Ми помітили, що ви зараз відвідуєте сайт у Великій Британії. Бажаєте відвідати наш основний сайт?

Kingston、2021年のSSD出荷台数でチャネル市場をリード



メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、TrendForceから同社が2021年全体のチャネル市場でのSSDのサードパーティサプライヤーのトップに選出されたことを発表しました。TrendForceによると、2021年に出荷された1億2,700万台のSSDのうち、実に26パーセントをKingstonの製品が占めています。

2021年は引き続きパンデミックの影響によってSSD関連コンポーネントの供給が滞っていましたが、グローバル流通チャンネルを通じた出荷台数の年間成長率は11%となりました。製造需要は増加しましたが、ウェハーの供給が限られてしまい、注文納期を満たすことができなくなったため、出荷量に影響が出ました。それに対応して、Kingstonはコンポーネントの調達のため、柔軟な供給戦略を採用しました。世界規模のパンデミックや深刻な半導体チップ不足を踏まえても、Kingstonは競合他社を大きく引き離す業績を達成しました。第2位のサプライヤーのシェアはチャネル市場全体のわずか8%であることから、KingstonがSSDの製造をリードする企業であることを明確に示す結果となりました。一カテゴリーとして、サードパーティサプライヤーである(半導体メーカー以外の)SSDメーカーが2021年の合計出荷台数の58%を占めていました。

PCIe 4.0 NVMe対応のゲーミングSSDの需要は拡大し続けています。こうした市場の展望を受け、モジュールメーカーはSATAからPCIeへと着実に移行を進めています。TrendForceでは、アップグレードの提供によってKingstonのブランド認知が強化され、出荷台数の堅調な伸びが続くだろうと予測しています。2021年、KingstonはKC3000およびKingston FURY Renegade レネゲードSSDの2種類のPCIe 4.0 NVMe M.2 SSDをそのポートフォリオに加えました。スピードと信頼性を求めるユーザーが、デスクトップやノートパソコンで集中的なゲームやアプリケーションの作業負荷を処理できるように、これらの高性能ドライブがKingstonのクライアントSSDのファミリーに加わりました。TrendForceは、価格、そしてグローバルな生産体制と販売サービスを包括的に提供できることが、今後もPCIe SSDの出荷台数を伸ばしていくために重要な要因になるとしています。

Kingstonは次のように述べています。「35周年を迎える年に、こうしてトップの座を獲得したことを光栄に思います。Kingstonはその創立当初から、世界中のお客様とチャネルパートナーの皆様に注力し、それが営業の中核的な強みとなっていました。これは、『いつでもどこでも、Kingstonがあなたをサポートします』という仕事に対する姿勢を体現しています。こうした素晴らしい関係性が当社のSSDビジネスの急成長を後押ししてくれました。また、DRAM部門でも同様のアプローチを採用することで、19年連続で世界最大のサードパーティメモリモジュールのサプライヤーとして認められています。」

詳細については、kingston.comをご覧ください。

Kingston Technologyについて

デザインインにも受託製造にも対応するKingstonは、ビッグデータからノートパソコンやPC、スマートテクノロジーやウェアラブルテクノロジーといったIoTベースのデバイスまで、生活や仕事、遊びに使用されるソリューションを提供します。世界最大のPCメーカーやクラウドをホストする企業が、その製造力をKingstonに頼っています。当社の情熱が、世界中で日々使用されているテクノロジーを進化させる原動力となっています。当社は製品を超えたより広い視点から、お客様のニーズを満たし、違いを生み出すソリューションを提供するために取り組んでいます。「いつでもどこでも、Kingstonがあなたをサポートします」詳細については、 Kingston.comをご覧ください。

詳細については、kingston.comをご覧ください。

Kingstonの公式アカウント:
Twitter:https://twitter.com/KingstonJapan
YouTube:http://www.youtube.com/user/KingstonAPAC

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

 

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2023 | 2022