Chúng tôi nhận thấy bạn hiện đang truy cập trang web của Vương quốc Anh. Thay vào đó, bạn có muốn truy cập trang web chính của chúng tôi không?

Kingston Technology、2021年も引き続きDRAMモジュールサプライヤーのトップにランクイン



メモリストレージ製品および技術ソリューションの世界的リーダーであるKingston Technologyは本日、サードパーティDRAMモジュールサプライヤーとして世界トップにランクインしたことを発表しました(アナリスト企業であるTrendForce社(旧DRAMeXchange社)の最新の売上高別ランキングによる)。Kingstonは、売上高142億米ドル、推定78.7%のマーケットシェアを獲得し、第1位の座を維持しました。TrendForce社によると、Kingstonの売上高は前年比8%増を記録し、19年連続でトップに君臨しています。

レポートによると、世界トップ5位までのメモリモジュールメーカーが2021年の総売上高の90%を占めており、Kingstonのシェアはその80%近くにのぼります。DRAMチップの世界有数の購入企業として、Kingstonは高度にカスタマイズされた生産モデルを提供しています。このモデルにより、出荷規模の継続的な拡大につながり、8%の収益増が実現しました。TrendForce社は、過去2年間にパンデミックによってもたらされたライフスタイルの変化と遠隔学習に対する需要の増加が、DRAMモジュールの出荷数の拡大を推進したと言及しています。Kingstonは、こうした機運を逃さぬよう戦略を立てました。この成果の大部分は、「いつでもどこでも、Kingstonがあなたをサポートします」というKingstonの仕事に対する姿勢によるものです。これにより、新しいシステムや既存のシステムのアップグレードを考えている消費者と企業の両方から、強固な支持を獲得しました。

現行のDDR4メモリモジュールからDDR5へと業界が移行する中で、来たるべきプラットフォームに万全の体制で対応できるよう、Kingstonはその生産インフラを増強しました。Kingstonは業界のリーダーとして、DDR5モジュールの出荷を昨年から開始しており、サードパーティサプライヤーとして初めてDDR5 UDIMMSでIntelプラットフォーム検証を獲得しました。これは、Kingston DDR5メモリソリューションと、DDR5を採用するIntelプラットフォームとの互換性を検証する、おそらく最も重要な最初のマイルストーンとなります。

 Kingstonは次のように述べています。「TrendForce社による2021年の調査結果は、当社の継続的な成長と、今年も引き続き難しい経営に挑むことができる柔軟性を反映しています。35周年を迎える当社が、19年連続でトップの座を維持しているという事実は、私たちの強み、業界における立場と重要性をより強く認識させるものだと言えるでしょう。いつでもどこでも、Kingstonはあなたをサポートします。当社は大量の需要に対応できる体制を整えています。」

詳細については、kingston.comをご覧ください。

Kingston Technologyについて

デザインインにも受託製造にも対応するKingstonは、ビッグデータからノートパソコンやPC、スマートテクノロジーやウェアラブルテクノロジーといったIoTベースのデバイスまで、生活や仕事、遊びに使用されるソリューションを提供します。世界最大のPCメーカーやクラウドをホストする企業が、その製造力をKingstonに頼っています。当社の情熱が、世界中で日々使用されているテクノロジーを進化させる原動力となっています。当社は製品を超えたより広い視点から、お客様のニーズを満たし、違いを生み出すソリューションを提供するために取り組んでいます。「いつでもどこでも、Kingstonがあなたをサポートします」詳細については、 Kingston.comをご覧ください。

詳細については、kingston.comをご覧ください。

Kingstonの公式アカウント:
Twitter:https://twitter.com/KingstonJapan
YouTube:http://www.youtube.com/user/KingstonAPAC

Kingston (キングストン) およびキングストンのロゴは、Kingston Technology Corporation の登録商標です。この権利は全て留保されています。その他の製品名は全て、それぞれの所有者に帰属する商標です。

 

過去のプレスリリース

プレスリリース・ホームページ | 2023 | 2022