現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

美しい森の景色を撮影する携帯電話を持つ女性。
屋外撮影のヒント

スマートフォンの出現によりカメラは身近なものとなり、事実上ほぼすべての人が、美しい野外写真を撮れるテクノロジーを手にしています。起業家精神、デジタルマーケティング、デザイン、eコマースを中心に扱うオンライン出版の MarketSplash によると、この機会は最大限に活用されています。毎秒約 54,000 枚、毎分 330 万枚、毎年 1兆7,000 億枚の写真が、*撮影されています。

野外撮影はどこでもできます。カメラを持って出かけ、シャッターを切るだけです。屋外には、自然光、尽きることのない色彩、他では見られない本物の風景、都会と田舎、はっきりとした四季、野生動物など、さまざまなものに溢れています。そこで、撮影に関するいくつかのヒントをご紹介します。

まずは従来のカメラから話していきます。初めて写真を撮る人でも、一眼レフやミラーレスのモデルは、レンズ固定式の自動露出モデルと比べて、屋外での撮影で多くの利点があります。

ハイキング用のバックパックを背負い、森の小道を歩く2人の少女がカメラの画面を共有している。

デジタル一眼レフカメラの種類には、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ(誤字ではありません)があります。フルフレームカメラは3つの中で最も大きく、最高の画質で撮影できると共に、様々な機能に対応しています。APS-Cカメラは、初心者や写真撮影の経験がある人に最適とされています。マイクロフォーサーズカメラは、フルフレームモデルよりも軽量かつ手頃な価格であり、静止画撮影から4K動画撮影まで簡単に行うことができます。

デジタル一眼レフカメラの最大の利点の1つは、いろいろなレンズに対応できることです。さまざまな表情、アングル、構図などを撮影することができます。

広角レンズ(14-24mm)は、広い渓谷のような広い景観を捉えられるため、横長フォーマットの写真に適しています。望遠レンズ(70-200mm)は縦長の写真に適しており、小川にいる鹿のようなクローズアップした写真を撮ることができます。50mm レンズはバランスの良いレンズで、遠くの被写体でも、小川のせせらぎのようなクローズアップの被写体でも、良質な写真を撮ることができます。

人物写真をたくさん撮るつもりなら、カメラに瞳オートフォーカス機能が付いていることを確認することが大切です。撮影される個体(またはペット)の目を自動的にロックし、カメラや被写体が動いてもロックを維持することができます。

ノートパソコンと 2 枚の SD カードの隣のデスクにある Workflow Station SD カードリーダー WFS-SD。

屋外撮影で良い写真を求めるのであれば、太陽が心強い味方になってくれます。撮影では日光をうまく活用しましょう。早朝と午後のゴールデンタイムは、屋外撮影をするうえで最適な照明効果となります。光はより柔らかく、均一で、暖かいイメージを演出してくれます。また、撮影時に太陽を背にすることで、被写体を照らすのに最適な照明となります。撮影時に目を細めないようにするには、被写体をカメラから遠ざけ、太陽が直接目に入らないように配慮しましょう。影が撮影の邪魔になるような状況では、レフ板を使うことで簡単かつ安価に被写体に光を当てることができます。

屋外での撮影では、カメラのメモリーカードに十分な容量があること、または複数のカードを予備に携帯することが重要です。また、連写モードを使用してアクションショットを屋外で撮影する際には、メモリーカードがカメラの書き込みに対応できるだけの十分な転送速度を確保していることが求められます。Kingston Canvas のフラッシュメモリカード製品ラインナップは、デジタルカメラ、スマートフォン、ドローン、ダッシュカム、セキュリティカメラ向けに専用設計されています。最大 1TB の容量があり、RAW ファイルを含む数日分の撮影データを保存するのに十分な容量があり、カメラの書き込みに対応できる転送速度があります。

#KingstonIsWithYou

* 200以上の写真統計:人口統計、市場動向と収益;2023年9月17日 marketsplash.com/photography-statistics

関連動画