ノートパソコンを使用中のビジネスマンが、ネットワーク接続で銀行のアイコンにタッチする様子

金融業界Kingston IronKey で機密データを安全に保存

データ保護は、チェックリストを埋めるだけの仕事ではありません

金融セクターにとって、データの保護は期待されるだけでなく、規制要件でもあります。漏洩があった場合、地域限定であっても、グローバルなものであっても、データ運用と整合性に深刻な悪影響を与えます。

したがって、売名または金銭目当ての悪意ある人々から、バンキングや金融機関がかなり「優先度の高いターゲット」にされることは想定内です。

これに、非常に厳格な規制順守と徹底した審査プロセスが加わるため、金融セクター独自のニーズを理解しない限り、現在および将来にわたって高レベルのセキュリティを保証するソリューションは提供できません。

課題

ある国際金融機関では、ユーザーおよび企業データをローカルでバックアップできるようにして、運用システムを短期間で円滑かつ安全に移行する必要がありました。つまり、標準的なストレージデバイスでは不十分でした。

その結果、目標を達成する唯一の方法はハードウェア暗号化ストレージだと判定されました。同時に、運用システムに関わりなく、全スタッフがデータの保護と転送をできるようにすることが、最適なソリューションであることが判明しました。

このような金融業界大手をサポートし、大規模にソリューションを提供する課題を満たすには、厳格なセキュリティプロトコルが必要なため、ニーズを理解し、長期にわたる厳しい検証プロセスを経て、必須要件以上のソリューションを提供する技術パートナーが必要でした。

当初の要件以外に、セキュリティの抜け穴を回避し、確実にエンドポイントの安全性を保ち、データを保護する、高レベルのセキュリティとユーザーエクスペリエンスを両立させるソリューションが必要でした。

ソリューション

ノートパソコンに挿入された DT2000 と格子状の 2 進コード

無料のエキスパートに照会サービスでの相談を経て、Kingston は、何千台もの規模でミリタリーグレードのセキュリティを適切に組み合わせられるだけでなく、コストパフォーマンスに優れたソリューションを推奨しました。この推奨ソリューションでは、わかりやすいユーザーエクスペリエンスの提供も保証されました。

セキュリティ、ユーザビリティ、拡張性を完璧に組み合わせられる、弊社の DT2000* (IKKP200 と置き換え) 暗号化 USB ドライブが提案されました。DT2000 は、従業員の日常的なデータ移動や保存のニーズに適合し、社外からのエンドポイント攻撃を防止する、管理者制御や読み取り専用アクセスなどの追加機能も備えた理想的なドライブと判定されました。

DT2000 は、物理的なテンキーパッドなど独自機能も搭載し、どんな運用システムでも従業員が使いやすいソリューションであり、FIPS 140-2 レベル 3 認証を取得して強化されています。

その結果、この金融機関では、新しい運用システムに無事移行しただけでなく、8,000 人の従業員が安心してもっとも厳しいセキュリティプロトコルを順守しながら、日常業務の滞りを最低限に抑えつつ、安全にデータの移動や保存を行うことができました。

#KingstonIsWithYou #KingstonIronKey

専門家に照会する

専門家に照会する

正しいソリューションの設定計画を行うには、顧客のプロジェクトのセキュリティ目標を理解する必要があります。そのためにキングストンの専門家がご案内します。

専門家に照会する

Kingston IronKey 関連の記事

関連記事