Kingston FURY および Kingston メモリ製品ライン
MT/秒と MHz の比較:どちらが適切なメモリ速度の評価基準か

MHz の概要

MHz はメガヘルツの略で、毎秒 100 万サイクル、つまり 100 万ヘルツ(106 Hz)を意味します。この周波数測定単位は国際単位系で、コンピュータ分野ではコンポーネント内およびコンポーネント間のデータ移動速度を表記するために使用します。

1990 年代後半に SDRAM(シンクロナスダイナミックランダムアクセスメモリ)が発売された時、データ転送はクロックサイクルの立ち上がりに発生し、データ転送速度はマザーボードのクロックと同期して測定されていました。SDRAM メモリのパフォーマンスを測定する時、100MHz はクロックサイクルあたり 100 x 106 のデータ転送を示していました。

2000 年代前半に、DDR(ダブルデータレート) SDRAM メモリが発売されました。このメモリ技術では、データ転送がクロックサイクルの立ち上がりと立ち下がりに発生し、クロックサイクルあたりのデータ転送回数は倍になりました。

しかし測定単位は変化しませんでした。クロック周波数が 100MHz の場合、DDR では実効データ転送速度が倍になり、クロックサイクルごとのデータ転送回数は 200 x 100 万回になります。より正確な新しい表現が、長く待望されていました。

MT/秒の概要?

MT/秒とは、秒あたりの転送回数(100 万単位)の意味で、コンピューティング中の DDR SDRAM メモリの実効データ転送速度の、より正確な評価基準です。MT/秒とは、秒あたりの転送回数(100 万単位)の意味です。

SDRAM
クロック:100MHz
転送回数:100MT/秒
帯域幅:800MB/秒

DDR SDRAM
クロック:100MHz
転送回数:200MT/秒
帯域幅:1600MB/秒

SDRAM と DDR SDRAM のデータを比較し、クロックサイクルの中でデータ転送の発生する場所を示す図

Kingston製品の検索

キングストン製品でスタートすれば、メモリの選択も簡単です。
35 年以上にわたるサーバーメモリの専門企業として、Kingston は、ユーザーが自身を持ってメモリを選択するために必要な知識とリソースを保有しています。

システム/デバイスで検索する

パソコンまたはデジタルデバイスのメーカーやモデル番号、またはシステムの製品番号を入力するだけで、必要なKingston製品を見つけることができます。

部品番号で検索

Kingston の部品番号、販売業者の部品番号、または製造業者の同等の製造部品番号で検索してください。

DDR5 リソース

メモリの詳細について