個人所有デバイスの業務使用(BYOD)の普及と、小型でポータブルなストレージ デバイスへの簡単なアクセスが原因で発生します。一方で、このことは、ユーザーが自分の PC/ノートパソコンを使う時と同じように、自由なやり方でデータ転送をしたいと期待するようになったことも意味します。しかし、この自由にはリスクが伴い、攻撃対象領域は増え続けています。

USB ポートのブロックは不適切

一部の組織が採用している戦術の 1 つは、包括的な「すべてのポートをブロックする」ルールを設けることです。これは脅威の軽減方法としては賢明ですが、想定外の目に見えにくいデータ漏えいの可能性を発生させます。このホワイトペーパーでは、ポートブロッキングのリスクと、より優れた、より微妙なアプローチがより堅牢なセキュリティ対策を提供する方法について説明します。

  ホワイトペーパーをダウンロードする

#KingstonIsWithYou #KingstonIronKey

専門家に照会する

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

関連動画

関連記事