仕事にも遊びにも:写真やビデオの編集にゲーミング PC をおすすめする理由
仕事にも遊びにも:写真やビデオの編集にゲーミング PC をおすすめする理由
ヘッドホンを付けた PC ゲーマーのシルエットと、背景の PC モニタのゲームプレイ画面

ゲーマーと写真/ビデオ編集者の関心事は共通しているでしょうか?ふたつの比較はありえないようでいて、よく考えてみると理解できないほどでもありません。

共通の関心は、PC です。正確に言えば、ゲーミング PC 用に設計された RAM です。高パフォーマンス RAM により、FPS や応答性が改善し、ゲームやアプリケーションを効率的に操作できます。RAM 容量が大きいほど、データの重い画像やビデオファイルなどをストレージからコンテンツ/データをロードして利用できるようになります。

ゲーミング PC 用のオーバークロック可能な RAM は一般的に、同時マルチタスクが可能で、過酷なワークロードのアプリケーションを容易に処理しながら、もっとも厳しいパフォーマンス需要にも対応すると認識されています。これは写真/ビデオ編集の世界と似ていますね。

では、ゲーマーと写真/ビデオ編集者の間に、実際に RAM の類似性があるかどうかを見てみましょう。

バックライト付きキーボードの前で PC モニタを見る若い男性と背後のランプ

32GB はゲーミング PC に理想的な RAM 容量です。プロの写真/ビデオ編集者にとって、よいスタート地点でもあります(ただし、特に 4K 以上の解像度を処理するビデオ編集者にとっては、もっと大容量の方が適しています)。

同様に、ゲーマーか写真/ビデオ編集者かを問わず、バックグラウンドで多数のプログラムを実行する人は、32GB または最大 128GB の方が実用的です。ゲーミング PC は、強力な処理能力を必要とするさまざまなコンテンツを処理するように作られています。同様に、写真およびビデオ編集ソフトウェアには、リアルタイムでビデオを処理し、微細な部分まで編集するために、同じ量の処理能力が必要です。

ゲーマーと写真/ビデオ編集者の RAM に関するニーズでもうひとつ同じものは速度で、重要な情報にアクセスする速さを左右します。どちらの場合も、当然、速度が速いほどパフォーマンスも向上します。

RAM に関して両者の最後の共通点は DIY のしやすさです。どちらのグループも、ニーズに対応するために市販品を購入するか、カスタムビルドマシンを注文することは簡単ですが、多くのゲーマーや写真/ビデオ編集者は大胆にコンピュータの自作に挑戦し楽しむタイプです。このような人たちにとって、RAM の追加は容易です。

RAM は、PC マザーボードに挿入するモジュールごとに販売されています。マザーボードには通常 RAM ソケットが 4 個付いていますが、ものによっては最大 8 個で、小型フォームファクタ PC では最小 2 個の DIMM スロットがあります。ひとつの RAM モジュールの容量は通常 4GB~32GB で、2 枚または 4 枚組のキットがお買い得です。このため、ユーザーはマルチチャネルパフォーマンスを活用できます。

現在 Kingston から発売している RAM には 3 つの世代(DDR3、DDR4、DDR5)があります。最新の DDR5 は DDR4 よりも高速で、効率が優れています。

ゲーミング、編集、仕事、遊びなどの用途を問わず、Kingston Technology では Kingston FURY メモリ製品ラインで、どのような予算やシステムにも対応するさまざまな速度と容量をご用意しています。それぞれの RAM タイプは最大 8 枚組キットで購入できます。

#KingstonFURY #KingstonIsWithYou

関連動画

RGB 周辺機器を見るトリシャ

RGB ライティングで PC セットアップを最新に

RGB で PC をアップグレードすべきでしょうか?オプションについてご説明します。

Kingston FURY メモリモジュールを持つトリシャ

オーバークロックの基礎

オーバークロックの概要と使用方法。

複数の RAM モジュールの前で考えるトリシャと、飛んでくる1枚 4:48

RAM の増設と、高速の RAM への切り替えのどちらが必要?

大容量の DRAM と、転送速度の速いモジュールのどちらを買うべき?判断のコツをお教えします。

カメラのリモコンを持つトリシャと、その背後のカメラに取り付けられたタブレット型のテレプロンプタキット

ビデオ制作のコツ - 自宅での創作

自宅で歌手が語るスタイルのビデオを作るための、カメラ、レンズ、テレプロンプタ、照明、音声などのおすすめについてお読みください。

関連記事