現在、英国のサイトにアクセスしていることに気づきました。代わりにメインサイトにアクセスしますか?

カメラのアップ

写真家向けストレージ:画像の保存とアーカイブのベストプラクティス

デジタル時代の今日、画像を効率的に保存・アーカイブする手段は、写真家のワークフローに欠かせません。プロの写真家であろうとなかろうと、写真の保存にはプロフェッショナルなアプローチが重要です。この記事では、画像を今後何十年にもわたって安全かつ効率的に保存するためのベストプラクティスをご紹介します。

1 - 高品質のストレージデバイスに投資する

XS2000 SSD が搭載されたノートパソコンが芝生の上に置かれ、手前にはカメラがある

画像を保存・アーカイブする上で最も重要なのは、信頼性の高いストレージデバイスに投資することです。画像を安全に保存する上で信頼できるストレージデバイスが必要です。写真家が使用するストレージデバイスは、耐久性と信頼性を重視して設計されたソリッドステートドライブ(SSD)が主流です。また、SSD は従来のハードディスクよりも高速であるため、ワークフローの効率を高めることができます。また、ほとんどの写真家がバックアップドライブとして外付け SSD を使用していますが、画像やファイルをオフロードして、どこにいてもすぐにアクセスできるため、第二のストレージのオプションとしても最適です。XS2000 SSD は USB 3.2 Gen 2x2 で最大速度 2,000MB/s、最大容量 4TB、XS1000 SSD は最大読み取り速度 1,050MB/s、最大容量 2TB です。

2 - RAID システムの利用を検討する

大容量のデータを保存する必要があるプロの写真家は、信頼できるストレージとして冗長アレイ(RAID)システムを検討することをお勧めします。複数のドライブを 1 つにまとめたストレージ技術で、ドライブが 1 台故障しても、データが保護されます。RAID システムは、SSD を 1 台購入するよりも高価ですが、優れた信頼性とデータ保護を提供します。

3 - 強力なバックアップシステムを構築する

常にバックアップをとっておくことです!仕事でもプライベートでも、盗難、物理的な損傷、コンピュータウイルスなどにより、壊滅的な被害を受けることがあります。ベストプラクティスとして、ローカルに2つ、オフサイトに1つ、合計3つのデータコピーを持つ、伝統的な 3-2-1 バックアップ戦略が挙げられます。この戦略により、最も高い確率で常にバックアップを確保し、画像が保護されるので安心です。また、バックアップシステムを常に最新の状態に保つこともお忘れなく。1週間や1ヶ月ごとに画像のバックアップをとるなど、スケジュールを決めておくことをお勧めします。画像の消失を完全に阻止するために、鉄壁のバックアップ戦略を構築しましょう。

4 - ファイル名の命名規則を使用する

写真家によって、画像のアーカイブの仕方はそれぞれなので、自分に合ったプロセスを見つけることが重要です。一貫したファイル名システムを使用することで、画像を整理することができ、特定の画像を検索することも容易になります。一般的なシステムでは、画像の日付、場所、被写体をファイル名に含めるため、2023 年 3月 1 日にカリフォルニアの Kingston Technology のオフィスを撮影した画像は、「Kingston Technology_California_01-03-2023」となります。一貫性と整理を心がければ、今後何年にもわたって役立つでしょう!

5 - メタデータまたはキーワードとタグを使用する

メタデータは、画像ファイルに埋め込まれた情報であり、画像に関する追加のコンテキストを提供します。例えば、Kingston SSD の画像を探している場合、Kingston SSD と検索すれば、ライブラリ内のすべての画像を見つけることができます。キーワードとタグは同じ効果があります。Adobe Bridge などのソフトウェアは、画像へのタグやメタデータの追加に適しており、Google フォトはメタデータの編集に最適なクラウドストレージです。写真カタログ作成ソフトが自分のニーズに合っているか、十分に検討する必要があります。ソフトウェアによっては、メタデータをファイルの外側のデータベースに保存し、別の場所に移動するとメタデータが失われるものや、メタデータをファイル自体に書き込むものもあります。EXIF、IPTC、XMP などの画像メタデータの種類とそれぞれの目的についてよく調べましょう。

以上、すべての写真家がワークフローに導入すべきベストプラクティスです。これらを導入することで、画像を安全かつ整理された方法で保存・アーカイブすることができ、いつまでも保管することができます。

#KingstonIsWithYou